オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2017-06-18

ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ『自然魔術』

| 11:04 | ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ『自然魔術』を含むブックマーク

日曜日。曇。

後始末がしんどい。とってもキモい

モーツァルトピアノソナタ第十七番 K.570 で、ピアノエミール・ギレリス

昼から仕事

人気のシロクマ先生ブログなどを読んでいると、自分時代遅れぶりをまたしても痛感させられてあまりいい気分でない。僕は「ゼルダの伝説」について長々とブログに「批評」を書いてしまうおっさんには到底なれないことであろう。(エロサイトについてなら書きたい気もほんのちょっとだけするが。)何だかネットを見ていると、お前などはさっさとこの世から退散したらどうだね、この時代遅れ田舎者めというような被害妄想に駆られないものでもないのである(それが本気になってきたら病人である)。まったく時代適応していない、そのとおり。まあ、もう少し無駄な努力をしてみるつもりではあるが。

そうだなあ、そのうちまたゲームもやるかなあ。これでも学生の頃は結構ゲームもやったんですけれどね。「ドラクエ3」くらいはやりました。「ブラックオニキス」も「ダンジョンマスター」もやったし、ゲーセンで「バーチャファイター」にもハマったぜ。「リッジレーサー」とかも懐かしいなあ。齢がわかるぜ。もうでも、そういうのは面倒で仕方がないのだ、くたびれたおっさんは。ゲームをしていると、どうでもよすぎて何かむなしくなってくる。おっさんになってもゲームができるのというのは、尊敬に値するなあ。

プロコフィエフピアノソナタ第七番 op.83 で、ピアノはカティア・ブニアティシヴィリ。いやあ、よかった。このコ(?)なかなかかわいい顔をしているのに、えげつない演奏でよかったし。曲はもちろん二〇世紀音楽ポピュラー曲ともいうべき傑作。第六から第八番までを総称して「戦争ソナタ」というが、プロコフィエフがどういうつもりでそういうことにしたのか知らないけれど、超カッコいい曲である。カッコよすぎて、現代音楽範疇に入れない人もいそうだが、いつ聴いてもフレッシュだ。この曲は不協和の鮮烈な部分だけでなく、叙情的・瞑想的な部分がまた聴かせるのであり、プロコフィエフの円熟した作品はすべてそうであるといえるだろう。初演者スヴャトスラフ・リヒテルの何種類もあるライブ録音がベストだが、若きポリーニの録音など、他にもいい演奏はいくらでもある。(リヒテルは、是非第八番を聴くべきである。全身総毛立つ演奏というのはこういうものだ。)特に若い人の演奏が気になってしまうな。

シューベルトピアノソナタ第十四番 D784 で、ピアノスヴャトスラフ・リヒテル。1979 Live. 吉田秀和さんではないが、リヒテルシューベルトは巨大すぎる気がする。この演奏など、フォルテッシモはやり過ぎではあるだろう。しかし、第一楽章である。そのなかでも特に、第二主題だ。僕はリヒテル演奏でこれを聴く心臓が止まりそうになるというか、目が水分を発することが止められない。なんというか、本当にささやかな音楽なのだが。こういう感じは他のどの作曲家音楽でも覚えないことである。結局、シューベルトピアノソナタは、傑作は他にいくつもあるけれど、バランスの悪いこの曲が自分にはいちばんこたえる。じつに危険な演奏である。どうも、ブレンデルあたりの演奏聴くのが本当はよいのかも知れない。

松崎ナオの「川べりの家」ってホントにいいな。何回も聴いてしまう。

ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ自然魔術』読了。澤井繁男訳。本書の歴史的評価とは別に、僕としてはデッラ・ポルタ意図してかそうでなしにか、とにかくとんでもない法螺を平然と(?)並べ立てている部分がおもしろい。じつにどうでもいいのだけれど、それが笑えるくらいである。例えば(女性の)「しわの寄った額への対策」という部分。「亜麻仁油のかすが良い。オリーブ油のかすも良い。オリーブ油アラビアゴム、トラガカントゴム、マスチック、樟脳と混ぜて塗ると、乳房のたれさがりにも良い」とか(笑)。誰かやってみます? また、「アヒルをいかにして素手でつかまえるか」という部分。「アヒルがいつも水を飲む場所を観察して、そこの水をとりのぞいてワインを入れておく。ワインを飲むとアヒルは倒れてしまって、簡単につかまえることができる」なんて、どういうつもりで書いているのか(笑)。まあこんなところばかり引用してはデッラ・ポルタは怒るかも知れないが、おもしろいのだよねー。

なお、本書は原書の三分の一程度の抄訳であるらしい。まあこれでも内容はだいたいわかるようである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20170618/1497751447
by obelisk 2009-2017.

Connection: close