Hatena::ブログ(Diary)

おこじょの日記

2011-05-05

[][]ビン・ラディン氏殺害のことで ビン・ラディン氏殺害のことでを含むブックマーク ビン・ラディン氏殺害のことでのブックマークコメント

パキスタン国内米軍軍事作戦を行って、裁判もなしに殺害したことに対する非難があまりないことにうすら寒い思いがしてる。この作戦に賛成の人は、東京裁判もなしに東条英機氏が処刑されたとしても賛成なんだよね?

Guardian紙に寄せられた意見で、深く同意するのがあったので、ご紹介。Letters: Death of a terrorist and unanswered questions | World news | The Guardian

Your correspondents have rightly been critical of the questionable legality of American action against Bin Laden and Nato attempts to assassinate Colonel Gaddafi (Osama bin Laden and wild-west justice, 3 May). Some 65 years ago US prosecutors and politicians led the way in rejecting the idea of simply identifying and then executing Nazi leaders when they fell into allied hands. Justice Robert Jackson insisted that if the western allies wanted to hold the moral high ground they had to be seen to behave differently from the defeated axis states. The Nuremberg trials gave an opportunity through due legal process for the victor states to demonstrate that the rule of law had to be applied even to the most lawless acts.

How the wheel of history has turned? Instead we have extra-legal murder squads, concentration camps, torture of suspects, wilful disregard for legal sovereignty. No one will shed tears for Bin Laden or for Gaddafi, but if the rule of law was good enough for the Nazi leadership, responsible for the greatest mass murders in history, it must be good enough for our current conflicts. It is time to put an end to the idea that lynch law is a legitimate form of international justice and to try to base Obama's limp claim that "justice" has been done on a restoration of international behaviour that respects those rules and sets aside the unconvincing assertion that the western killing is the archway to democracy. Robert Jackson would be turning in his grave.

Professor Richard Overy

London

貴紙の記者が、米国によるビン・ラディン氏殺害とNATOによるカダフィ暗殺作戦を批判したことは全く正しい。65年前、連合国司法政治家は、連合側の手に落ちたナチ幹部をただちに処刑することを拒否した。ロバート・ジャクソン判事は、枢軸側と同じことをしたのでは連合国倫理的な高みに立てないと主張した。ニュルンベルグ裁判を通じて、もっとも無法な行為にさえ司法手続きが必要であることを戦勝国は示したのだ。

いつの間に歴史歯車が狂ったのだ?今では無法な殺人部隊に、強制収容所容疑者への拷問、そして法律無視が横行している。ビン・ラデインカダフィに涙する者はいないだろうが、大量殺戮をしたナチ幹部にさえ司法の裁きを認めたのに、現在の紛争に当てはまらないとは言えないだろう。国際的な裁きにはリンチを行うというオバマのみっともない「正義」が行われたとする主張の代わりに、国際法に基づいた態度を取り戻さなければ、民主主義への道は西側による殺害だとみなされることになる。ロバート・ジャクソンが草葉の陰で泣いている。

リチャード・オバリー教授

いやな想像だが、ナチ幹部は同じ人間とみなした一方で、中東テロリストらは「野蛮人」とみなしているから裁判をしようという気にならないのかと思ったり。65年前の日本人人間とみなされていたんだろうか?