オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2009-04-02

福岡市立美術館にて

福岡家族旅行(第三日)

| 00:17 | 福岡家族旅行(第三日)を含むブックマーク

9:00頃、タクシーで宿からJR二日市駅へ、乗り込んで博多で下車。

 地下鉄で大壕公園へ。城跡を歩く、これまた桜がきれい。猫と遭遇。

 福岡市美術館へ。ちょうど「レオナール・フジタ展」をやっていたので、これはいいと早速観る。レオナール・フジタというのは、藤田嗣治のことで、フランス帰化したのちの名称。藤田というのは、日本人には稀なほどはっきりとした個性のある人なのだと思う。特に二十年代のあたりの裸婦像などが一番いい。晩年フランス人になってからは、悪くないとは思うがそれまでで、結局西洋人亜流のように見える。だが、いずれにせよ、画家の全体像が見られたのは貴重な体験だった。

 常設展もなかなか見ごたえあり。ミュージアム・ショップも特に書籍が充実している。

 池に沿って歩く。いい公園だと思う。よく晴れていて風景が気持ちよい。

 天神まで地下鉄。昼食は海鮮丼で、美味かった。昼の中洲と櫛田神社山笠あり)。ここは学生の頃に旅行したところで、懐しかった。

 博多駅へ戻る。ビールとつまみを買って新幹線に乗り込む。名古屋まで三時間半。車中で多田富雄ビルマの鳥の木』(isbn:4101469210読了名古屋着18:29。

 さすがに岐阜へ帰ったら、ホッとした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20090402/1238685442
by obelisk 2009-2017.

Connection: close