オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2016-03-08

ジェイン・ジェイコブズ『市場の倫理 統治の倫理』

| 12:29 | ジェイン・ジェイコブズ『市場の倫理 統治の倫理』を含むブックマーク

2016年冬_52晴。暑いくらい。ようやく紅梅が咲き出した。ウチの紅梅くらい遅いのは、他に見たことがないくらい。

うどん・そば「ひらく」にて昼食。天麩羅うどん950円。

ジェイン・ジェイコブズ市場倫理 統治倫理読了。読んでいて興奮させられた。著者は人間が生きていくための手段は、「取る take」か「取引する trade」のいずれかしかないという。そしてそのそれぞれにおいて、守るべき倫理はほぼ反対になっているというのだ。つまり、前者が「統治倫理」であり、後者が「市場倫理」であるということである。例えば「統治倫理」における「忠実」と、「市場倫理」における「誠実」のちがい。日本の現在のネット状況で云えば、「統治倫理」を採るのがネトウヨであり、「市場倫理」を代表するのがちきりんさんであろうか。著者の対話篇(本書はディベート体裁を採って話が進んでいく)によれば、両者どちらかが正しいというわけではなく、双方が必要であり、また両者の折衷こそ最悪だというのだ。ただ、本書ではどちらかといえば、「市場倫理」の方に多少バイアスがかかっているように読めなくもないが、これは自分だけの感じかも知れない。
 なお、自分言葉で云えば、「取引する」は交換であろうし、「取る」は収奪でもあれば、贈与でもあるだろう。この「取る」が簡単ではない。交換は、収奪か贈与のどちらかが必ず先行していなければならないからだ。ここのところは、ジェイコブズは気づいていないように思える。「取る」と「取引する」は、対称的でないのである。そして収奪と贈与であるが、後者は時代が進むにつれてどんどん稀になってきている。つまり、収奪のみが普遍化してきているように見えるのだ。本書ではエコロジストのベンの役割が小さくなっているが、それは著者が贈与の衰退に気づいていないせいであるように思われる。
 いずれにせよ、これは素晴らしい本である。この「市場倫理」と「統治倫理」の区別は、殆ど目からウロコの類で、これこそが自分を興奮させたのだった。そんなこと自明だって? なかなかそうでもないのですよ。一読をお勧めしたい。

もうひとつ。贈与は「取る」のではあるが、「統治倫理」に動かされているとは必ずしも云えないだろう。本書は優れた本であるが、贈与への考察を殆ど欠いている。それが弱点といえば弱点であろう。

SHADESHADE 2016/03/09 03:50 気温の変化についていけてないこの頃です。日記読ませて頂いてると読みたい本が増えて仕方ないです(笑)チェック早いですねー。他に読んでる人が全然居ないのが残念ですが。

obelisk2obelisk2 2016/03/09 09:16 寒い暑いが繰り返しますね。だんだん暑い方が増えてきました。

うれしいお言葉、ありがとうございます。読みたい本が増えるとは、これ以上の誉め言葉はないですね。SHADEさんの旺盛な読書にはいつも刺激を受けるのですよ。これからも、ポツポツと読んでいきたいと思っています。どうぞよろしく。

by obelisk 2009-2017.