オベリスク備忘録(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード



オベリスク日録もどうぞ
Camera Obscura もどうぞ
Marginalia もどうぞ

2017-06-27

多田富雄『懐かしい日々の対話』

| 12:21 | 多田富雄『懐かしい日々の対話』を含むブックマーク

曇。
結構夜更ししたので、寝坊

相変わらず調子はよくないが、深刻というわけでもない。

この世界を受け入れていくというのは、それは航空自衛隊戦闘機爆音であり、近くを走る車のノイズであり、また本や CDPC で取り散らかった部屋なのだ(文章がちょっとヘン)。この宇宙に同期するというのは、結局どういうことなのだろう。

まあちょっと外へ出るか。

ミスタードーナツ バロー各務原中央ショップ自分は食いしん坊なので、おいしいドーナツと安くておいしいコーヒーだけで元気が出てくる。いつも書くが、ミスタードーナツコーヒーは好きだ。免疫学多田富雄先生の対談集を読む。冒頭の河合隼雄先生との対談がおもしろい。二人とも本当にえらい先生だったが、いまではどれだけの人が読むものか。頭のいい人はいくらでもいるけれど、こういう自分の頭で考えられる人たちはいなくなったなあ。

それにしても、お二人の対談は自分課題として苦労しているまさにその問題を、ずばりと指摘している。まったく、お釈迦様の手から出られないというのはこのことだな。

老父の畑のトマトがたくさん生っているのだが、初めて赤くなった 2コをカラスにやられた。ので、トマトセーフティネット(?)を掛けてやる。たぶんこれで大丈夫

図書館から借りてきた、多田富雄『懐かしい日々の対話読了。対談集。題名に「懐かしい」とあるのは、著者が2001年脳梗塞を起こし、声を失ったあとに本書が出版されたからである。収録された対談によってクリエイティヴティはちがうが、どれもおもしろいものだ。著者は科学者であることから現代を深く理解し、また能を通じて日本文化を深く理解されていたのだと思う。本書で秀才が苦手だと仰っておられるとおり、たんなる頭のよさに留まらない、魂の深みのようなものが感じられる人だった。嘆いても仕方のないことだが、いまやなかなかそういう学者はいなくなった。

懐かしい日々の対話

懐かしい日々の対話

バッハ平均律クラヴィーア曲集第一巻〜第一番 BWV846 で、ピアノフリードリヒグルダ

フォーレの 5つの即興曲 op.25, op.31, op.34, op.91, op.102 で、ピアノはジャン=フィリップ・コラール。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/obelisk2/20170627/1498533701
by obelisk 2009-2017.