Hatena::ブログ(Diary)

「百笑日記」−O2FarmBlog

2016-06-04

アイガモとサンタとリサの成長

田植えの終わった田んぼにネットを張り巡らせ、アイガモたちを出陣させました。まだ予行演習中で区切られた場所にいますが、週明けには本出陣の予定です。練習しているチビガモたちを見守るのはチビ番人。カラスが来たら、ちゃんと追い払ってくれると良いのだけど。土の塊を拾っても食べなくなったのは成長です!夕日を浴びて、神々しい感じのアイガモ(笑)

f:id:o2farm:20160605040951j:image:w640

f:id:o2farm:20160605040953j:image:w640


別に名前がついてるような場所ではないのですが、アイガモを放している棚田が美し過ぎです。来年にはここも姿を変える予定ですが。村内には水路や田畑にも大きな被害を受けている場所がたくさんあるので、優先順位としては下がった気はしますが、決まったことは変わらない国ですからね・・・。

f:id:o2farm:20160605041243j:image:w640


ところで先日、大きな気づきを義母にもらいました。定年まで看護婦としてワーキングマザーだった尊敬する義母です。 「1日24時間なら、8時間は仕事のために、8時間は子供のために、8時間は自分のため(主に睡眠)に使うと決めていた」と義母。テレビを見せるにしても、膝に座らせて見させていた、と。


最近、三男・サンタがイライラしているのは、そういう年頃なのと、双子の兄貴にうるさく言われるせいだと思っていましたが、それは間違いだと気付きました。よく気がきくし、働き者の彼に甘え過ぎていました。増えすぎていたタスクを整理して、少しゆとりを取り戻そうとしていた矢先に震災が起き、短期的にも中長期的にも、以前よりタスクが増えしまい、子供たちへの意識が薄れていたのがイライラの原因なのでしょう。授業参観のあった日に、「僕の教室に最初から最後までいて欲しい」とリクエストをしてきた事で、ハッとしました。最近の爆食いもストレス食いだったのかな。一緒にゆっくり食べるように心がけようと思います。

そして迎えた8歳の誕生日。プレゼントに、「お母さん独占権」を8枚プレゼントしようかな。東京から来たおばあちゃんからのプレゼントは、絵本。サンタがストーリーを書いて、隣のお嬢さんが絵を描いたものを、世界に1冊の本にしてくれたのです。なんと言う素敵なプレゼント!

f:id:o2farm:20160605040949j:image:w640


f:id:o2farm:20160605040946j:image:w640


この絵本を彼が作ったのは、本震の翌日、4月17日。家にいても度重なる余震が怖いから何かに集中したい、と言って作り始めたら、高校生のサポートもあってノリノリになり、1日で3冊もできたのでした。創造性があれば、恐怖さえ乗り超えられる。こんな世の中だからこそ、画一的でない創造的な子たちを育てるのが大切なのに、詰め込み教育に偏り過ぎている現実。それはさておき、自由人と呼ばれたサンタの、「さすが」の作品が、こんな形で処女作になったのは嬉しいです。単なる親バカですが。さっそく、自分の絵本を妹に読み聞かせてあげていました(^-^)

f:id:o2farm:20160605040945j:image:w640


私からのプレゼントは、「お母さん独り占め券」。甘えたい時に甘えられる存在になれたら、と思います。我が家を訪ねる皆さん、彼がこの券を出したら、大事な話をしている最中でもご無礼しますので、ご了承ください^_−☆

f:id:o2farm:20160605040948j:image:w640

2016-05-21 田植えとお米の発送が終わりました!

田植えが終わりました。

こんな頼りなさげな稲が、2ヶ月もすれば水面が見えないくらい青々と繁るんだから、やっぱり植物ってすごいです。毎年の事とは言え、今年は田植えできただけでもありがたい状況なので、より一層感慨深いです。

f:id:o2farm:20160521103831j:image:w640


ゲストハウスでお手伝いをしてきたステラは、苗を持っても、なんだか給仕してるみたい。帽子を忘れたのでターバンで、国籍不詳のウェイトレスさん(笑)頑張ってくれました♬

f:id:o2farm:20160521103828j:image:w640


田植え最終日は、機械で植えにくいところの手植えをしました。夫に子供を預け、久々の、というか初めてのリサなし田んぼ作業。身軽さが嬉しくて、思わずポーズしちゃいました。やるぜ、的な。おかげさまで無事に終わりました。

f:id:o2farm:20160521103839j:image:w640


そしてお米の発送日は、5時半から19時半まで働いた、ハードな1日でした。月に一度、お米を精米・袋詰めして皆さまにお届けしているのですが、震災があった先月は停電で発送ができなかったため、約2ヶ月分の発送作業をしたからです。田植え中で、発送作業の準備がいつも通りできなかったこともあり、てんやわんやでした。

そんな大変な日に、とびきりの笑顔で「手伝うばい」といきなりやってきたのは、夫と高校野球部のチームメイト。彼は魚勢という名のお魚屋さんで、今回の震災によって出店していたスーパーが閉店することになったそう。そんな状況下なのに、ガハハと笑顔で手伝いに来てくれた。箱詰めする手際の良さが半端ない(笑)

今回の災害で思ったのは、こういう非常時にこそ、人間性が露わに出るということ。自分のことしか考えない人(被災された本人よりも、むしろ被災しなかった人に多かったことに驚いた。被災すると「命あってこそ」の心境に至るのでしょう)、遠くにいても被災してても、他人の痛みを自分ごとに思える人。いろいろ、見えました。森くん、お手伝い本当にありがとう!新しいお店が震災前よりステップアップした素晴らしいお店になりますように!

f:id:o2farm:20160521103832j:image:w640


昨日は田植えも発送も終わって、オヤツに子供たちとスイカ。熊本はスイカの産地でもあるのです。

兄貴が食べていた大きいスイカが美味しそうに見えたのでしょう。ねだって手に入れたのはいいけど、既に薄い皮。それでも満足そうだったので、良しとしましょう(笑)

f:id:o2farm:20160521103829j:image:w640

f:id:o2farm:20160521103826j:image:w640

村内には田畑にも大きな被害を受けられた方がいらっしゃいます。1日も早い復旧を願いつつ、幸いにも被害を受けなかった身としては、やれることを精いっぱいやっていきます。我が家の田植えが無事に終わったので、農繁期ではありますが、多方面から頂いているお申し出や支援を整理して、役に立てる努力をしたいと思います。最後に、サンタが撮った信じられないような写真を1枚載せます。元気が出ますように!

f:id:o2farm:20160521103833j:image:w640

2016-05-10

子供の日♪

先週の話ですが。

「子供の日用」と書かれた段ボール2箱分のお菓子が我が家に届いたので、息子たちがイベントを企画しました。身近な子供たちをご招待して、ビンゴゲームやら宝探しやらをしよう、とウキウキ相談しているのは良いのですが、よく見てみると、流血イベント!?持ちものは、「血」。しかも「食べやすい血」(笑)挙句に「お母さん、当日は何かあった時のために救急箱を用意してね〜」…って。一体、何するつもりなのでしょう⁉︎


f:id:o2farm:20160510112805j:image:w640


そして大津キッズの初主催イベント「子供の日」。

30人まではいかないくらいですが、数える気も起きないくらいの子供たちがワラワラといる中、飛び入り参加の大きな子供の「サンタ」が火起こしを教えてくれ、ようやくカレーが出来上がったのは14時くらい。我が家の「サンタ」とも意気投合してました(^_^)v


f:id:o2farm:20160510112814j:image:w640


f:id:o2farm:20160510112812j:image:w640


とにかく大人は口出ししない!と呼びかけているのに、つい手も口も出しそうになるお母さんたちを制するのが一番大変だったかもしれません(^_^;)


f:id:o2farm:20160510112803j:image:w640



普段あまり口にしないジュースやお菓子がたんまりあって、夢のような「子供の日」だったことでしょう。多摩美術大学の川井由夏先生をはじめ、たくさん差し入れを下さった皆さん、ありがとうございました。子供たちが、たくさん笑った1日になりました!長男による締めの挨拶は、「震災があつたけど、みんなで頑張っていきましょう!」ですって。言わせたんじゃないです。ご立派。みんなの笑顔に元気をもらいました(^_^)v

f:id:o2farm:20160510112810j:image:w640


無事に終わってホッとしていたら、あ(゚o゚;;

今春からコンクリート化された水路で、兄貴たちから水遊びデビューの洗礼を受けているではないですか。チョロチョロ流れている水路でパチャパチャ音を立ててハイハイ。めっちゃ喜んでるし(^_^;) 良い子の皆さんは真似しないで下さい。お風呂沸かさなきゃ〜。まぁ想定内ということで、流血事件もなく、いいイベントだったと思います。

f:id:o2farm:20160510112809j:image:w640



我が家に集まった子供たちの楽し気な笑顔を見ていたら、涙が出てきました。どんな状況でも、子供たちは楽しむ能力を持っていることに。そしてこの子たちを守るのが、親としての責務なのに、あろうことかこの地震の最中にも、川内原発は動きを止めていないことに。

だっておかしくないですか?まだ余震が続いていて、今後もしばらくは大きな余震があるかもしれない、と言われているこの九州で、絶対安全なんて、あり得るはずがない。とにかく、まずは一次的であっても、稼働をやめることが、私たち大人のすべき事。誰か止め方を教えてください!

2016-04-22 本震から1週間。元気です。

沢山の方々からお見舞いのメールや電話やメッセージを頂き、ありがとうございます。

状況が刻々と変わる中、4月22日10時現在、大津家全員無事です。


時々余震に見舞われながら、昨日は大雨警報が出るほどの雨が降った阿蘇地方。いつどこで土砂崩れが起きてもおかしくない緊迫した状況です。


が。そんなこと言われても、エネルギーを持て余してる少年たちがじっとしていられるはずもなく。彼らの気を紛らわせるために、映画をみせることになり、彼らが選んだのが「もののけ姫」。ついつい引き込まれて一緒に観ていると、この状況だからこそ、いちいち響きます。中でも思わず泣きそうになったのがこの台詞。

サン「もう終わりだ。森が死んだ。」

アシタカ「まだ終わらない。私たちが生きているのだから。」

そして最後に緑が広がるシーン。ちょうど野焼き後に新しい芽が出始めている今の阿蘇と酷似していて、ハッとしました。橋がなくなり、山が崩れ、家々が倒れていますが、生きている限り、まだ終わらない。そしてエボシが言いました。「良い村にしよう」と。やはり不朽の名作ですね。


大雨から一夜明け、土砂崩れ等の大きな被害がなかったことにホッとしています。

さて震災後、新鮮で美味しいアスパラガスイチゴを毎日のように頂きました。流通や交通網が麻痺して出荷や集客ができなかったからなのです。


他の業界にもリーマンショックテロなど、予測のつかない打撃があるのも知っています。でも同じ農業者として、うまく出来た農産物が出荷できないというのは本当に胸が痛みます。かくいう我が家も、今月はお米を送ることができなかったのですが、お米は保存がきくのがいいところ。野菜や果物はそういう訳にいきません。どちらも阿蘇を代表する作物で、通常通りならガッツリ出荷するべき大事な時期。それを頂くのはやっぱり切ないです。

f:id:o2farm:20160422101816j:image:w640

f:id:o2farm:20160422101821j:image:w640

とは言え、嘆いてもどうしようもない事態であることも事実。そういう時は、感謝して美味しく頂くのが筋というもの。そんなわけで、リサはアスパラ&イチゴデビューを果たしました。まだ先が見えない状況下ですが、困難の先にはいつか喜びがくると信じて、アスパライチゴを堪能させて頂きます。都会の皆さん、熊本産の農産物が出回りはじめたら、ふるってお買い上げ下さいね*\(^o^)/* まじ、うまいっす♬

f:id:o2farm:20160422101819j:image:w640

食材と言えば、息子が掘ってきたタケノコやら、ご近所さんに頂いたワラビやらがあったので、我が家のお米でオニギリを作ってプチ炊き出し。車で出かけるのは避けたいので、独居されている徒歩圏内のお年寄りにお弁当と明るい話題の提供(リサの成長や若いドイツ人の滞在者)してきました。90歳を過ぎて独り暮らしをされている方がお二人、80代がお二人。彼らが守ってきた田畑や山や川のおかげで私たちが守られているわけですから、感謝の気持ちを込めて。ドイツから来たステラは、県外に避難させようかと思って画策していましたが、本人の希望でこのまま阿蘇に残ることになりました。この集落のメンバーとして、この非常事態を乗り切りたいと思います。

f:id:o2farm:20160422101814j:image:w640

f:id:o2farm:20160422101812j:image:w640


最後にお願い事を2つ。

南阿蘇村高森町の皆さんへ。

電気が復旧しましたが、南阿蘇エリアに電気を供給している6万6千ボルトの送電線が土砂災害で使用できなくなっているため、全国から集まって頂いている発電機車によって電気が復旧しています。つまり、燃料で発電しているわけで、その燃料は当然、域外から運んで来ています。電気は有限です。復旧したからと言ってすぐに元の生活に戻るのではなく、本当に必要なエネルギーについて考えて暮らして頂ければ、と切に願います。

エネルギー関係者の方へ。

九電は当然、高圧の送電線を復旧する準備をしているはずですが、阿蘇エリアは送電容量が足りないという理由で、再生可能なエネルギーの買取が見合わされてきました。どうせ建て直すのであれば、阿蘇エリアの再エネ事業が進むようなものにして頂きたいのです。誰にどうお願いして良いか分からないので、関係者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ要請して下さい。

我が家は引き続き、自立型の太陽光発電で生活してみようかと思い、充電中(^_^)v

f:id:o2farm:20160422101818j:image:w640


昨晩も余震が何度かあったのでグッスリ眠れず。

ソーラーバッテリーの充電が終わったら、次は私の充電です〜

食べてすぐ寝ると牛になるって言うけど、阿蘇の場合は、なれるもんなら牛も悪くない(笑)


f:id:o2farm:20160422101811j:image:w640

2016-04-17 大津家、無事です

4月17日14時現在、家も家族も無傷です。ご心配いただきありがとうございます。

今回の震災で、「我が家のサバイバル能力」を実感しました。

断水後も水は水源または山の湧き水が汲め、水がかろうじて流れていた水路からポンプでお風呂に溜めておきました。

f:id:o2farm:20160417145509j:image:w640

f:id:o2farm:20160417145508j:image:w640


停電後も太陽光発電を自立に切り替えて、携帯等の充電はもちろん(ただし電波が通じていなかった)、炊飯までできる状況。夜は発電しないので、昨晩はローソクを灯し始めたところに、我が家のスーパー研修生エースケが日中に太陽光発電してバッテリーに溜めておいたものを持ってやって来ました。電気が点いた時は思わず「お〜っ」と歓声があがりました。昨晩、水も電気も困らないほどあったのは、たぶん南阿蘇村内では我が家だけだったのではないでしょうか。

f:id:o2farm:20160417145507j:image:w640

f:id:o2farm:20160417145504j:image:w640

f:id:o2farm:20160417145506j:image:w640

f:id:o2farm:20160417145505j:image:w640


自慢しているのではありません。自然エネルギーの大事さや、水源を守ることの重要性が、今こそ皆さんに伝わると思っています。もちろん、どうしようもない被害も村内外で受けています。これは、今のところ我が家は幸運と言うしかありません。が、孤立状態になった時、たぶんこのままいけば、我が家はホームステイの子や研修生たちを含めても1ヵ月くらいは生きていけるでしょう。米はあるし、鶏もいるし、農機具用の燃料は常備しているし、水場も近くにあるし。冷蔵庫は使えないので、冷蔵・冷凍していたものを消費するために豪華な食事が続いています。友人・知人の協力と、湧水や太陽に感謝です。

f:id:o2farm:20160417145503j:image:w640

1日3食、オヤツと昼寝付きで、うっとうしいほど元気なキッズのせいで、家が揺れる、揺れる ^^; 昨日の朝方だけ車で過ごしまし、石垣が一部こわれましたが、とにかくとにかく元気です。余震はあるのでまだ不安はありますが、水も電気も確保したのでまだしばらく快適に過ごせそうです。ご心配ありがとうございます!


f:id:o2farm:20160417145511j:image:w640

f:id:o2farm:20160417145510j:image:w640