オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2012-09-02

秋田・青森家族旅行(第三日)

| 01:28 | 秋田・青森家族旅行(第三日)を含むブックマーク

気を取りなおしていこう。今日も晴天で暑いホテルバスで、弘南鉄道平賀駅へ。農協の中に駅があるというのは、不思議な感じ。待合室には指名手配写真がいっぱいで笑える。「青森鉄道むすめ」なる萌え絵ポスターが。となりの「ラッセル君」がつぶらな瞳でキモい

f:id:obelisk2:20120902080301j:image:w520

 弘南鉄道弘前まで、そこからJR新青森駅。荷物をコインロッカーに入れ、タクシー三内丸山遺跡へ。10:00からのボランティア・ガイドの案内にちょうど間に合う。これが良かった。炎天下の中だったが、ほぼ一時間のガイドは、名調子でなかなか楽しかった。ちょうどイベントをやっていて、クレーン車で、三内丸山遺跡を有名にした櫓の高さまで上がってみたり。縄文中期に一〇〇〇年ほど続いた古代の村は、いかにも気持ちのいい立地だったことがよくわかった。
 なお、ここの出土品はきわめて豊富で、それらの展示は質がとても高く、またわかりやすいので、お薦めできる。満足。

f:id:obelisk2:20120902111946j:image:w520

 次に、すぐ隣にある青森県立美術館を訪ねる。モダンアート美術館で、館自体が現代建築(中は迷路のよう)。企画展の「Art and Air ――空と飛行機をめぐる、芸術科学物語」は、評価していいのかどうか。ありきたりでないといえばそうだが、タミヤプラモデルマクロスバルキリーを飾るとか、企画倒れの印象も。常設展奈良美智がメインで、はっきり言って自分にはほとんどどうでもよかった。没後一〇年記念の成田亨は、これも評価に困る。ウルトラマンとその怪獣のデザインですから。棟方志功の展示は、全体に対しミスマッチの感があった。総合的に見て、(飽くまでも偏見で云うのだが)常設展詐欺っぽい感じ。それから、企画展常設展合わせてひとり一九〇〇円は、ちょっと高いのではないか。

 新青森駅に戻る。昼食は本当は青森の街なかで食べたかったのだが、戻る時間がなかった。で、新青森駅構内の「魚っ喰いの田」で上寿司を食べたのだが、これは旨かった。値段はちょっとしたが、味から云えば妥当。お薦めできる。日曜日の昼で、本当に混んでいた。

 土産物を買って、14:28発新幹線東京行。買っておいた茹でとうもろこしビールを、車内で食す。なかなかのもの。東北はあんなに晴れて暑かったのに、南下すると車窓風景はときどき雨に。車外に虹。東京から名古屋着20:01。岐阜に着いたら雨だった。暑さにうだった三日間でした。

arz2beearz2bee 2012/09/04 08:48 家族旅行ですか。ほぼ毎日目を通す読者としては、叔父さんの心境で、余計なことが言いたくなります。

obelisk2obelisk2 2012/09/04 09:15 そうなのです。老いてきた父母との、三人での家族旅行なんです。身内のことを書くのはちょっと恥ずかしさがあって、書かないのですが、結構仲良くわいわいとやっております。
いつも読んで頂いてありがとうございます。「叔父さん」のブログも、いつも身の引き締まるような思いで(感心などと言ったら生意気ですね)拝読しております。これからもご叱正の程を。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20120902/1346603289
by obelisk 2009-2017.