Hatena::ブログ(Diary)

バンギの飼い猫レパルダス

2018-02-26

バトルオブシンオウ 悪巧み高速移動ポリゴンZ軸(1700前半うろうろ)

f:id:nyaooshi:20150318011032p:imagef:id:nyaooshi:20180226051922p:imagef:id:nyaooshi:20170507004933p:imagef:id:nyaooshi:20180209100756p:imagef:id:nyaooshi:20180226051925p:imagef:id:nyaooshi:20180226051927p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
マンムー鈍感陽気気合いの襷地震氷の礫岩石封じステルスロック
サンダース蓄電臆病達人の帯放電めざめるパワー光の壁欠伸
エーフィマジックミラー臆病光の粘土サイコキネシスめざめるパワー光の壁欠伸
ポリゴンZ適応力控えめバンジの実トライアタックめざめるパワー悪巧み高速移動
ハッサムテクニシャン意地っ張り命の珠バレットパンチアイアンヘッド叩き落とす剣の舞
ロズレイドテクニシャン臆病黒いヘドロギガドレインめざめるパワー毒菱光合成

参加するつもりがなかったが、ゆとりに「このポリゴンZが強いよ〜」と言われたので急遽参加。
構築は若干違う物の、基本的には彼の構築がベースになっている。エントリーしておいて良かった。
彼の記事
バトルオブシンオウ使用構築-全抜きのZ(最終1804-9位) - 紳士淑女の嗜み

結果的には1700前半をうろうろして終わってしまったがとても楽しかった。
コンセプトは至ってシンプルでステロ欠伸+抜き。


個別解説
マンムー 185-182-101-x-80-145
AS振り切り

S操作+ステロ要因としてマンムー選択
ガブリアスに対面有利に見える事(切った後に欠伸要因のサンダースガブリアスが対面しにくい)
・鈍感により挑発を防げる事

主にこの2点に魅力を感じた。
基本的には対面勝てる場合でも、相手が欠伸展開を阻止できないように岩石封じや氷の礫でほどよく相手の体力を残す。


サンダース 161-x-80-142-115-200
ステロ+帯めざ炎で177-101ハッサムを確定
最速

1匹目の欠伸要因。
・相手のマニューラの上から動ける
・蓄電によりボルトチェンジでループを抜けられない

この2点を強みとしている。

蜻蛉帰りでループを抜けようとするハッサムを倒すために火力アイテム+めざ炎。
同様に騒ぐでループを抜けるポリゴンZに対しては光の壁を貼りつつ退場する。
205適応力騒ぐは耐える上確実に退場でき、こちらのポリゴンZは壁下で騒ぐを2回食らうと木の実が発動する。


エーフィ 153-x-81-169-116-178
ステロ+めざ炎で177-101ハッサムを確定
最速

2匹目の欠伸要因。主にカバルドンがいた場合はこちらを選出。
技の意図と火力調整はサンダースと同様なので割愛。


ポリゴンZ 172-x-94-205-96-127
H4n
200逆鱗確定耐え
C振り切り
高速移動後にスカーフガブリアス抜き

構築のエース。
騒ぐでなくトライアタックの理由は、鋼や霊に対しすぐに技を変えられる所。
リフレクターが無いのもありハッサムにすぐにめざ炎を打てるのは優秀と感じた。
(ステロ+悪巧み騒ぐだと177-101ハッサムが低乱数

火力が足りなかった場面も少しあったが、積めなかった場合の運勝ち要素も魅力的。


ハッサム 149-200-120-x-100-114
A振り切り

2匹目のエースだが選出機会はロトム系統の影響でそこまで多くない。
欠伸に対し天然ピクシー瞑想で積んで来た時に怪しそうだったのでハッサムを採用。
(勝てなくはないが積む余裕がないので抜き性能が落ちる)

このルールではハッサムがかなりメタられており、ピクシーの炎技を警戒したので
1発で倒せるアイアンヘッドを採用した。
叩き落とすは同族含め、ルール上一貫しているので幅広い相手に打つ事が出来る。


ロズレイド 167-x-117-146-125-121
HB振り切り
テクニシャンめざ氷でH振りグライオンを確定
4振りグライオンを余裕もって抜けるS

ここまでで、受け回し系統の構築がきつかったので毒菱を覚えたロズレイドを採用。
他の技はミロカロスグライオンを意識している。

マンムーでステロをまき、受けにきたミロカロスに合わせてロズレイドで毒菱を撒く。
1サイクル目はラッキー(ハピナス)に毒が入らないが2サイクル目で入るので
そこでギガドレインをPPに気をつけながら打つ事で、裏のミロカロスが削れるもしくは3匹目が見える。

毒とステロが満遍なく蓄積し続ければポリゴンZ圏内に入る事も少なくない。




選出と動きが分かりやすく、それでいて強力だが
相手の最速起きに左右される場面が多いので、それが直接1700前半から抜けだせない事に繋がったと思う。
戦績はおそらく30-15。

2017-10-16

第4回CCS使用 イーブイバトンver2(モンメン入り役割分担)

f:id:nyaooshi:20140530170657p:imagef:id:nyaooshi:20140217140231p:imagef:id:nyaooshi:20171016210001p:imagef:id:nyaooshi:20170522232000p:imagef:id:nyaooshi:20170507004933p:imagef:id:nyaooshi:20171016210019p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
モンメン悪戯図太い気合いの襷追い風置き土産挑発悩みの種
エルフーンすり抜け臆病拘りスカーフ追い風置き土産挑発すり替え
ラティオス浮遊控えめメンタルハーブ追い風置き土産マジックコートサイコキネシス
イーブイ危険予知臆病イーブイZアシストパワーとっておき身代わりバトンタッチ
エーフィマジックミラー臆病カシブの実アシストパワーマジカルシャイン身代わり朝の日差し
シャワーズ貯水臆病バンジの実アシストパワー波乗り身代わり欠伸

前回のイーブイバトン構築を作成した時と異なりメガ進化が全種解禁されたので
もう一度自分のやりたい事を押し付ける本構築を考察した。

(本構築を作るにあたって)
構築の形としては起点作り+イーブイ +吠える系統に耐性のあるエーフィは確定。
前回と同じく、起点作りが1匹だけでは出せる範囲に限界がありすぎるので
もう2枠起点作りに割いた。6匹目には後述するが構築の穴を埋められて
さらに強力な打点を持てるシャワーズを採用した。

起点作りに求めた前提条件は相手の初手カバルドンに対抗策を持っている事と
置き土産等により退場のタイミングを選べる事。
タイミングを選べないと追い風等の補助技ターンを交代連打で枯らされる事も多く
不意の蜻蛉帰り、ボルトチェンジにも苦戦する。

(個別解説)
モンメン 136-x-123-x-70-98
追い風後に最速ファイアロー抜き
役割対象:ほぼ全て 強いて挙げるならジャローダ

対象がほぼ全て、というのは基本的にはモンメンを出していきたいから。
起点作り要員としては悪戯心の襷エルフーンが最強と前回自分の中で結論付けたのだが
エルフーンで出来る事はモンメンでも出来ると考えた。ガルーラにも1回は動ける。
後述するが、モンメン採用に伴いエルフーン特性はすり抜けである。

技構成は相手の吠えるや滅びの歌、挑発を阻止する挑発と
イーブイが展開できるようにする追い風と置き土産
最後にジャローダ天邪鬼等を消し置き土産を入れられるようにする悩みの種を採用した。


エルフーン 157-x-136-x-95-162
182テクニシャン岩石封じが乱数3発、瀕死率約17%
最速95族抜き
役割対象:カプ・テテフ絡み キノガッサ 悪タイプ

悪戯心で出来る事をモンメンに託したので、特性をすり抜けで採用。
これによりサイコフィールド下、悪タイプに対しても展開しやすくなる。
Zをあまり持たないカバルドンキノガッサに初手対面した時に抗える
スカーフすり替え。同時にスカーフテテフに対してサイキネ急所を食らう前に置き土産出来る。

カバルドンに対してはいうまでも無いと思うがキノガッサに以下のように展開出来る。
すりかえ→岩石封じ
岩石封じ→追い風
岩石封じ→置き土産
イーブイz→岩石封じ
身代わり→岩石封じ(追い風切れる)
岩石封じで身代わりが割れる→身代わり
岩石封じで急所以外身代わり割れない→バトンタッチorアシストパワー

エーフィにバトンしても、イーブイでアシストパワーを打っても身代わりを残したまま
襷の無くなったキノガッサを突破可能。
sが1段階しか上がっていないので安全を求めて基本的にはエーフィにバトンしたい。

2ターン目で岩石封じでなく交代された場合も追い風下でs216なので
大体置き土産からの展開に入れる。交代された先がカバルドン等の吠える持ちだと
展開できないので4つ目の技は挑発。


ラティオス 181-x-103-179-131-153
サイコキネシスで165-101メガゲンガーを12/16で落とせる
197スキン捨て身タックル14/16耐え
182ムーンフォース耐え
222シャドーボール15/16耐え
準速100族抜き
役割対象:バシャーモ ゲンガー+悪タイプにも出したい

モンメンエルフーンバシャーモに対してうまく展開できないので
ラティオスを採用。メガ進化で数値に余裕を持たせたかったのだが
並び的に挑発を打たれても仕方ないのでメンタルハーブ

技構成は追い風置き土産の展開技、ゲンガーバシャーモへの打点となるサイコキネシス
後1つはカバルドンの欠伸等を跳ね返すマジックコートを採用。
ウエポンが地震のみのカバルドンラティオスに対してする事がなくなる上に
自身に欠伸が入った場合、そこで置き土産をする事でカバルドンが寝るか交代先に置き土産が入る。

200ムーンフォースで倒されたとしても、イーブイが1発耐える上にS2段階上昇後に
上を取れるので問題ないと判断した。


イーブイ 151-x-71-77-87-115
220アシストパワー(+2)で157-163ドヒドイデを確定
222ヘドロ爆弾を14/16で耐える(200ムーンフォース耐え)
s2段階上昇で1加速準速100族抜き

選出率100%の展開要員。
以前と同じく黒い霧を大体持っているドヒドイデを倒せるようにcに割き
残りは耐久と素早さに回した。

メガゲンガーに挑発さえ入っていれば、追い風や置き土産がなくとも
毒が怪しいが一応展開できる。

zした後に余裕があれば身代わりを使い、裏を見越した相手の攻撃を透かし
あわよくば身代わりを残す事も考えるが基本的にはあまり場に残したくない。


エーフィ 171-x-110-150-115-147
最速81族抜き

1匹目のバトン先。
カバルドンの吹き飛ばしは勿論、不意の吠える系統に強いエーフィを採用。

耐久値に明確な仮想敵がいないので前回よりも素早さを伸ばした。
リフレクターだった枠は、ギルガルドに少しでも有利になれ、不意打ちを透かせる
身代わりにした。

身代わり+カシブの実はやりすぎ感があると思ったのだが
特に他に持たせたい持ち物がなく、バトンのタイミングで霊技を打たれても
保険の効くこの持ち物が結局良いのかなと感じた。


シャワーズ 208-x-112-133-116-123
220アシストパワー(+2)で181-102メガガルーラを確定
波乗り(+2)2発での167-172ギルガルドの瀕死率約84%
準速パルシェン抜き

2匹目のバトン先。
今回採用した起点作りでは初手の襷パルシェンに対して何もできないまま3縦されてしまうので
強力なアシストパワーを使えて1回パルシェン後出しできるシャワーズを採用。

起点作りポケモンパルシェンが初手対面した場合後出しをし
攻撃を耐えながら欠伸を選択、次のターンに起点作りに戻す事で
パルシェンが寝るor何かと起点作りが対面、ここから再展開を試みれると考えた。
持ち物は破りロックブラスト急所や総HPを考えた半分回復木ノ実。

パルシェンが欠伸を受けた後交代し、裏に襷パルシェンが控えている事を考えて
準速パルシェン抜きの素早さに設定した。

欠伸はバトン展開に成功した後も身代わりと絡める事で有利に対戦を運べる。
そもそも特殊ポケモン相手には身代わりが1発で壊されない事も多い。

マジックガードで無いので呪いは効いてしまうのだが
カバルドンミミッキュが同居しているとそもそもピクシーを出しづらかったり
以前より呪い身代わりの個体が落ち着いてると思ったので妥協した。

(選出)
起点作り+イーブイ+エーフィorシャワーズ

(感想)
構築としての完成度はかなり高い所までこれたと思っている。
前回よりもさらにイーブイバトンに関して知識を付けられたと感じているが
同時にこのコンセプトの構築そのものの限界が見えた。

それはこちらが構築の完成度をいくら高めた所で
結局は相手依存になると言うこと。これはイーブイに特化させてる以上、完成度を
あげても避けられないと思う。

例えば、相手が吠える吹き飛ばし持ち(カバルドン等)を温存している時
こちらは置き土産のタイミングで毎回見えないポケモンに怯える事になる。
相手が気づいていない事も多々あるのだがこちらは知っているので考慮するか迷ってしまう。
毎試合見えない択を制す事は無理に等しいのでオフよりレート向きであるように感じる。
このような戦いを毎回したくないので今回は公開した。

改善するとすれば見えない択すら無くす画期的な展開方法を考えるか
今まで避けてきた選出の2極化を考察する事かなと思う。
正直、選出段階で展開するにあたり困難を感じるポケモンがいない相手の方が
珍しいので2極化したとしたら、イーブイはどこで出すのかが問題になってくるはず。

このように今回はイーブイバトンでリベンジしたがCCSでは個人4-4。
見えない択が存在する構築を使っている内は勝ち切る事は難しいと思う。

QRコード
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-400F-A8A8

ブログを見ても分からなかった部分はコメントか
ツイッターまでお気軽にどうぞ。

2017-09-11

第34回シングル厨の集い テテフランドグロス

f:id:nyaooshi:20161226165811p:imagef:id:nyaooshi:20170831232935p:imagef:id:nyaooshi:20170327154158p:imagef:id:nyaooshi:20170327154157p:imagef:id:nyaooshi:20161108002705p:imagef:id:nyaooshi:20170213191906p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カプ・テテフサイコメイカー控えめ拘り眼鏡サイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール
霊獣ランドロス威嚇腕白バンジの実地震岩石封じ蜻蛉帰り毒々
メタグロスクリアボディ→硬い爪陽気メタグロスナイトアイアンヘッド地震雷パンチ冷凍パンチ
カプ・コケコエレキメイカー臆病電気Z10万ボルトボルトチェンジマジカルシャインリフレクター
ゲッコウガ変幻自在無邪気気合いの襷冷凍ビームめざめるパワー岩石封じ水手裏剣
ミミッキュ化けの皮意地っ張りゴーストZシャドークロートリックルーム呪い身代わり

第34回シングル厨の集い ブロック直対負け2位抜け→ウィナーズ1落ち→ルーザーズ2落ち

眼鏡カプ・テテフの崩し性能の高さと対面性能の高さに魅力を感じた。
障害となるミミッキュギルガルドに対して、前回の記事のランドロスを用い1サイクル回させる事により
格段にカプ・テテフが動きやすくなっている。

個別解説
カプ・テテフ 175-x-107-177-145-118
197スキン捨て身タックル15/16耐え
222ヘドロ爆弾11/16耐え
4振りミミッキュ抜き

222ヘドロ爆弾をかなり甘えているが、相手がスカーフを考慮する事を考えるとこの程度でも十分だと思う。
相手の攻撃を耐えつつ突破、もしくは受けに出てきた鋼を大きく削り2サイクル目で突破する事を目標にする。
受けに来たテッカグヤに対しては、Sに大きく割かれていないと抜かれないこと、火力の無いヘビーボンバーは耐える事を考えると
突っ込んで良いと考えている。


霊獣ランドロス 196-165-138-x-117-111

詳しくは前回の記事を見てほしい。http://d.hatena.ne.jp/nyaooshi/20170901/1504267288
主にカプ・テテフの通りを良くするための補助をする。
ミミッキュに対しては+1Zじゃれつくを耐えながら後攻蜻蛉をし、メタグロスに繋ぐ。
しかしメタグロスの通りが良い時は、ランドロスを出さずにテテフとグロスでの役割集中の動きを取る事も選択肢に入れる。


メガメタグロス 167-185-171-x-131-178
216地震(+1)を14/16耐え

3匹目に入るポケモンの条件として、ミミッキュに対してランドロスで蜻蛉した時に
ミミッキュを1発で倒せる事というのがあった。
そこでメタグロスを採用、4匹目のコケコと組み合わせた時に相手のガルーラキノガッサに対して強く動ける所も評価した。
テテフと共に、役割集中の動きを取る事も多いので地震+雷パンチ。
メタグロスが苦戦を強いられるポリゴン2に対してテテフで強引に崩しにいける所も良い。


カプ・コケコ 146-x-105-147-95-200
CS振りきり

主にキノガッサ絡みの相手や、ガルーラ絡みの対面構築に出していく。
単体性能を確保するために持ち物は電気Z。
相手のメタグロス絡みの並びを含めて誤魔化し性能があがるリフレクターを4枠目に採用した。


ゲッコウガ 147-116-87-155-81-191
CS振りきり

補完的な技構成をしている。
ナットレイやカミツルギに対するめざめるパワー炎、リザードンに対する岩石封じ。
特定の並びに強く出られるがこちらもポリゴン2で止まってしまうのでカプ・テテフとの相性が良い。


ミミッキュ 150-143-125-x-125-115
197スキン捨て身タックル15/16耐え

カプ・テテフを動きやすくするトリックルームを採用。
低速に対する呪い+身代わりの削り性能も健在。
勿論トリックルームがメインでは無く、誤魔化し性能を高めた補完的な採用をしている。
選出する時はカプ・テテフとするので鋼を多少なりとも削る期待が出来るゴーストZ。


眼鏡カプ・テテフ+木の実霊獣ランドロス+ミミッキュを1発で落とせる何か
この並びにはとても可能性を感じているのだが、どうしてもカプ・テテフに依存しているため
削られた後の「何か」に苦戦する事も多い。
裏の3匹も色々試してはいるのだがなかなか当たりにたどりつけず難しい。

呟く事がなくツイート頻度はかなり下がっているが、見てはいるので
何かあったらお気軽にDM等どうぞ。(Twitter@nyao_manman)

2017-05-07

第15回キツネの社mfベスト16 Aライチュウ始動押し付け分身バトン

f:id:nyaooshi:20170507103205p:image:w360


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
Aライチュウサーフテール臆病気合いの襷サイコキネシスほっぺすりすりリフレクターアンコール
エーフィマジックミラー図太いノーマルZ欠伸影分身身代わりバトンタッチ
バシャーモ加速控えめ草Zソーラービーム影分身身代わりバトンタッチ
パルシェンスキルリンク陽気王者の印つらら針ロックブラスト身代わり殻を破る
ピクシーマジックガード控えめバンジの実アシストパワーチャージビーム身代わり月の光
霊獣ボルトロス蓄電臆病格闘Z10万ボルト気合い玉サイコキネシス悪巧み

最近はバトンタッチを用いた運要素の押し付けを考察していた。

採用順の解説

Aライチュウ 135-x-71-147-105-178
麻痺で起点を作るタイプの構築はカプ・コケコとバシャーモが重くなるのでそれらに強い始動役。
相手のエレキフィールドを利用して上からカプ・コケコを倒すサイコキネシスと麻痺を撒くほっぺすりすり。
残りの2つは地面タイプとガルーラに対して裏で展開しやすくするリフレクターと起点回避のアンコール。


エーフィ 169-x-122-x-115-135
相手のカバルドン入りは勿論、不意の吠える吹き飛ばしに耐性を持つバトン役。
麻痺を撒いた後に展開する身代わり+影分身。
起点になるのを嫌って交代してきた相手にはZ欠伸→身代わりでSをあげつつ相手が眠るor確実に影分身を1回積める。
ノーマルZはそれだけでなく、岩石封じ等のS操作に対してZバトンタッチの動きも出来る。


バシャーモ 157-x-91-178-92-129
Zソーラービームで215-124カバルドンが12/16

エーフィと同じく身代わり+影分身。
Zソーラービームは構築単位できついアシレーヌに主に打つ技。
カバルドンは慎重HDだとほぼ落ちないのでおまけ程度。


パルシェン 125-147-201-x-65-134
S+1で最速130族抜き

メインとなるバトン先。基本的にはこちらを出していきたい。
バトンに依存せず、単体でも動く事が出来るのが強み。
分身バトンした際に回避の試行回数を稼ぐ身代わりを採用している。
回避と合わせて強引に相手を突破するために持ち物は王者の印。


ピクシー 202-x-93-161-110-81
3加速で最速130族抜き

回避バトン前提なので火力特化、呪いが効かないマジックガードでの採用。
バンジの実と身代わりにより回避の思考回数を稼ぐ。
テッカグヤを殴りつつ火力をあげられるチャージビームを採用。


霊獣ボルトロス 155-x-90-197-100-168(実際は少し耐久に振った個体を使用)
ここまでで受け回し系の構築が辛いので、格闘Z霊獣ボルトロスを使用。
また、刺さってる相手にはバトン先にもなり得る。


(主な選出)
Aライチュウ+エーフィ+パルシェン
Aライチュウ+バシャーモ+ピクシーorパルシェン

(結果)
にゃおーし 第15回キツネの社mf予選6-3 予選抜け 決勝トーナメント2回戦負けベスト16
ロー    第15回キツネの社mf予選6-3 オポネントにより予選落ち

Z欠伸エーフィには数ヵ月前から注目していたのでそこそこの形にする事が出来て良かった。
また今回、この構築をローさんに渡し同じオフで使用してもらった。

ローさんの記事リンク お探しのページは見つかりませんでした。 - はてなブログ

(この構築のQRコード)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-97E5-4156

(おまけ)
迷走時期に使っていたハブネーク、要望があったので簡単に。
前回のharvestではハブネーク+バシャーモピクシーを軸とした構築を使った。

ハブネーク@気合いの襷 特性:すりぬけ
・ヘドロウェーブ 蛇睨み 挑発 黒い霧

ジャローダに比べて対ガルーラ性能は無いに等しいが
メガボーマンダやメガゲンガーの身代わりに対して動ける所を評価した。

2017-03-27

第2回BCSベスト8 草結び搭載カバグロス

f:id:nyaooshi:20140706201251p:imagef:id:nyaooshi:20170327154158p:imagef:id:nyaooshi:20170327154157p:imagef:id:nyaooshi:20160803150732p:imagef:id:nyaooshi:20170327154200p:imagef:id:nyaooshi:20170327154159p:image


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カバルドン砂起こし慎重ゴツゴツメット地震岩石封じステルスロック吹き飛ばし
メタグロスクリアボディ→硬い爪陽気メタグロスナイトアイアンヘッド岩石封じ地震草結び
カプ・コケコエレキメイカー臆病電気Z10万ボルト羽やすめ毒々身代わり
ボーマンダ威嚇→スカイスキン陽気ボーマンダナイト捨て身タックル炎の牙竜の舞羽やすめ
ナットレイ鉄の棘勇敢ラムの実種マシンガンジャイロボールしっぺ返し剣の舞
ゲッコウガ変幻自在臆病水Zハイドロポンプ冷凍ビームめざめるパワー水手裏剣

優秀だと考えているメガメタグロス+カバルドンからスタート。
相手のカバルドン入りが楽になるようにメタグロスに草結びを搭載した。
この2匹だと相手の高耐久ポケモンが辛いので、数値受けを崩す手段を裏に置いた。

個体解説は採用順。

メガメタグロス 183-170-170-115-135-170
アイアンヘッド2発で183-116ガブリアスの瀕死率約87%
草結び2発で215-136カバルドンの瀕死率約78%
EF下147Z10万ボルトを12/16耐え

素早く、行動回数がある程度約束されているメガ進化。
それでいてカプ・テテフミミッキュに強め。
技構成はカバルドン+リザードンの並びに刺す岩石封じ+草結び。
Yに耐えられたりXのフレアドライブで落とされたとしても後続の圏内に入れる事が出来る。


カバルドン 215-132-143-x-132-67
211晴れオーバーヒート耐え

Dにも努力値を割く事で初手への出しやすさをあげた。
ステルスロックやゴツゴツメット、砂の削りで後続の圏内に入れる役割を担う。
欠伸による起点作りに依存しないため、リザードンやウルガモス、ボルトロスへの打点となる岩石封じ。


ゲッコウガ 149-x-97-145-92-190
Zハイドロポンプ(守)+水手裏剣で155-90バシャーモをほぼ落とせる
182逆鱗を15/16耐え
最速メガボーマンダ抜き

ほとんどのポケモンを上から殴る事ができZハイドロポンプや水手裏剣により
相手のバシャーモやドリュウズに自然に強くなれる。
構築単位で炎打点に乏しかったのでめざめるパワー炎を採用した。


カプ・コケコ 145-x-106-147-95-200
単体性能を高めるために持ち物は電気Z。
高耐久や耐性で受けてくる相手に強い毒々+身代わり+羽やすめ。


メガボーマンダ 183-173-151-x-138-171
捨て身タックルで145-96カプ・テテフを確定
200ムーンフォース15/16耐え

ナットレイにカプ・テテフ受けを依存させないようにD振りで幅を広げた。
カミツルギやナットレイへの打点となる炎の牙、カプ・コケコの毒と相性の良い羽やすめ。
数値を盾に舞った後の抜き性能を評価した竜の舞。


ナットレイ 181-157-155-x-136-22
182マッハパンチ2発を急所非考慮で約82%で耐える

メガボーマンダを選出した際の鋼枠。
キノガッサカバルドンメガゲンガーの並びに強め。
しっぺ返しは大爆発と選択、今回はギルガルドやメタグロスへの打点を優先した。


選出パターン
ゲッコウガ+メタグロス+カバルドン
ゲッコウガ+ボーマンダ+ナットレイorカバルドン
カプ・コケコ+ボーマンダ+カバルドン

結果
第2回BCS 予選5-1 決勝トーナメント2回戦負けベスト8

この構築のQR 
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-41A3-908D