オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2014-05-09

鶴我祐子『バイオリニストに花束を』

| 23:38 | 鶴我祐子『バイオリニストに花束を』を含むブックマーク

晴。

寝過ぎ。

図書館から借りてきた、鶴我祐子『バイオリニスト花束を』読了。なかなか面白かった。著者は、N響NHK交響楽団)のバイオリニストだった方(本書中に、定年退職される話がある)。自ら「歩く放送禁止用語」と称しておられるとおり、お固そうなN響のメンバーにしてはザックバランだ。著者にとってN響はただの「カイシャ」というスタンスなのも、めずらしくて却って気持ちがいい。そして、文章にちゃんと個性があって、ついページを繰らされる。もちろんさすがに音楽プロというところも多々あって、ここまで音楽が聴けたらいいなあと思わされる。文章はなかなか上手いですよ。気楽に読めるエッセイ集としても充分読めます。

音楽聴く。■ブラームスクラリネット五重奏曲op.115(ホアン・エンリク・ルナ東京Q、参照)。いい演奏。この曲はモーツァルトの同じ編成の曲とよくカップリングになっていて、モーツァルト比較して劣ると云われることが多い(吉田秀和さんなどは、かわいそうなブラームス、とか言っていた)のだが、僕はこちらの方が好きなのだなあ。特に、秋風が吹き抜けるような第二楽章が好きだ。ロマン派の傑作室内楽のひとつだと思う。■メンデルスゾーンピアノ協奏曲第二番op.40 (ストイアマン、オルベリアン、参照)。あまり聴かれないようだが、いい曲じゃないか。第二楽章など、じっくり聴かせるし、終楽章は華やか。で、第二楽章メロディなんだが、これ何かに似ているのだよなあ。何だっけ。ピアノ技術が達者。


by obelisk 2009-2017.