Hatena::ブログ(Diary)

バラエティ番組感想

2013-03-23

はらちゃんも最終回

泣くな、はらちゃんも最終回。


サイトはこちら。http://www.ntv.co.jp/harachan/index.html
越前さんのマンガが読めます。




マンガの世界に行ってしまった越前さんは頑なに現実世界を拒否するでもなし・・・

少しだけ世界と両思いになれたようです。

矢東薫子再び連載開始。
弟(菅田将暉)はマンガ家を目指すのかな・・・? すぐ挫折しそうな気もする。

清美(忽名汐里)は田中くん(丸山隆平)に思いは伝えた。進展はあるのかな?

その気になれば、はらちゃんは振れば出てくるし、そんな劇的なことがあるでもなく、前向きなエンディングでした。

2013-03-16

はらちゃんたちはこの世界の住人になれるのか・・・?

ネタバレです。



楽しくサッカーをしてたはらちゃん達。
不良たちにサッカーボールをぶつけてしまい、ボッコボコにされる
止めに入ったかまぼこ工場の人たちにも容赦なし。
越前さん(麻生久美子)はビンタされる。ひどい。

このことが答えたようで、マンガの世界に帰りたいと言い出す。

越前さんはノートを開いた。

そこで終わるのかと思いきや、家に帰ってから越前さんはノートに自分を描いた。

ノートを開くと越前さんもマンガの世界へ。


それを見て、母秀子(白石加代子)は「いい笑顔」と言う。
 ・・・そういう問題なの? まあ、振れば出てくるわけだし、そんなにやばい状況ではないのだろうか?

はらちゃん達が現実世界で生きていくかどうかが焦点だと思ったのに、まさか越前さんがマンガの世界に行っちゃうとは・・・ どうなる!?次回!!

2013-03-09

ゆき姉に過去があったんだね

はらちゃんの世界は無人。
個人的には先週の自分の予想が外れ、ほっとしてました。

今まで、なんとなく意味ありげに語っていたゆき姉(奥貫薫)。実は・・・



もともと、越前さん(麻生久美子)は尊敬する漫画家矢東薫子の漫画を真似て描いていた。

その昔、矢東薫子はゆき姉に出会っていた。スランプに悩み、神様と呼ばれる重圧に耐えかね、漫画の中でキャラクター全員殺してしまうというすごいことしてた
ゆき姉は矢東薫子のことは嫌ってるようだ。
越前さんははらちゃん達に殺したりはしないと宣言。
みんな一安心。

はらちゃん達はテレビで戦争の映像を見て・・・

次回はどうも世界の嫌な面を見てしまうらしい。
閉じたノートが開かれてたし・・・ みんな帰っちゃうの? でも出たり入ったりできるからそれでもいいような・・・?

2013-03-02

はらちゃんも佳境ですねー

はらちゃんのマンガ世界のノートがゴミ捨て場へ。
はらはらしつつ目が離せない。



ゴミ捨て場についてはらちゃん達全員が出てきて、ほっとした。燃えておしまい、なんてオチじゃないかとひやひや。

はらちゃん達ってお腹が空くのが意外でした。
犬が縁でファンキーな父子と知り合い、無事かまぼこ工場まで送ってもらう。

ちょっと怖い事思っちゃったけど、はらちゃんが持ってきたノート、たまたま落ちてたそっくりな別のノートってことはないよね?
ある日、はらちゃんが消えて、越前さんがあのノートを開いたらまったく別のノート・・・

そんなホラーな展開を想像してしまうのもたぶんこのゲームのせいだろう。怖いゲームでした。続編は買う勇気がないです。

2013-02-09

第四話、はらちゃんチョコを食べる

はらちゃん以外の登場人物が外に行くパターンもあるんだね。



越前さんの弟が会社に来たり・・・ゆるい会社じゃね?

百合子(薬師丸ひろ子)ははらちゃんがマンガの登場人物だと知ってる? というか原作者?

はらちゃん(長瀬智也)が越前さん(麻生久美子)におでこつけてたけど、はらちゃんって体温あるの? これではらちゃん冷たかったらある意味ホラーかなと別なことを考えてしまった。

清美(忽名汐里)が田中くん(丸山隆平)にチョコ渡せてよかったねー。そのもらったチョコ見て「どこで売ってるの?」ってそんなマンガ本の表紙の絵柄のチョコなんかそんじょそこらに売ってねーよ。にぶいなー。

越前さんがマンガのはらちゃんにチョコを描いていた。
あ、そっか。マンガの登場人物なんだから描けばいいのか。なんか合理的でいいわねー。

2013-01-19

異色のドラマ、スタート

はらちゃんという漫画の主人公が現実世界にやってくる。
こんなパターンのドラマはめずらしいかも。