オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2015-11-03

パラミタミュージアムと桑名めぐり

| 06:19 | パラミタミュージアムと桑名めぐりを含むブックマーク

休日(文化の日)。晴。
早起き

音楽聴く。■バッハブランデンブルク協奏曲第三番 BWV1048 (ジョルディ・サヴァール参照)。奇を衒ったところのまるでない、素直ないい演奏。■ベートーヴェンチェロソナタ第一番 op.5-1 (デュ・プレ、バレンボイム参照)。デュ・プレもいいのだが、何と云っても若きバレンボイムだ。じつに楽しそうに音楽をやっているではないか。才人の若さの特権だと思う。

両親が高齢になってきて、いつまで元気で旅行できるかわからない、というようなことであるのかないのか、とにかく積極的に日帰りで出かけようということになった。今日は休日で好天なので、三重御在所岳へ行くつもりである。八時すぎに家を出立、いつもどおり各務原IC から高速道路に入り、東海中央自動車道名神名古屋高速から東名阪自動車道へ。まだ道はそれほど混んでおらず、御在所SA で休憩したあと四日市IC で降りる。あとは国道477号をずっと西進するだけなのだが、近づくにつれ、残り 500m というあたりで渋滞に。土産物屋の駐車場は空いていたのだが、さらに登ったのが大失敗だった。にっちもさっちもいかなくなり、たまりかねて土産物屋の駐車場にもどったところ、店の人間の不親切もあってどうしようもなくなる。何故か雨までぽつぽつし出し、御在所岳を断念。判断ミスでした。紅葉の時期の御在所岳をナメていました。で、来た道を引き返したのだが、反対車線はもう恐ろしく手前から渋滞。この人たち、全員ムリだし。

 ということで、最初から候補にあった「パラミタミュージアム」へ寄ることにする。AEON 関係の美術館で、その国道477号沿いにあるのだ。ちょうど「近代西洋絵画名作展」というのをやっていて、わかりやすい画がならんでいた。モネセザンヌブラマンク、モジリアニ、シャガールユトリロ、藤田、パスキン、ルオー、ミロ、キリコマグリットワイエス等々(ほぼすべて一点ずつ)。マティスステンシルピカソデッサンはかなりの量があった。それらはまあまあだったのだが、ここは所蔵品の常設がなかなかいい。特に中村晋也、江里佐代子は素晴らしいと思うし、他のもレヴェルが高い。池田満寿夫の「般若心経シリーズ」はじつに下らなかったけれども(池田は本業の版画は凄みがあるのだが)。あとは萬古焼コレクションが見応えがあり、とても楽しかった。それから、ちょうどからくり人形が動く時間だったのもよかった。森の中をイメージしたかのような庭園はちょっと変わっている。もうひとつ、ここは美術館建物もなかなかだと思うのだが、どうでしょう。という感じで堪能したので、すっかりいい気分になった。

 さてこれから(昼食も)どうしようということに。とりあえず近くの「道の駅」菰野へ行く。両親が品物をひやかしている間、iPad miniWi-Fi 接続を試みたら可能だった(!)ので、食べログを検索。この近くはいいところがないので、候補の桑名で探してみると、ハマグリを食わせる店がよいようだ。ということで、目的地が決まった。
 菰野から東名阪自動車道を使って桑名へ。30分くらいでついたので、目当ての「はまぐりプラザ」へ行く。と、店の前まで行ったら、なんと火曜日定休! 今日は休日ですよ、何を考えているのだと呆れたが、どうしようもない。ちゃんとチェックしておくべきでした。仕方がない、お城近く、「柿安」本店の前の有料駐車場に駐められたので、柿安へ行ってみたら、ここにはレストラン等はなくてただの松阪牛販売所にすぎなかった。ホントどうしようもないこと続きである。で、そのあたりの喫茶店はせ川」で食べようということに。昭和風のレトロ内装喫茶店で、期待もせずにオムカレーを注文したら(ものすごく待たされたのだが)、これがすこぶる美味かった。おかしなものである。店の人に近くの見どころを聞く。親切に教えて下さった。

 ってまったく断っておかなかったのだが、このあたりは木曽川長良川揖斐川の河口付近で、景色は最高によい。天気もまた申し分なくなった。堤防沿い(長良川河口堰が見える)を歩きながら、東海道のいわゆる桑名の「七里の渡し」跡へ。何にも残っていない(伊勢湾台風被害で徹底的に堤防が改修されたのだ)が、雰囲気はある。そして、祭りか何か、ドンドンコンチキチンやっている。よくわからないが、諸戸氏庭園の前で山車のようなものが出ていた。その庭園を見て、さらに六華苑へ。明治に一代で財を築いた諸戸氏の邸宅であった、洋館がある。そして、「桑名七里の渡し公園」が今日ちょうどオープンしたところで、イベントをやっていた。何か桑名は当たりになっているのが不思議揖斐川堤防を歩いて車まで戻ったが、形容する言葉がないくらい、美しい青色の水が満々と湛えられていた。

 三時すぎに桑名を出発、帰宅は四時半前。全行程 171.4km、高速料金 3720円、全部で八時間半くらいの遊びでした。(PM9:40)

 以下すべて桑名にて。

2015年晩秋_36

2015年晩秋_43

2015年晩秋_46

2015年晩秋_55

2015年晩秋_64

2015年晩秋_67

2015年晩秋_71

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20151103/1446499163
by obelisk 2009-2017.