Hatena::ブログ(Diary)

バラエティ番組感想

2017-09-08

徹子の部屋に出川登場

徹子の部屋出川の哲っちゃんが登場するとのことで、見ました!

のっけから、徹子さん「どういうところが面白いんですかね?」
哲っちゃん困ってる。
徹子さん「その後、抱かれたくないとか選ばれて・・・」
哲ちゃん「時代がボクに追いついた」
徹子さん「追いついたんですかね」
と、ボケてもツッコまない会話してました。

出川の実家の蔦金商店の海苔はおいしいと評判だそうです。タモリさんも絶賛してるとか。
徹子さんは食べてみたかったそうで、お土産がないのをがっかりしていた。
出川は持って来なかったのを後悔していたけど、番組中に実家の商品を渡すのってものすごいあざとそうに映っちゃいそうじゃない?



矢沢永吉なりあがりに影響を受けて、映画学校へ行ったんだとか。



母は働き者で、父があちこちにいって・・・という話になると、徹子さんは笑ってる。人の不幸がお好きなよう(いい意味でね)


出川といえば最近は体当たりな英会話が話題なので、最後に二人は英語で会話することに。
出川は英語で、今夜のスケジュールは?と聞くと、
徹子さん的には恋の駆け引きのような会話かと思ったのか、どうしてスケジュールを聞くの?

出川は通じてないと思ったのか、またスケジュールを聞く。
すると、徹子さんは、あなたとはディナーしないわ、的なこというのだけど、
それを出川が、「あー、食べないんだ」と。おそらく、黒柳徹子という人は夕飯を食べない生活習慣の人だと誤解したんじゃないかと・・・?

そんな感じで番組は終わりました。

2015-11-03

徹子の部屋にローラ登場

面白かった。
ローラはスタジオに犬をつれて来たのだけど、緊張のためか犬はおすわりをしない。
それを見た徹子さん「ちゃんとしつけてるの?」

ローラが結婚するんじゃないかと騒がれた時のことを聞くと、徹子さんは相手の名前を言わず濁してたのに。
ローラが「有田さんとはね・・・」と名前を言っちゃったw

有田とは仲のいい友達だったのに結婚報道が出てから疎遠になってしまったとか。

2013-12-12

徹子の部屋にやっくんが出てたんですね

今日の徹子の部屋は追悼特集だったんですね。

やっくんの出た回も取り上げられたました。
セーラー服姿のスケバン恐子のキャラで登場。徹子さんもセーラー服姿。

徹子「元々お笑い芸人の方なんですって?」
それを聞いてやっくんビックリ。じゃあなんだと思ってたの?と聞き返した。

当時はやっくんの事を本当に女性だと思ってた人もいたようです。

【送料無料】美女♂men [ 桜塚やっくん ]

【送料無料】美女♂men [ 桜塚やっくん ]
価格:1,365円(税込、送料込)

2013-07-04

小藪千豊

今日の徹子の部屋。小藪がゲスト。

身長188cm。座長になって7年だそうです。

若手の頃は徹子の部屋ばかり見てて「徹子さんめっちゃ変わってる、おもしろい、上品、社会貢献もしてる、スピリチュアルも感じる。出れてよかった。前から出たかった」んだそう。

徹子さんからのリクエスト。父と妹が同じ顔の面白い話をお願いします。

小藪が高二、妹が中三、父と電車に乗った。思春期もあり小藪は少し離れたところにいた。妹と父が並んでるのを見て女子大生がくすくす笑い出した。妹が暗い表情で黙り込んだ。そこへ小藪が行くと女子大生はまた笑い出した。同じ顔が二つあるところに、もう一つの同じ顔が来たからおかしかったんだろう。
電車から降りると、妹は「わたし、この顔嫌や」 それを聞いて父は「しょうがないだろう。そんな顔なんだから」


そんな妹はお金持ちと結婚した。陣内・紀香の結婚披露宴の次くらいに豪華だった。

そんな小藪自身は売れない頃に結婚したから質素だった。
和食屋で結婚した。ケーキも指輪もないような結婚式でミジメだった。

奥様がある雨の日、大きな大根を買ってきた話。
奥さんがでっかい大根を50円で買ったと嬉しそうに言ってたが、男が養うものだと思っていた小藪は落ち込んだ。その時食べたじゃこおろしは忘れられない。

結婚して2年ぐらいで座長になり、生活は安定してきた。今ではレギュラー週10本の売れっ子。
以前は奥さんと子供に金を運ぶためにお笑いやってると思ってたが・・・
ある日、老夫婦に話しかけられ・・・その奥さんが足が悪くてほとんど外出しないのに、小藪に会うために舞台を見に来た。そのご夫婦は小藪を息子のように思っている。おじいさんに「小藪くんありがとう」と言われ、そんな風に思われてたんだ。


母親は小藪がお笑いの世界に行くことは賛成ではなかった。
小藪はいいとこの子で、他の芸人がハングリー精神があり他人を押しのけてまで100万とりにいくのに、小藪にそんなことができるとは思えない。後になって母の言ってることはその通りだと思った。
母は悪性リンパ腫になり一年闘病する。モルヒネ効いてて発音が不明瞭になってきた頃、母が何やらつぶやいている。

よーく聞くと、「ヘリコプター、よかったな」
子供の頃、おもちゃとかは買ってくれない母親だった。ある時、ヘリコプターに乗って大阪一週一回5000円というのがあった。
小藪少年は乗りたいと思ったが、おもちゃも買ってくれない母は乗せてはくれないだろうと思っていたら、母が率先して「乗ろう」と言った。誰にも経験できないことを大事にする母だった。

いつまでもあると思うな、親と金。わかったつもりでわかってなかった。

母はプリンが好物で、急いで買って来た。がもう食べてくれなかった。
後輩とかに一回でもいいからシュークリームでも持って親に会いに行けと言っている。

徹子さんは、ヘリコプターの話に感動したようです。



最後に子供たちの写真披露。

小藪亡き後、莫大な遺産を取り合うだろう。遺言書の中に、写真と一緒に「こんだけ仲良かったんだから、仲良うせい」


小藪、番組の感想。「徹子さんは思った通りの人」

2013-06-11

ジャガー横田

今日の徹子の部屋。ゲストはジャガー横田。


前回出たのは8年前。その時のVが流れた。ご主人の木下博勝さんをお姫さまだっこしてました。

4人姉妹で他のきょうだいが結婚してしまい、自分は結婚しないものと思い込んでたそうです。
そんなジャガーさんもお子さんは今6歳。
ご主人は教育が大事と考えてるようで、生まれたその日から教育してたとか。どうも医者になってほしいみたい。


ジャガーさんのお母さんは、ジャガーさんが徹子の部屋に出るのが嬉しかったんだそう。いい母娘関係。
5〜6年前に他界。お子さんが2歳の時。
主人の木下さんが余命を教える。あと5年と言われた時は、母はまだぴんぴんしてたのに、なんでそんなことを言うのか恨みもした。
姉と母と温泉に行ったり、旅行行ったり、子どもつれて会いに行けた。
母の死後、泣き叫ぶかと思ったが、冷静でいれた。
主人に感謝してる。後悔してる立場の人はいっぱいいると思うので、どう受け止めていくか大事か教えてくれた。


実父が暴力を振るうような人間で、母はジャガーたちをつれて離婚。小さい頃は母の実家で過ごした。
親孝行しなきゃ、と思いつつ15でプロレスの道へ。
1度引退した時、母に「ジャガー横田のファンでした」と言ってもらえた。プロレスに戻った時は喜んでくれた。


母の再婚相手は10年下。黒柳「お母さん、、魅力的だったんですね」
その父は実子はいないが、ジャガーたちに「おまえたちでじゅうぶん」 茶のみ友達がいるからいいと言ってくれている。


スタジオにお子さん登場。論語を勉強中だそうです。

2013-04-24

板尾創路

今日の徹子の部屋。ゲストは板尾創路。




板尾創路をアマゾンで見る


創路(いつじ)という名前は本名。だけど親からずっといちろうと呼ばれている。いつじと呼んだことは一度もない。
普段は板尾と呼ばれるし、いつじと呼ばれてもたぶん自分のことだと思わないだろうと、本人は言っていた。
そんな不思議な話もあるもんなんだ・・・


ごっつだったかな? お父さんが出てきて「いちろう〜」と呼んでた。、浜ちゃんが「おまえがいつじつけたんちゃうんか?」なんてやり取りがあったっけ。


黒柳徹子が声を担当したサンダーバードのペニロペのファン。


父は、板尾岳人という名前で川柳作家をしている。
本も出していて、その中から、徹子さん、お気に入りの川柳を紹介。
 へそくりの額と記憶と合わぬ残
 ゆきぐにの九官鳥は標準語


小学校の時は成績優秀で学級委員をしたこともある。
徹子:中学でヤンキーになった理由は?
板尾:特に理由はないんですか・・・(困ってたぞw)


芸人を目指すようになったのは、漫才ブームでなんとなく・・・
芸人になりたくて、紳介さんの家に行ったそう。
相手してくれないと思ったが、家にいれてくれて、話を聞いてくれた。
その時、「弟子とかではなく、よしもとの学校に入るのは一番近道」 その頃はそんな学校があった事も知らなかった。


よしもとの養成所で、生徒の発表会の時、今田耕司と組んだコンビ名がホンコンマカオ。


以下は娘さんに関する話。苦手な方もいるかも。


4年前、長女のえみちゃんが1歳11ヶ月で逝き・・・


乳幼児突然死症候群だったそうです。
奥さんと電話して、娘の声で「パパー」なんて声も聞こえていた。1時間もしないうちにまた電話がかかってきて「息していない」
とにかく救急車を呼ぶように言い、家に帰ると救急車が来ていた。
誰が悪いわけでもないのに、奥さんは自分を責めていた。
ハミガキを嫌がる子で押さえつけてまで歯を磨かせなきゃよかったとか、チョコレートを食べさせておけばよかった、とか。


それから3年後、次女が生まれ。
次女のベッドには医療用の呼吸センサーがついてる。
それがないと奥さんは落ち着かないそうです。



徹子:お笑いの皆さんと暮らしてておもしろいですか?
板尾:昔は自分がおもしろければよかったが、今はみんな笑ってくれることがありがたい。