オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2009-08-31

武家屋敷

岩手家族旅行(第一日目)

| 22:31 | 岩手家族旅行(第一日目)を含むブックマーク

8:00名古屋発の新幹線東京まで。台風関東地方に接近していて、東京に近づくと強い雨になる。東北新幹線に乗換え仙台まで。名古屋から3時間半。仙台駅途中下車して昼食を取ろうとしたのだが、JTB手配ミス途中下車できない。仕方なく、当初予定のくりこま高原駅まで乗って下車する。大変な田舎で、駅のまわりに食べられそうな場所がない。

幸い駅レンタカーが早めに借りられたので、食事は途中で探すことにする。登米まで行こうというのだが、雨は強いし、不安だ。登米の市役所近くまで行って、訳のわからん中華料理屋へ入る。自分は炒飯と餃子。炒飯はまずまず美味しいが、何か侘しい。

登米の寺池へ。古い町が残っている。木造の旧小学校の校舎がいい。雨でかえって風情が出たかも知れない。喜んで廻って、旧裁判所武家屋敷(これも雨で庭がきれいだった)を見て、旧警察署へ。昔の留置場が迫力がある。

道の駅に寄る。もくもくハウス

横山不動尊へ。お不動さんはさほどでもなかったが、細流がきれい。

三陸温泉ホテル観洋へ。部屋や風呂からの太平洋の眺望は素晴しい。雨でなければ、と思う。夕食は海の幸だったが、まあ悪くはなかったけれども、料理自体の工夫はあまり感じられなかった。正直言って、期待はずれ。

 そうそう、部屋の外の手すりにウミネコが止まって、人懐っこい。誰か餌をやるのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20090831/1251898267
by obelisk 2009-2017.