オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2017-06-13

Ruby 遊びが藪に

| 08:01 | Ruby 遊びが藪にを含むブックマーク

晴。
気持ちよく晴れた朝だな。

モーツァルトセレナーデ第十二番 K.388。いい演奏だな。これはセレナーデではあるが短調の聴き応えのある曲で、ときどき無性に聴きたくなる。モーツァルトも気に入っていたのだろう、のちに弦楽五重奏編曲したのは御存知のとおり。でも、最後長調に転調して、とってつけたように終っているのは何なのだろうね。

モーツァルト幻想曲ニ短調 K.397 で、ピアノヴィルヘルム・ケンプ東京でのライブ録音らしい。ケンプはかつて日本で人気の高かったピアニストであるが、いまでは聴かれることはあまり多くないような気がする。自分には謎めいたピアニストで、非常に大きな射程をもった音楽家であるが、標準的演奏家からは少しズレているような感じを受ける。ケンプというとドイツ音楽ということであろうが、標準的解釈者ではないところが謎な印象を与えるのだろう。これこそがケンプにぴったりな音楽というのがない感じ。むずかしい。

バッハピアノ協奏曲第二番 BWV1053 で、ピアノアナスタシア・インジュシナ、指揮はラルフゴトーニ。聴き始めて直ちに洒落演奏だと思った。インジュシナピアノは繊細なタッチで、バッハキーボードコンチェルトは切れ味が必要なので多少物足りないし、音が少し小さいが、それでも印象的である。特に第二楽章は聴かせる演奏で、琴線に触れた。指揮者も好サポート。このコンビでキーボードコンチェルトCD があるらしい。なかなか微妙なところだな。

ベートーヴェン弦楽四重奏曲第八番 op.59-2 で、演奏はドーヴァーQ。これはすばらしい演奏。聴衆の熱狂賛同したい。この曲はクラシック音楽を聴き始めた頃から好きなのだが、好みというものは変わらないものだと思う。今でも同じように感動させられるのだ。

夕方、カルコス。いい天気で暑いくらい。

軽く Ruby で遊ぶつもりが藪に入ってしまった。半日パーって、何をやっているのだか。
Ruby インタラクティブ・グラフィック TODO - Marginalia

ドラゴン曲線を描いてみたり。

ドラゴン曲線を描く(Ruby) - Camera Obscura

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20170613/1497308511
by obelisk 2009-2017.