オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2016-11-03

G.W.F.ヘーゲル『哲学史講義 I』

| 13:17 | G.W.F.ヘーゲル『哲学史講義 I』を含むブックマーク

休日(文化の日)。晴。

午前中は睡眠の後始末でおしまい。

昼から県営プールに出かけたら、メモリアルセンターは休日のためか何かやっていて人がいっぱい、駐車場が空いていなかった。ぐるりと一周して帰ってくる。

G.W.F.ヘーゲル哲学史講義 I』読了長谷川宏訳。

早寝。

SHADESHADE 2016/11/05 09:40 ヘーゲルの翻訳はまた長谷川宏さんなのですね...違う人で読みたかったも。賛否あると思うけど若い人とか...居ないかなぁ。

obelisk2obelisk2 2016/11/05 11:08 長谷川宏さんのヘーゲルはホントに賛否両論ですね。翻訳の賞をもらっていたりして、評価が高いのはまちがいないですが。僕はヘーゲルの原文を(もちろん)知らないのだけれど、長谷川さんの訳文で読んでいるとこんなにつるつるした文章でいいのかなとは思います。しかしヘーゲルなのですけれど、僕はちょっと苦手ですね。理屈がつきすぎて、読んでいてホンマかいな(?)とかつい思います。偉大はわかるのだけれど、くだらぬこともほざいていて、仏教のほうがよほどすごいわと思うこともあります。ま、僕なんかがつらつら思うにすぎませんが。

でもまあ、最近の「哲学」とかいうのよりはよほど本物ですけれどね。というか、ヘーゲルこそが哲学なんですね。これこそが西洋というものだと思います。

by obelisk 2009-2017.

Connection: close