オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2010-11-25

mimeTexまとめ/中河与一『天の夕顔』

| 14:21 | mimeTexまとめ/中河与一『天の夕顔』を含むブックマーク

晴。

朝七時前に起きてから昼の二時くらいまで、下の計算(なんとなく思い付いたので)とブログへのアップを延々とやっていました。計算はそれほど時間はかからなかったのだが、mimeTexに慣れてなくて戸惑った。まあ、「こんな式もブログで書けるんだ!」という感動(?)も大きかったのですが。いやあ、疲れた(って、あほか)。

※参考になったサイト

http://d.hatena.ne.jp/keyword/mimetex?kid=45321

http://homepage2.nifty.com/eman/bbs/tex_kouza.html

http://www002.upp.so-net.ne.jp/latex/index.html

http://d.hatena.ne.jp/Altech/20090408/1239166079

これらを書かれた皆さん、ありがとうございます

これだけあれば、mimeTexはかなり書けるでしょう。もっときれいに表示させたい人向けには、mathTexというものがあるそうです。例えば、

http://d.hatena.ne.jp/takemita/20091208/p2

http://d.hatena.ne.jp/usk-shino/20091003/1254537153

http://d.hatena.ne.jp/ophthalmos/20101211

などを参考にして下さい。

(※追記 takemitaさんから、mimeTex、mathTex以外にもブログに数式を表示できるツールがあることを教えて頂きました。詳細はこちらです。重ね重ね、ありがとうございました。)

こんなことをやっていたら、丸一日潰れてしまった。

(※追記2 検索してみると、点と直線の距離で、3次元(ないしそれ以上の次元)の場合をベクトルでやってあるのは、意外とないのだな。下では、そういう場合もやってあります。垂線の足まで求めてあるのだ。)

(※追記3 上にophthalmosさんの記事のURLを追加しました。12/11記)

(※追記4 Codecogsというのを使うと一番いいです。エディターはこれが便利。数式の書き方は http://meta.wikimedia.org/wiki/Help:Displaying_a_formula/ja にほとんど載っている。2013/10/11記。)

疲れたので、薄い本自分薄い本が好きだ)をと、中河与一『天の夕顔』読了。昔の「純愛」小説というか。これが意外にいい。特に後半が惹き込まれた。解説は保田与重郎

天の夕顔 (新潮文庫)

天の夕顔 (新潮文庫)

takemitatakemita 2010/11/25 16:38 ご紹介いただいてありがとうございます。
こちらのほうが包括的に比較していますので、よろしければ御覧ください。
「LaTeXのオンライン数式画像生成ツールの比較」
http://d.hatena.ne.jp/takemita/20091210/p2
私はCodecogsを使っています。

obelisk2obelisk2 2010/11/25 17:06 おお、これはすごい。takemitaさん、態々ありがとうございます。これは便利ですね。本文にもリンクを貼っておきました。事後承諾をお許しください。

mathnbmathnb 2016/11/30 16:36 「点 (-5, 10,2) を通り,x^2 + y^2+z^2 =5 に接する平面の方程式を17個求めよ」

そして 図示(グラフ化)をも。

mathnbmathnb 2016/11/30 17:17 >「面倒なこと」というのは時間がかかる厄介な作業であったり
ならば ↑の問題は 導出される 超平面 H と 点p との
  距離で 瞬時に 解けてしまい  面倒に非ず。

mathnbmathnb 2016/12/17 22:34
    「点と直線の距離公式」は、 知悉 ;
   
http://apps.lonestar.edu/blogs/weveridge/math/distance-between-a-point-and-a-line/
<---------------- 実に 下手(超平面の認識 希薄で)


●敢えて この公式 を用い 曲線 f(x,y)=0 と点との距離を どうぞ!● ;

高1年生 知悉の 2次曲線 (放物線[<----放擲スレバ見える])
(a + b x + c x^2) - y=0

上の 接線(接超平面)T は 
(b + 2 c t)*(x - t) + (-1)*(y - (c t^2 + b t + a)) = 0である。

↑で 特殊化し a=1, b=2, c=6/10, と した時.

(x0,y0)=(-1,3) と T との 最短距離は 知悉のコーシキに代入し

Abs[(-2+ 2 t+(3 t^2)/5+(-1-t)(2+(6 t)/5))]/Sqrt[1+(2 + (6 t)/5)^2]

           で ある。
           
     この 最小値を求めて下さい;


------------------------------------------------------------
y=Abs[(-2+ 2 x+(3 x^2)/5+(-1-x)(2+(6 x)/5))]/Sqrt[1+(2 + (6 x)/5)^2]

      を 含む 最小の 代数曲線は
      
c; 9 x^4+36 x^3-36 x^2 y^2+156 x^2-120 x y^2+240 x-125 y^2+400=0

を 多様な発想で 導出して 下さい;


制約条件 c&0<y のもとで y の 最小値mを求め cとy=mを図示願います;


   c の双対曲線 c^★を 多様な発想で是非求めて下さい;

獲た c^★ の 特異点には 尖閣の尖点 や 二重点があるのは

  自明でせうが 求め 其れに対応する c の 接線達を求めて

cと共に図示願います;


   今回と同様な 4次曲線の二重接線問題 は
   
      異国の人々も 取り組んでいる;
   
http://mathpotd.blogspot.jp/2009/09/double-tangent-line.html

      http://www.mscroggs.co.uk/puzzles/LV

   此れも 双対曲線を 求める発想で 解決願います;


      イの一番に 願うべきでした が

    ● 双対曲線の 定義 ● を 記述下さい;

by obelisk 2009-2017.

Connection: close