オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2017-06-23

Mike Gancarz『UNIX という考え方』

| 03:46 | Mike Gancarz『UNIX という考え方』を含むブックマーク

晴。暑い
昨晩は夕食後に寝てしまい、1時くらいに起きる。

外部に出ないと停滞する。

ベートーヴェンの 32の変奏曲ハ短調 WoO 80 で、ピアノグレン・グールドCD版とは明らかに別テイクだが、基本的に同じでどちらもすばらしい。この前に色んなピアニストを試したのだがすべて合わず、結局あまり聴かないことにしているグールド聴くことになってしまった。ここでのグールドベートーヴェンは、全然エキセントリックではない、というか、もっともベートーヴェンらしい演奏のひとつであるといっていいだろう。まさしく天才的である。

シューマンピアノ五重奏曲 op.44 で、ピアノマルタ・アルゲリッチヴァイオリンはドーラ・シュヴァルツベルグ、ルチア・ホール、ヴィオラ今井信子チェロはミッシャ・マイスキー。これは白熱のライブ録音だ。アルゲリッチはこの曲が好きらしく、You Tube に上がっている CD化されていない音源も含めれば、相当の数の録音があるのではないかと思う。曲はもちろんロマン派室内楽代表する傑作のひとつで、僕も昔から大好きだ。また、演奏される機会も多いのではないかと思う。まだこの曲を聴いたことがない方は、この名曲まっさら状態で聴けるなんて、うらやましいくらい。

ショパンピアノソナタ第二番 op.35 で、ピアノユジャ・ワン

昼から県図書館。何か怏々として楽しまない。しばらく我慢するしかない。

夕方、樋の掃除。ウチには檜があるので、樋が檜の落ち葉で詰まるのである。

Mike Gancarz『UNIX という考え方』読了

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20170623/1498157181
by obelisk 2009-2017.