オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2015-09-21

家族で西濃へ

| 17:10 | 家族で西濃へを含むブックマーク

妹一家と一緒に、西濃岐阜県美濃地方西部)の方へ行ってきました。

国道21号線を西に、昼飯(ひるい)大塚古墳へ。岐阜県最大の前方後円墳なのである。駐車場がないので注意。

2015年秋・冬_21

2015年秋・冬_15

小さな花が咲いていた。

2015年秋・冬_22

大垣市役所 歴史民俗資料館へ。昼飯大塚古墳からの出土品もある。それから、水琴窟があった。歩いて国分寺跡へ。下は塔心礎。

2015年秋・冬_25

さらに西へ。このあたりで食事をしようと思っていたのだが、実際には適当なところがない。関ヶ原古戦場跡に着く。コンビニおにぎり・飲み物等を買い、古戦場あたりのテーブルでピクニック風に食べることにする。西濃の方はどこも彼岸花がいっぱい咲いていて、田んぼの畦道だとか小さい川の堤防などが真っ赤。古戦場のあたりもそうで、例えば下のよう。

2015年秋・冬_27

甥っ子のひとりが、交流館で甲冑を着せてもらえる体験をしてみる。そのまま石田三成陣地(笹尾山)へ。武将甲冑を着ている男の人たちと並んで写真を撮ったり。まわりから「カワイー」とか言われて注目されていた。笹尾山前には割と大きな駐車場があるのだが、連休なので満杯だった(奈良とか神戸ナンバーもあったくらい)。笹尾山の三成陣地には登れます。意外とキツい。武将姿の女性がいて、解説をしてくれる。上も大した人出でした。上から見ると、戦場の広さに驚かされる。総勢15万人以上の合戦だったとも云うから、やはり大変な規模だったのだ(Wikipedia記述はかなりおもしろいです)。

 午後二時頃に出て帰る。まだ道は混んでいなくて、スムーズに帰れた。最初は古墳を見に行ったのだが、上の甥っ子が関ヶ原古戦場へ行きたいと言って、行ってみたのがよかった。なかなかおもしろかったです。子供たちも喜んでいた。

 それから、赤坂宿あたりの旧中仙道は趣がありました。一度あのあたり、歩いてみたい。まだ無理に観光地化していないようなので、ふつうの古くさい通りといえばそうなのだけれど、ちょっと好感がもてる。そう云えば外国人観光客高山がすごい人気なのだが、あんなのみんな作り物なのにねえ。なんて云うと叱られるが。中津川馬籠宿なんかもまさしくそれだよ。でもまあ観光は楽しいので僕もやっています。もちろん高山馬籠宿も訪れておりますので。テーマパークだと思えばいいのだ。

arz2beearz2bee 2015/09/22 19:05 「人住まぬ 不破の関屋の 板庇 あれにし後は ただ秋の風」(藤原良経)五十年前にはそうした雰囲気がありましたが、今は?

obelisk2obelisk2 2015/09/22 22:28 「駅前糸脈」いつも楽しみに読ませて頂いています。僕も和歌で返したかったのですが、教養不足でした。そうですねえ、遠くから見ていれば鄙びた田舎の風景なのですが、どこもお金を稼がないといけないですから。古戦場にあれだけ人が来るというのは、やはり皆んな余裕が出てきたということだと思います。ウチなどもまさにそれですね。

それから不破の関はまだ訪れたことがないので、今度行こうかと言っていたところなのです。行ったらまたブログに書きます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20150921/1442823015
by obelisk 2009-2017.