オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2011-04-01

平戸の教会と寺

2011年九州家族旅行(第三日)

| 23:08 | 2011年九州家族旅行(第三日)を含むブックマーク

朝起きると、宿のまわりは鶯の声で満ちていた。なんという多重コーラス。晴天。

 朝一番、宿の車で平戸城まで送ってもらう。城は他にだれもいない。職員も道の掃き掃除などで、どうぞ御勝手にとのこと。天守からの眺望がいい。海峡や街並みを上から撮る。歩くと猫猫

 幸橋から、町の高台の細い道を歩く。ところどころに史跡で、なんとなくカメラを向けたりしながら散歩猫猫。すぐ近くでのた打ち回ったり、謎だ。教会があったり。二時間くらい、平戸の町を歩いたか。

 桟橋からタクシーで、松浦鉄道たびら平戸口駅へ。日本最西端の駅。証明書を手に入れたり。あとは延々と帰るだけだ。十一時前の列車で、佐世保へ。時間があったので、駅前のしょぼい古本屋へ寄る。雑書がほとんど(文庫も「ブ」でも買い取ってもらえないようなものが、しかもヤケまくり)という中で、東洋文庫がある。なんと中に『甲子夜話』全巻があるではないか。しかし値がついていない。そのうち店主が寄ってきて、訥々と原発事故の話などし出す。帰りの列車の中の一冊というつもりで店に入ったので、列車時間もあるし、ちょっと困ってきた。ふと見ると、同じ東洋文庫の一冊で、シリーズ劈頭の『楼蘭』があったので、定価(なんと350円)にしようか迷う店主(これも値がついていなかったのだ)に500円玉を渡して、急いで店を出る。で、車内で食そうと思っていた佐世保バーガーの持ち帰りが遅い! 5分と言ったら5分でやれよとイライラしつつ、なんとか分捕って乗車。はー。特急みどり博多へ。途中で平出隆ベースボール詩学読了博多からの新幹線車中で『楼蘭読了

 帰ってアマゾンマーケットプレイスを見たら、『楼蘭』は170円だった。なお、この本は蔵書印があり、女性の名前と、購入日か読了日か、日付が書き入れてあったが、それは自分の生まれる前のものだった。

ベースボールの詩学 (講談社学術文庫)

ベースボールの詩学 (講談社学術文庫)

楼蘭―流砂に埋もれた王都 (東洋文庫 (1))

楼蘭―流砂に埋もれた王都 (東洋文庫 (1))

※今回の猫たち

f:id:obelisk2:20110331103946j:image:w261 f:id:obelisk2:20110331160958j:image:w261

f:id:obelisk2:20110401090740j:image:w261 f:id:obelisk2:20110401091035j:image:w261

f:id:obelisk2:20110401094120j:image:w261 f:id:obelisk2:20110401094333j:image:w261

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20110401/1301666903
by obelisk 2009-2017.