オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2017-06-10

伊藤比呂美『父の生きる』

| 11:19 | 伊藤比呂美『父の生きる』を含むブックマーク

曇。
数学というか、簡単な計算もできないようになる夢を見る。起きても実際そんな感じ。

音楽聴く。■モーツァルトピアノソナタ第十三番 K.333(クリストフ・エッシェンバッハ参照)。■スカルラッティソナタ K.173 (スコット・ロス参照)。スカルラッティスコット・ロスもすばらしい。

音楽聴く。■スカルラッティソナタ K.174、K.175、K.176、K.177、K.178、K.179、K.180、K.181、K.182、K.183、K.184、K.185 (スコット・ロス参照)。スカルラッティ中毒になってきて、止められなくなる。■ウィルヘルム・キーンツル弦楽四重奏曲第一op.22 (トーマス・クリスティアンアンサンブル)。まるで知らない作曲家で、Wikipedia にも日本語記事がない。後期ロマン派作曲家で、この曲などはメンデルスゾーンっぽい感じ。歌曲で主に知られているそうである。まあ現在ではほぼ忘れられているといってよかろうが、しかし忘れられた作曲家聴くというのはどうしてこんなにおもしろいのか。これだってつまらないといえばそうだけれど、でも別に悪くないじゃん。ここまで書けるようになるのだって大変だった筈である。演奏も、演奏者たちもまるで知らないが、かなり気合が入っていますよ。それにしても前から感心しているのだが、CPO っておもしろレーベルですね。つい聴きてみたくなるようなラインナップである。誰それというような作曲家ばかりなのだもの。

Wilhelm Kienzl: String Quartets 1-3

Wilhelm Kienzl: String Quartets 1-3

ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第二組曲ダニエル・バレンボイム参照)。どうも自分バレンボイムが苦手なのではないかと思い始めたこの頃。この演奏も精緻なのだが、何だか派手でうるさい感じ。ラヴェルってこんなもんか? いやー、そうかな。

図書館から借りてきた、伊藤比呂美『父の生きる』読了伊藤比呂美さんが父親を亡くすまでの三年間を記録している。齢を取るというのはさみしいし、死ぬのもさみしい。最近そういうことが少しづつ身に沁みるようになってきたが、野蛮人伊藤比呂美のごまかしのない記録を読んでいると、まだまだこれからなのだなあと思う。自分などはまだひよっこである。まあしかし、いつ来るかわからない世界なのだけれどね。でも、いつか必ず来る。金持ちであろうが貧乏人であろうが、幸せだろうが不幸だろうが確実に来る。まあそうエロサイトなんか見ているのはたいがいにしておいて、やはり修行ですね。本書もまた修行だ。いい本でした。伊藤比呂美絶対おすすめだぜ。

父の生きる

父の生きる

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20170610/1497061175
by obelisk 2009-2017.

Connection: close