Hatena::ブログ(Diary)

OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート

2007-08-19

お土産に魚沼産コシヒカリを頂きました

| 22:24 | お土産に魚沼産コシヒカリを頂きました - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

参加者全員に、合宿の会場となった「ラ・ファミーユ中角」さんに魚沼産のコシヒカリを頂きました。美味しい食事、ぬか釜の体験などでお世話になった上に、お土産まで頂き本当にありがとうございます。

ぬか釜が炊き上がりました

| 14:20 | ぬか釜が炊き上がりました - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

ぬか釜が炊き上がりました


蓋を開けた瞬間、湯気とお米の良いかおりが広がります。

ぬか釜でコシヒカリを炊きます

| 14:00 | ぬか釜でコシヒカリを炊きます - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

ぬか釜でコシヒカリを


もみ殻と杉の葉を使ってご飯を炊く「ぬか釜」を体験しています。

宮田さんから一言

| 13:57 | 宮田さんから一言 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

宮田さんから一言

NPO法人・南魚沼もてなしの郷の宮田さんからご挨拶。「いただいたアイデアを生かしていきたい」とのこと。「メゾン・ド・ボクシ」チームは「少しでも南魚沼地域のお役に立てれば」。

優勝は「メゾン・ド・ボクシ」

| 13:54 | 優勝は「メゾン・ド・ボクシ」 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

優勝は「メゾン・ド・ボクシ」

投票の結果、チーム20代の「メゾン・ド・ボクシ」が優勝。

各班の詳しい提案内容は「南魚沼合宿、最終プレゼン」をご覧ください。

みんなで投票

| 13:51 | みんなで投票 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

みんなで投票
各班の発表を聞いて、参加者全員が良いアイデアに一人一票ずつ入れます。事務局が読み上げ中。

各班の詳しい提案内容は「南魚沼合宿、最終プレゼン」をご覧ください。

南魚沼合宿、最終プレゼンテーション

| 12:19 | 南魚沼合宿、最終プレゼンテーション - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

各チームから最終プレゼンテーションが行われています。

「南魚沼便り」特攻野郎Aチーム
いい人が多い。素朴で、地味ではあるが、自給している人たちが多い。シンプルにアピールしていけばいい。フォトブログで、高山植物、スキー、お酒など四季折々の情報を発信していく。最初はアクセスが少ないけれど、コツコツ毎日続けていく。みんなが見てくれることを考えると、写真をつけてアピールするときっと伝わる。

日本酒ではライバルが多い、高山植物などなら_mg_03261111 コツコツ続けていると見られる。毎日は大変だから、分担制も考える。写真があれば文章は短くてもいい。検討会をしながらエントリーの内容に反映していく。キャンペーン型のイベントであれば人が集まっても持続しない。出来ることから初めていく。

Q、ブログをアップする人はどれくらいいるのか?見る人がいないのはつらいのではないか?

A、実感として最初は見てくれないと寂しいけれど、書いていると伝わる。行政と協力して写真の講習会などもやり、人材の掘り起こしも考える。



「南魚沼のスター発掘プロジェクト」(チームあうん)

コンセプトは小さく考えよう。本当に来てほしい人は誰か「東京にはない何かを求めている人」。おいしいご飯、お酒、四季に癒される。

スキーの比重が大きいけれど、スキーだけではないことを伝えていく。過ごす時間が楽しいと思ってもらうためには、内部からかわっていく必要がある。素材は揃っているので、プランと体験を加えた。顔が見えるコミュニケーションをとりましょう。スローライフ、人生の楽しい時間を過ごすために南魚沼に来ることをアピール。

_mg_032822222_2 来た人の思い出が積み重なっていく。地味な提案で、頑張っている人が続けられる仕組み。やる気のある企業を集める。公開コンペを利用して、行政融資を活用して施設のビフォアー、アフターができないか?情報発信はブログブログポータルを作る(情報発信する意欲のある人を拾っていく仕組み、意欲があるけれど「何を書いたらいいのかわからない」という人にはブログコンサル。お礼は地元の名産を送る)。

イベント、新潟アンテナショップブログを書く。ブロガーによる南魚沼発掘ツアーをやる。

Q、ブログの世界をよく知らないが、買ったり、来たりしますか?

A、日本はブログ王国。店の人が言うのではなく、お客さんが良かったよというと信用度が高い。

Q、ブログコンサルは実際のところいくらかかるのか?

A、企業に頼むとそれなりの値段が必要。

Q、書いたらどういう効果があるのか?自己満足で終わってしまうのは意味がない。

A、アドバイスを公開する。ブロガーにもメリットがある。コンサルタントはあくまで導入、問題は地元のアドバイザーをどう作っていくか。



「タイムシェアリングを活用した活性化」(チーム円卓)

わざわざ東京から新幹線代を支払って魚沼に来てもらうのはハードルが高い。リゾートマンションに住む人、タイムシェアリングを利用している人。日本のウブド。ホテルからは田園風景が見えている、ホテルから出て地元のアクティビティを利用する。地元の人、タイムシェア利用者は、リゾートマンションのオーナーに橋渡しをしてもらう。

課題は、リピーター、友達を連れてきたときの「もてなしのバージョンアップ」をどうするか。たくさんの人の力で魚沼のファンクラブを作っていく。

Q、人気のあるリゾートマンション、タイムシェアリングは予約が取れないところもある。いいアイデアではないか。

Q、長期滞在となると、ホテルや旅館などとの競合もあり得るのでは。

A、あくまで不動産賃貸。滞在者は食事を作りたくないから、地元の宿泊施設や食堂が潤うのではないか。



「語り部で南魚沼を活性化」(事務局チーム)

語り部要請プロジェクトの必要性。南魚沼は小粒かもしれないが魅力があり、熱く語れるひとが既にいっぱいいる。しかし本業が忙しい。だったら誰かに語ってもらえばいい。語って誰が聞くのか?減っているとはいえ、年間1100万人の観光客が来ている。この人たちに南魚沼の魅力をさらに知ってもらう。

語り部養成の手法。宮田さんなど地元で頑張っている人、売れないお笑い芸人を講師に、指導者を作る。ツアー参加者は、即日銅語り部に認定して、データベースを次回に活用する。銀語り部は行政に認定、認定証、観光振興会議の委員に任命、バスに乗ってガイドもできるようになる。

プロモーションは、観光パンフレットに紹介、ホテルのフロント、ウオヌマンが越後湯沢駅で「君も南王沼に来てみないか」と勧誘、ブログマーケテイング。_mg_03373333

Q、そういう語ってくれる人はいるのか?

A、頼まれてないのにお店の手伝いをするお客さんがいる。また、リゾートマンションに住んでいる人も、地域にとけ込みたいと思っているはず。その接点作り。

Q、ウオヌマンはぜひ実現してください。悪の対抗組織を作ったら盛り上がっていい(「関越は通さない」群馬マンとか)。

「メゾン・ド・ボクシ」(チーム20代)

地域の人物・鈴木牧之(すずきぼくし)を目指す。メゾン・ド・ボクシ。苦節30年で出版したらベストセラーに。中長期の滞在者。参加する人は、作品を世に出したいと思っている人。都会の騒がしいところで煮詰まっている人。空いているリゾートマンションを活用、普段は地域で働いている。

出版したい人は顕示欲があるのでブログを書いてもらう。広報紙にも文章を書いてもらう、チラシの作成に関わってもらう。

プロモーションの大前提として、鈴木牧之をもっと広げる。南魚沼市の前に「鈴木牧之の街」と入れる。ブランディングとして記念館、お祭りのブログでの情報発信は必須。メゾン・ド・ボクシにどうやって人を集めるのか。コミケフライヤーを配る。

宿泊施設が必要。印刷機、無線LAN、文具店に画材を置いてもらう。受け入れ先の協力も必要。

Q、来てくれそうな世代は?

A、二十歳前後の男女。

Q、潜在予備軍にアピールするには?コミケというのは何十万人の参加もあると聞くが…

A、コミケパンフレットに広告を入れる。

Q、鈴木牧之よりも北越雪譜のピーアールもあるのではないか。人より作品に光をあてたほうがいいのでは。

A、長野で北越雪譜をPRしているところがあり、確かに問題。また、鈴木牧之の人生がコンテンツになっていると考える。頑張って作品を出す人と重なる。

Q、働きながら頑張るというのは、ザスパ草津のモデルですね。

Q、アイデアは面白い。出版苦労人だが、成功者と考えてもらえるのか。

A、当時としてはすごいベストセラー、人が流入するとこの街を好きになってもらう人が一人でも増えればいい。20年ぐらいかかって、一人でもベストセラーが出たら成功。
長期的な取り組みなので、夏や学生の合宿などに利用してもらい、メッカにしていく。

Q、本当に地元の人は受け入れてくれるのか。

A(参加者より)、面白いけれど、本当に働けるのか不安。

OBII「地域活性化合宿 in 南魚沼」 生中継サイト

| 11:55 | OBII「地域活性化合宿 in 南魚沼」 生中継サイト - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

試験的にOBIIの「地域活性化合宿 in 南魚沼」の最終プレゼンの模様を正午から会場から配信する予定です。

uStreamでの配信ページはこちら

チャット経由のコメントも現地でご紹介したいと思ってます、コメントもお待ちしています(出来なかったらごめんなさい)。

会場のNWの状態、uStream側の設備の影響であまり快適な映像ではなかったり、急遽配信が行えなくなる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ディスカッションは続く

| 10:11 | ディスカッションは続く - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

正午からの最終発表を目指して各班のディスカッションが続きます。最終発表は、uStreamでの配信を予定しています。

f:id:obii:20100102095605j:image

ディスカッション進捗状況報告

| 09:24 | ディスカッション進捗状況報告 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

朝食後に各チームから進捗状況。


特攻野郎Aチームプロモーションについて詰めている。

チーム20代・地域の人物・鈴木牧之(すずきぼくし)にちなんだ地域おこし。鈴木は今で言えば

同人誌を出している人。ただ同人誌にこだわりすぎて広がりがなかった。大学の漫画研究会の夏合宿なども検討。

チームあうん・ターゲットは小さく。もてなしの心をどう作るか。

チーム円卓・ひとつコアになるツーアを作る。塩沢紬を生かして、30代後半の女性をターゲットにする。時期(新米、紅葉など)にあわせて具体的なツアーを検討。口コミを起こす仕掛けも。

事務局・酒バレー構想。南魚沼の観光資源は良質だが小粒。湯沢温泉街やスキー場など周辺の観光スポットにきている人をターゲットに来てもらう。語り部(伝導師)を作る。

2007-08-18

ディスカッションスタート

| 20:46 | ディスカッションスタート - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

f:id:obii:20100102095604j:image

まずは頭の体操。3人の一組に分かれて、30分で南魚沼地域の良いところを出来だけたくさん考えます。

特攻野郎Aチーム・20個 美人が多い、お酒がおいしい、お米、人が良い、自然、長寿、レジャー、町が静か。

チーム20代・29個 お米、お酒がおいしい、寿命、交通アクセスがいい(新幹線高速道路)、観光、美術館記念館、大学・専門学校が多い。

チームあうん・64個 人が少ない、魚沼の人は魚沼を愛している、色がついていない、情報が少ない、南蛮みそがおいしい、おにぎりがうまい、生き物がすてき。

チーム円卓・41個 子供でもスキーがうまい、井戸水が生活に息づいている、雪が凍らない、自営の人が体験を提供できる、三大紬の産地、農家の比率が高い、百名山の一つ、大学がある、元気で長生き。

「ラ・ファミーユ」自家栽培の野菜中心の夕食

| 19:07 | 「ラ・ファミーユ」自家栽培の野菜中心の夕食 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク


今回宿泊する「ラ・ファミーユ中角」に移動。自家栽培の野菜をふんだんに使った夕食。

メニューは、枝豆、漬け物、米(べい)なす田楽、夕顔の煮物、糸ウリの中華風、えご(海藻)、赤魚のムニエルのサラダ風、もち豚のトマト煮、カボチャの丸ごとグラタン、コシヒカリ、ソーメン、八色スイカ。

f:id:obii:20100102095603j:image

南魚沼について概要説明

| 18:10 | 南魚沼について概要説明 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

新潟県南魚沼地域振興局の方から地域概要について説明。面積は941平方メートル、人口7万2千人(県人口の約3%)。主な産業は、農業(米、スイカ、地鶏)、製造業(自動車部品、清酒、織物)、観光など。スキー客はバブル期をピークに減少。

南魚沼地域のポテンシャルは、温泉医療、良質な食で「健康に暮らせる風土」、スキー、温泉、立地の良さで「充実した観光資源」、美しい山、川と地域の文化「恵まれた自然環境」で、滞在・交流型サービスの先進地域になれる可能性が。けれどプロモーションが下手…

f:id:obii:20100102095602j:image

JR上越線・塩沢駅

| 17:27 | JR上越線・塩沢駅 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

ウィキペディア「塩沢駅」の項目によると、1日平均乗車人員は676人(2006年度)とのこと。

f:id:obii:20100102095601j:image

ヤミーのジェラート

| 16:20 | ヤミーのジェラート - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

結芽問屋ではジェラート工房「ヤミー」ジェラートも食べることができます。写真はチョコレート、200円。地元特産のコシヒカリ、かぐら南蛮を使ったジェラートも。

f:id:obii:20100102095600j:image

朝採り夏野菜

| 16:17 | 朝採り夏野菜 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

土日、月曜は地元で採れた夏野菜を販売(夏野菜シーズンが終わるまで)。

塩沢のアンテナショップ「結芽問屋」

| 16:15 | 塩沢のアンテナショップ「結芽問屋」 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

NPO・南魚沼もてなしの郷の拠点でもある、コミュニティスペース。塩沢の味覚や名産を展示しています。パンフレットもあるので、ここで観光情報、地元のオススメ情報を仕入れて、塩沢の町歩きに出発するのがおすすめです。

f:id:obii:20100102094219j:image

「塩沢つむぎ記念館」で手織り体験

| 15:17 | 「塩沢つむぎ記念館」で手織り体験 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

日本三大「紬」の塩沢紬。塩沢つむぎ記念館で手織り体験中の参加者。リズムよく手足を動かすのがコツです。

f:id:obii:20100102094218j:image

整備された塩沢の町並み

| 14:29 | 整備された塩沢の町並み - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク


青木酒造がある牧之通り(ぼくしどおり)は、町並みの整備が進んで雰囲気が良い。

f:id:obii:20100102094217j:image

青木酒造を見学

| 14:13 | 青木酒造を見学 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

「鶴齢」などを作っている青木酒造を見学。創業は享保二年で、290年という歴史があり。「日本酒醸造技術は高度で、日本古来の技術はすばらしいものがある」と青木貴文社長の熱いお話を聞きながら、酒造りについて説明を受けています。

f:id:obii:20100102094216j:image

雪むろの内部

| 13:19 | 雪むろの内部 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

冬に積もった雪を利用した天然の冷蔵庫。中はひんやり。 最初は真っ白な雪は、溶けていくうちに空気のチリが付着して黒くなるそう。

庫内の温度は0℃〜3℃、湿度を70%〜90%に常に保たれている。マイナスイオンを発生して酸化、古米の匂いを抑制するので新米時と同様の味と香りが維持されるとのこと。

f:id:obii:20100102094215j:image

うおぬま倉友農園の見学

| 12:46 | うおぬま倉友農園の見学 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

NPO法人南魚沼もてなしの郷の宮田俊之理事長の案内で南魚沼のフィールドワークを開始。まず最初に訪れたのは、全国・お米の食味ランキングで18年連続「特A」に輝く魚沼産コシヒカリを生産・販売している


減農薬で栽培された魚沼コシヒカリを雪むろ(雪を使った冷蔵庫)を利用して保存、年間を通して美味しいお米が食べられるそう。おにぎりとスイカをいただきながら、話をお伺いしています。

f:id:obii:20100102094213j:image

2007-08-17

「地域活性化合宿in南魚沼」の関連リンク集

| 12:08 | 「地域活性化合宿in南魚沼」の関連リンク集 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

今週末に迫った、イノベーション合宿@新潟地域活性化合宿in南魚沼」に関連するリンクを一部ご紹介します。以前に事務局で下見を行いましたので写真も合わせて掲載します。

行政観光協会ホームページ

南魚沼市観光協会 イベント案内、コシヒカリの美味しい理由・誕生秘話、地酒、織物、レジャー施設・宿泊施設へのリンクなどがあります。

南魚沼市公式ウェブサイト 南魚沼市の紹介、南魚沼観光テレビなど。

南魚沼市・塩沢商工会

博物館・美術館◆

棟方志功アートステーション JR六日町駅舎の中にある美術館。六日町出身の実業家・田中政之氏が収集した美術作品を展示。棟方志功作品は144点。

鈴木牧之記念館 江戸時代ベストセラー作家、商人で「北越雪譜」の著者・鈴木牧之の遺墨や著書を展示している。

南魚沼市立今泉博物館 パプアニューギニアの民族資料の収蔵数日本一を誇る博物館

地場産業・観光施設◆

高千代酒造 

◆写真あり◆

f:id:obii:20070722122810j:image

上越国際スキー場 スケールの大きなスキー場。夏はプールなどプレイランドとしてオープン中。ホテルグリーンプラザ上越もある。市内には他にもスキー場が点在している。






f:id:obii:20070722101800j:image

ジェラート工房「ヤミー」 手作りジェラートの店。季節限定のジェラートもあり。

f:id:obii:20070722141045j:image

塩沢つむぎ記念館 伝統的工芸品に指定されている「塩沢紬」。奈良正倉院から織物が見つかり1250年前から魚沼地方で麻布が確認されている伝統を持つ。織物体験も出来る。

f:id:obii:20070722111631j:image

八海山ロープウェー 山岳信仰の山としても知られる八海山は夏は登山、ハイキングマウンテンバイクが楽しめる。冬はスキー場になる。

f:id:obii:20070722135915j:image

結芽問屋(ゆめとんや) 塩沢でなければ手に入らない食べ物、工芸品が展示されているコミュニティスペース。

NPO法人南魚沼もてなしの郷の拠点。

f:id:obii:20070722135121j:image

巻機かぐら南蛮みそ 女性グループが地元の名産「かぐらなんばん」を使った無添加の食品。ご飯にのせて食べると辛くて美味しい。

2007-07-26

イノベーション合宿@新潟「地域活性化合宿in南魚沼」

| 06:30 | イノベーション合宿@新潟「地域活性化合宿in南魚沼」 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(OBII)では、8月18・19日にイノベーション合宿@新潟 「地域活性化合宿in南魚沼」(協力、NPO法人・南魚沼もてなしの郷)を行います。

イノベーション合宿@新潟地域活性化合宿in南魚沼」

趣旨

バブル崩壊による「リゾート」ブームの終焉、若年人口の流出、インフラ整備によるストロー現象などにより、地方の観光地は基礎体力が著しく低下しています。特に新潟県は、「田中角栄的政治」の衰退による公共事業削減の影響を大きく受け、産業基盤が弱体化しています。加えてここ数年、中越地震、集中豪雨、豪雪といった大規模災害が立て続けに発生し、地域の体力が大きく奪われました。この企画を進めている間にも、追い討ちをかけるように中越沖地震が発生。原発トラブルもあいまって、風評被害により4万件以上の宿泊キャンセルが発生しています。

f:id:obii:20070722122810j:image

同地域のNPO法人南魚沼もてなしの郷と連携し、観光客としての視点と様々なノウハウを持つ皆さんと地元関係者の「出会いの場」を用意。南魚沼地域を活性化するために、参加者個々人の目線から地域の観光資源を見つめ直していただき、新たな「旅物語」(観光プラン)とそのプロモーション方法を策定、提案していただきます。

この試みを通じて、南魚沼地域だけでなく、同じような悩みを抱える全国の観光地を救うべく、みなさんとともにイノベーションを起こしたいと考えています。(写真は南魚沼の観光資源のひとつ、上越国際スキー場・ホテルグリーンプラザ上越

概要

日時:8月18・19日
場所:新潟県南魚沼市周辺
協力:NPO法人・南魚沼もてなしの郷
宿泊:「ラ・ファミーユ中角」新潟県南魚沼市石打)
参加費:1万円前後(1泊3食付き、交通費除く)
対象者:地域活性化に関心があるビジネスパーソン、プロモーション・イベント立案・ウェブ構築などの経験者、行政担当者、観光(グリーンツーリズムなど)・旅行代理店・宿泊施設などの企業、NPO・NGO、大学教員、シンクタンク研究員、大学生・大学院生など
参加条件:特にありませんが、ディスカッションに積極的に加わり、具体的な問題解決策を提示できる方。

f:id:obii:20070722151706j:image

宿泊会場となる「ラ・ファミーユ中角」。石内丸山スキー場のゲレンデ横に立地しています。

申し込み

FPNの予約フォームからお願いします。

問い合わせ

メールにてお気軽にお問い合わせください。

スケジュール

18日11:45 JR越後湯沢駅、待合室集合

オリエンテーション、観光地の見学、野菜収穫体験などフィールドワーク、グループでのディスカッションプレゼンテーション

19日18:00 JR越後湯沢駅解散

18日の夕食、19日の朝食・昼食は用意します。現地での移動は、OBIIで用意しています。集合時間、解散時間が調整できない場合は、申し込み時にご連絡ください。

f:id:obii:20070722162232j:image

集合場所のJR越後湯沢駅待合室(参考・駅構内図

18日の集合に便利な列車

東京越後湯沢 上越新幹線 Maxとき317号(東京発10:12→越後湯沢11:30着)
新潟越後湯沢 上越新幹線 Maxとき358号(新潟発10:51→越後湯沢11:37着)
福井・金沢方面→越後湯沢 ほくほく線 特急はくたか5号(福井7:28・金沢8:19・富山8:55→越後湯沢10:52着)


【参考】第1回イノベーション合宿の模様が、ITメディアのBiz.IDで「2つの合宿・OBII編」として紹介されています。あわせてご覧ください。



今後のOBIIのイベント予定

8月7日、OBIIミーティング@奈良創発ワークショップ:研究開発型ベンチャービジネス検討」(奈良先端科学技術大学院大学とのコラボレーション、一般の方も参加できます)