NY閑人 浮草考

2017-05-25

あさってから5日間でかけます

|

Fios設置やらベッドバグ駆除騒動でゴタゴタしていたので忘れていたのですが、明後日の土曜日から5日間ユタ州南部へ旅します。

f:id:nykanjin:20170526143751j:image

滞在日数が少ないのでSt. George周辺を軽く探索する予定です。時間があればザイアン国立公園にも足を延ばしたいと思います。残念ながら今回は赤土岩の美観アンテロープは訪れません。あの岩穴に光が差す光景は、いつか機会があれば是非訪れてみてみたいと思っています。

================================

2017-05-23

とんだ とばっちり

|

先週末に突然、私たちのアパートビル管理人から連絡が入りました。

私たちのアパート(部屋)に隣接するアパート(部屋)からベッドバグ(トコジラミ/南京虫)が見つかったので、その部屋の周辺、つまり上下前後左右のアパート(部屋)を調査及び駆除処理しなければならなくなったというのです。どのアパート(部屋)が犯人(笑)なのかはぼやかして教えてくれませんでしたが、私たちの部屋がその上下前後左右の1つに当たったようです。

去年初めだったと思いますが、ニューヨークのホテルでベッドバグ(以下BGとする)騒ぎがあり、その時は他人事のように聞いていました。しかしその後、このアパートビル管理人から『現在NYでBGが増えています。BGが見つかった場合、見つかった部屋だけでなく隣接するアパート(部屋)も駆除をする必要があり、駆除対象の部屋は家具を移動しなければならない』という注意事項がメールされてきました。「ワッ!BGを運んで来たら隣近所に迷惑がかかるなぁ」と少し心配になったことは覚えています。でも時が経ち、BGのことはすっかり忘れていたのです。

管理人からの連絡には大変な作業を強いるリストがありました。土日明けの月曜日の朝一でBG探知犬と駆除員が来るので、それまでに(病Δ砲△覯閥颪亙匹ら10〜15センチ以上離す、△修梁召離皀里眩瓦栃匹ら離す、ベッドはシーツを剝いでマットをひっくり返す、ぅ愁侫,皀戰奪匹汎瑛佑砲垢襦↓ド呂場や台所の流しの下のものは全部取り除いておく、Ε┘▲灰鵑離薀献─璽拭爾亮りも何も置かない、電化製品のプラグは全て外しておく等々。

さて、忙しいことに土曜日は電話会社が来ることになっていました。いつまでもDSL回線を使っていた私たちですが、電話会社が「もうDSLは廃止。5月中にFios(光ファイバー回線)に変更しないと使えなくなるぞよ」と脅してきたので仕方なくFios器具を設置してもらうことにしたのです。土曜日午後に技術者が来てドアの外に穴をあけケーブルを通して部屋の天井や壁に巡らし、未来器具のような薄い縦型ルーターとUFOみたいに緑色の電気がピロピロするパワーボックスを置いていきました。

日曜日はいつものようにゆっくりして、夜10時頃からBG駆除処理家具の移動やら荷物のまとめやら始めました。ところが2時間や3時間で終わるような簡単な作業ではありませんでした。動かす前に家具の上に載せた沢山のボトルやツボなどを下ろさなければなりません。それを下して箱詰めにしたり、本棚には写真立ても色々飾ってあり、それも箱詰めにしたり、その他いろいろと箱詰めやらプラスチック袋詰めやらしていたら部屋は荷物が山積み。壁から離すため、それらの荷物は部屋の中央にまとめたわけです。だんだん身動きできなくなってきたので、この際、長く使わないモノは場所ふさぎになるので皆捨てることにしました。

スキャナー2台、自動雑巾掛器、空の可愛い缶、可愛い小瓶や容器、ドライフラワー、古いカード、食器、何千という昔のレストランのマッチ、古い靴、古い服等々、出るわ出るわ、気がついたら夜が明けていました。それでもまだまだ片付けは終わらず、朝9時半ごろBGの探知犬がやってくるまでにやっと9割方終わりましたが、まだプラグを抜くことをしていませんでした。

f:id:nykanjin:20170524094608j:image:right(写真は借物)→

さて探知犬の可愛いビーグルが一所懸命ニオイを嗅いでくれて、幸い、私たちの部屋にはBGは見つかりませんでした。15分ぐらいで探知犬とその他の人たちは引き上げていったので一安心。

一晩中起きていたのでソファに横になって寝てしまったら、1時間ほどしてドアベルが鳴り、相棒に言われて起きると『駆除液を撒きます』と言われました。BGがいないから駆除液も要らないのかと早合点してしまった私たち、すわ、プラグを抜かれるかと思ったのですが、幸い嵌めたまま駆除液を撒いてくれるのをみて安堵しました。土曜日にFiosにセットしたルーターやパワーボックスのプラグを抜かれなかったので少しホッとしました。

私たちもよく旅に出るのでBGには気をつけなければ、と思っています。

2017-05-19

生まれ変わり?

|

英国で、4年前癌で亡くなった息子の命日に墓参りにやって来た母親が、息子のお墓にロビン(ヒタキ)が止まっているのを見つけます。母親が呼ぶとロビンは飛んできて母親の手に止まります。

男の子の写真をみて、あどけなさがこのロビン、ソックリ。母親を癒すような愛らしい小鳥の様子はまるで「おかぁさん、僕だよ」と言っているように思えてなりませんでした。この母親の苗字がRobinsonというのも出来過ぎてますかしらん。

https://www.youtube.com/watch?v=mRmj5STsgAU

D

余談ですが、このビデオのロビンはとっても可愛いヨーロビアンロビンです。f:id:nykanjin:20170520000949j:image:rightNY市にいるロビンはアメリカンロビン(コマツグミ)という種類らしく、大きさも小鳥としては大きく、いかにもニューヨーカーのような苦虫を噛み潰したような顔をしてこちらを睨みつけます。因みに、こちらがアメリカンロビン➡

2017-05-18

ニワトリのピアニスト

|

このニワトリ、音楽を解ってると錯覚するような芸を見せてくれます。「赤いランプが点くキーを叩いているだけじゃ」と思うでしょうけど、それにしても二度続けて叩くキーがよく分かっているように見えるのはなぜでしょう。そして曲の終わりも分かっていて、終わるとすぐ手前にやって来て「ハイ、餌くれ」って感じも可愛いいような可笑しいような。チキンの唐揚げ好きな人、もう食べられなくなるんじゃないでしょか。陸の動物食べない私は大勢に影響なし。

https://www.youtube.com/watch?v=XfPBfMGLf9Q

D

2017-05-16

神様と話す

|

私の場合、「神様」とは具体的に人の姿をした偉いお方、という感覚はありません。何というか、運命を決める力(エネルギー)のようなもので、それを便宜上神様と表現するだけで、他の人が崇拝する神様とは違うかも知れません。神を善とみることもしません。何事にも表裏があり、善と悪も対になっているから、悪が続けば善が出てきて、神が罪を罰する、或いは辛い努力が報われる、というような気になるんじゃないかと思います。

最近は、ちょっと失敗などすると、これも運命で次に来るものの布石なのかも知れないと思うことがあります。そして次に「なるほど」と思うことが起こって妙に納得したりします。

例えば、コップを割ってしまって、買いに行くと、とても安くて良い感じのコップが見つかったり、床に何かこぼしてしまって必死に汚れをとったら、最近掃除を怠けていて汚かった床がきれいになったり、等々。

f:id:nykanjin:20170517001519j:image:right

先週の日曜日もこんなことがありました。夕方、まだ陽があったのでセントラルパークまで散歩に行こうと夫婦で出かけたのです。雨の予報はなかったのですが、コロンブスアベニューを歩いていたら雨雲が出てきて最初ポツポツと降っていたのに夕立のようになり、近くの店の軒下でしばらく雨宿りしていました。小降りになったので歩きだしたら、また強い雨が降ってきたのです。もう散歩は諦めた方がいいかなぁと二人で顔を見合わせ、目の前にあったレストランのメニューをみて、タコ料理があったのでそこで夕食することにしました。

そのレストランはいつも通り過ぎるだけで気にも留めた事がない店。ところが何とタコ料理だけでなく、注文したものはみな美味しいのです。スペイン風の地中海料理屋でした。飲み物のサングリアも口当たりが良く、悪酔いもしなかったです。

「ああ、神様が私たちをこの店に入れるために夕立を2回も降らせたんだねぇ」と相棒と一緒に合点がいった次第です。

マンハッタンでは珍しく一皿の量が多く、サーモンバーガーを半分残してしまい、持ち帰り用に包んでもらったのですが、それを翌日の朝、冷蔵庫から出して食べたら、それがまたとっても美味しいのです。凄く良心的な食材を使ってくれているんだなぁと思いました。店の現在のChefがずっとこのレストランに居ついてくれるといいのですが、Chefは板前さんと同じで腕を磨くためにアチコチの店を渡り歩くのが常。ま、美味しさを楽しめる間に充分楽しんでおくしかありません。