Hatena::ブログ(Diary)

Techlassica このページをアンテナに追加 RSSフィード


[infomation]


出演依頼・作曲・Remixの依頼はこちらまで→ nyomusicあっとgmail.com
出演イベント情報はこちら→http://www.denryokulabel.com/schedule


所属レーベル→ Denryoku Label

Nyolfen - Discography
Nyolfen - myspace
Nyolfen - Sound Cloud

2009-03-31

Dubstep風のベースの作り方

| 04:10 | Dubstep風のベースの作り方を含むブックマーク Dubstep風のベースの作り方のブックマークコメント

Dubstepというジャンルが最近(といっても2006年くらいから)流行っているようです。


僕自身はそれほど聞きこんだことはないのですが、

このジャンルに欠かせないベース音というのを最近その他のジャンルで聞くようになったので、

Googleで作り方を調べ、ReasonのThorで製作してみました。


どうやら作り方は色々あるようなのですが、大体総合すると


  1. サイン波、矩形波などを合成する(お好みでそれらをSaturationなどで歪ませる)
  2. カットオフを低め、レゾナンスをかなり多めに設定したLPFをかける
  3. 波形をサイン波でテンポシンクされたLFOで、上記のLPFのカットオフをモジュレーションする
  4. 上記のLFOのレートを4分音符〜16分音符辺りの速さで、各音符ごとに適当に設定する

といった手順が基本になるようです。


僕がThorで作った場合の手順は以下のとおりです。

(特に書いてない部分はデフォルトの値で。)

  1. Amp EnvのDecay,Sustainを127に設定。
  2. 1〜3OSCにAnalog OSCでそれぞれ、三角波、矩形波、ノコギリ波を設定し、すべてFilter1にぶちこむ。
  3. Filter1はバイパスし、ShaperにWrapを選択、値は127に設定。
  4. Filter3にLow Pass Ladder Filterを設定、Mode:LPF24typeII,Freq:112Hz,Res:36とし、envやvelなどは0に設定。
  5. LFO1をTempo syncにし、Rate:1/4,Delay:0に設定。
  6. 下のプログラム部でSourceにLFO1を、DestにFilter3のCutoffを設定し、Amount:71に設定。
  7. 同様に、LFO1をOSC 2 PWにAmount:58で設定。
  8. MClassMaximizerのSoft ClipをONにして、Output Gainを調整して、お好みの歪み方になるように調整する。
  9. フレーズを書いて、後はLFO1のRate、Filter3のCutoffをオートメーションする。

大体こんな感じです↓

f:id:nyolfen:20090331043723j:image


そんな感じで出来たのが、こちら↓のフレーズです。

http://www.voiceblog.jp/nyolfen/814328.html

thorのパッチも要望があればアップしたいところです。


ところで気軽にzipとか色々なファイルアップできて、

半永久的に保管できるようなサービスとかないですかね・・・。



  • 参考文献(英語)

http://audio.tutsplus.com/production/how-to-make-a-dubstep-style-wobble-bass-in-fl-studio-8/

http://www.youtube.com/watch?v=MjTp25yxfO8


その他の英語の情報などは、「Dubstep wobble bass how to make」みたいな形で検索すれば出てくるかと思います。