オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2012-04-04

鹿児島家族旅行(第二日)

| 23:31 | 鹿児島家族旅行(第二日)を含むブックマーク

今日は車で長距離移動の予定。天気は最高。起きがけに一風呂浴びて、朝八時ころ出発。指宿からさらに南下して、開聞岳へ。じつにクリアに見える。

f:id:obelisk2:20120404093758j:image:w520

そして、日本最南端の駅、JR大西山駅へ。ここからの開聞岳の眺望は有名だ。テレビなんかでもよくやっている。鄙びた、畑の中にホームがあるだけの無人駅なのだが、観光バスが来ていたりする。あと一〇分ほどで列車が来るということだったが、先を急ぐので出発。
 そこからさらに南下。五分くらいで「長崎鼻」という、薩摩半島の最南端に着く。ここは絶景でした。

f:id:obelisk2:20120404100524j:image:w520

ここからの開聞岳も見事。

f:id:obelisk2:20120404101348j:image:w520

景色を満喫する。ちなみに、このあたりの森は照葉樹林で、明るい感じがするものだ。

 ここから県道二八号で池田湖(カルデラ湖らしい)を掠め、県道一七号に入って指宿スカイラインをひたすら北上。途中で展望台に寄りつつ(上から石油備蓄基地や、桜島、海がきれいに見えた)、鹿児島市内へ。城山展望台から桜島を見る。自分学生のとき、ここにひとりで来たことがある。18切符の旅だった。たぶん、桜島を見るには、ここが一番いいのではないか。猫と遭遇。

f:id:obelisk2:20120404123647j:image:w520

 レンタカーを返却し、鹿児島中央駅アミュプラザ鹿児島店内にある「ざぼんラーメン」にて昼食。ざぼんラーメン800円。一番混んでいない店だけのことはあった。
 ここからは、人吉までずっと列車の旅だ。特別列車に乗るのである。鹿児島中央駅から吉松までは「はやとの風」4号。出発したら、錦江湾越しに、なんと噴火を始めた桜島がくっきりと見えるではないか。またとないタイミング。うーん、偶然の粋なはからいだ。
 吉松で「いさぶろうしんぺい」4号に。これが面白い。古い駅舎のある駅には五分くらい停車して写真を撮らせてくれたり、絶景ポイントでは停車してくれたり、徐行して桜を撮らせてくれたり等々で、まったく楽しかった。吉松から人吉まで、とびきりのローカル線ではあるが、それでも一時間以上かかるというのは、こういうわけだったのだ。そしてさらには、二つのスイッチバックと、大畑の大ループがある。ループは大きすぎてちょっとわかりにくかったが、スイッチバック面白い。天気も最高だった。

 四時半頃、人吉着。宿に荷物を預け、お城まで散策する。城は建物は残っていないが、石垣はじつに立派なものだった。
 宿は「花あゆの里」。建物内部の雰囲気は、しゃれた和風というやつで申し分ない。料理もまずは満足。密度の濃い一日だった。

2012年鹿児島家族旅行_115 2012年鹿児島家族旅行_125

2012年鹿児島家族旅行_133 2012年鹿児島家族旅行_135

2012年鹿児島家族旅行_146 2012年鹿児島家族旅行_163

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20120404/1333636277
by obelisk 2009-2017.