Hatena::ブログ(Diary)

バラエティ番組感想

2013-04-08

天上人

アンジャッシュ渡辺とオードリー若林の番組。見てみた。

この番組は巷の賛否両論に天上人が答えをだすという番組。
今回で二度目だそうで、前回は見逃した。
前回は、過剰なサービスに対する天上人の答えは「お客さんに見えてはおもてなしにならない。客が恥ずかしいと感じた時点で過剰サービス」


最初の賛否両論は詐欺メイク。

個人的には化粧で美人になれるなら素敵なことじゃないかと思うんだけどね。

渡辺、女性のメイクがありなら男のカツラも許すべき。
これには納得。女性だけがメイクするから不公平感あるけど、男性も詐欺メイクで変わってもいいんじゃないかと個人的には思う。

天上人、宇宙科学者佐治晴夫の答え。
これは人類に起きている進化の問題。見た目が美しいものに惹かれるのは生物に組み込まれた本能。
人間は進化し理性を手に入れた。この理性で大事なのは、相手の本質を見抜く力。相手の外見に惑わされず本当の姿・心を理解すべき。
見た目の派手さに惑わされ、相手の本質を見ようとしないというのは本能に負けている。

深いなー。化粧は進化してるからこその行動だと思ったけど、退化の現れだったのかー。


続いて、「ブーム」はすぐ飽きる問題。

天上人、和菓子店森八第18代女将中宮紀伊子の答え。
飽きられるのは完成度が高い証。人は未完成にこそ惹かれる。

話の中で「商い」というのは「飽きない」であるというのが出てました。そっかー。



続いて、親しくないのに友達申請急増!フェイスブック問題。

若林はツィッターをしてたそうで辞めてスッキリしたという。
「プライベートだからという人いるけど、もう1個の社会がネット上に出来ることだから、それで人も友達も広がるし、だから友達申請もされるし、両方受け入れないとできない」

天上人、人間国宝博多織職人小川規三郎の答え。
「便利さ」と「煩わしさ」は表裏一体。煩わしさから逃げず向かい合うべき。


続きまして、教えないと仕事しない「新入社員」問題。

天上人、天ぷら職人早乙女哲哉の答え。
4000年前のエジプト壁画にも「今の若者は・・・・」みたいな文章が残っていた。
部下への不平不満は世の常。部下の目線まで下りるべき。