オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2010-08-31

医王寺にて

福島家族旅行(第三日)

| 23:58 | 福島家族旅行(第三日)を含むブックマーク

九時ごろ、宿からレンタカーで医王寺へ。杉並木が立派だ。芭蕉の句碑あり。他はまあ何ということもないが。車で移動、中野不動尊へ。何ということもなし。さらに車で、信夫文知摺(しのぶもちずり)へ。ここも芭蕉の句碑あり。歌枕で、百人一首にもあって有名。文知摺岩などなど。美術資料館に展示されている、鈴木宗吉という人(まったく知らない人なのだが)の「みちのく仏の道」なる絵画連作がいい。共作の、片野達郎という人(こちらも知らない)の俳句も、(自分俳句がわからないので、母の意見に拠ると)いいらしい。意外な拾い物だった。

 昼時にレンタカーを返し、福島駅前の老舗「福寿司」にて昼食。「上」でまあまあ。メヒカリ天麩羅(一日目の旅館のより旨かった)など、福島郷土料理がよかった。

 電車時間までまだあったので、駅ビル内の「岩瀬書店」にて時間をつぶす。澁澤龍彦文庫新刊を買う。思えば、久生十蘭短編集をちびちび読んだ以外は、旅行中ほとんど本を読まなかった。それもいいだろう。まだ時間があまって駅ビル内のカフェでうだうだ。

 新幹線福島から東京東京から名古屋岐阜には七時ごろ着。なんとも暑い三日間だった。

二泊目のホテル廊下で鳴っていた、ブラームスop.118-3が耳についていたので、帰ってから聴く。バックハウスピアノが一番よかった。アファナシエフのはいまいち。ついでにグールドピアノop.119-1。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20100831/1283266691
by obelisk 2009-2017.

Connection: close