Hatena::ブログ(Diary)

OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート

2007-01-05

OBIIとは

| 19:32 | OBIIとは - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(Otemachi Business Innovation Institute:略称OBII)とは、ウェブの発達や社会構造の変化を日々感じ、危機感を共有した20代、30代の若手ビジネスパーソン有志によって結成された研究会です。

◆OBIIとは

◆OBIIのビジョン
f:id:obii:20100101105601j:image

OBII設立趣旨」も併せてご覧ください。

◆活動と2008年のスケジュール

◆これまでの活動

◆運営

OBIIは東京及び京都で活動しております。東京ノザキシュウゴ永瀧 和貴、Sam Karo藤代 裕之、クワタナオノリ、金子浩一 の6人のサラリーマンによって運営されています。 →運営チーム詳細プロフィールはこちら

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらのメールから

2007-01-04

OBII運営チーム詳細プロフィール

| 21:38 | OBII運営チーム詳細プロフィール - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(Otemachi Business Innovation Institute:略称OBII)を運営者の詳細プロフィールです。

ノザキシュウゴ
成蹊大学経済学部卒業後、大手通信会社に入社。法人営業部門にて企画担当に配属の後、製作スタジオの運営、映像プロデュース全般の業務経験を経て、デジタルコンテンツ制作代行ビジネスの立ち上げに従事。主にeコマース分野のコンサルティングプランニング業務で実績をあげる。
現在は同社にて特殊案件、特命プロジェクト、プロジェクト管理、システムエンジニアリング業務、ASPビジネス等ICT分野における実務を行う傍ら、新ビジネスの開発に注力。大手ファッション専門学校にてネットビジネス分野、ブランドマネージメント関連の講義をはじめ講演多数。

ブログ[NOZAKI.COM] - edge of the future -


永瀧 和貴
慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学在学中、ネット広告ベンチャーにて、モバイル向けメーリングリストサービス、携帯懸賞サイトなどを企画運営。また国内最大の自動車専門サイトにて、編集、記事執筆を行う。
新潟日報社入社後、編集局整理部にて新聞編集•制作業務に従事。支局異動後は、平成の大合併やリゾート地の再生、公営事業民営化などの取材に取り組む。
同社を円満退社の後、アクセンチュア株式会社戦略グループに参画し、公営法人コンサルティング案件などを担当。

ブログunder someone’s (very) nose

Sam Karo
東京大学工学系大学院修了後、大手通信会社の研究開発部門に入社。日本のインターネット創生期からアプリケーション開発を行い、日本で最初の総合TV番組表Webサイトの立ち上げに始まり、Web視聴率調査システム、EC商品推薦システムなどの開発など、継続してインターネットサービスを創出。その後、米国MITのビジネスクールで、技術経営(MOT)、イノベーションアントレプレナーシップを学び、修了。その後同社で研究開発マネージメントに携わりながら、技術経営・イノベーションに関する講演や委員を行っている。

ブログsam-karoのビジネスイノベーション探求

藤代 裕之
広島大学文学部哲学科卒業、立教大学21世紀社会デザイン研究科修了。徳島新聞社で社会部で司法・警察、地方部で地方自治などを取材。文化部では、中高生向け紙面のリニューアルを担当し「若者の新聞離れ」対策に取り組む。徳島大学付属病院医療情報部助手を経て、NTTレゾナントマイネット・ジャパンアドバイザー北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)サイエンスライティング担当。
共著・編著に「ブログ・ジャーナリズム」(野良舎)、「メディア・イノベーションの衝撃-爆発するパーソナルコンテンツと溶解する新聞型ビジネス」(日本評論社)など。

ブログガ島通信

クワタナオノリ
北海道大学法学部卒業後、国内最大手電機会社に就職。メインフレームスパコン用独自UNIX OSの開発部門で修業し、海外UNIXビジネスの技術サポートを担当。95年秋、社内公募一期生としてWebマガジンテレパーク」編集部に異動し、オリジナルコンテンツの企画・制作、メルマガ執筆、生中継等を実現。99年春、経営企画室に異動。プロダクトビジネスの再構築、ネットビジネスISPベンチャー)の新展開に参画。現在、グローバル戦略部門に所属し、戦略ペーパー作成、インテリジェンス分析等の職務に従事中。

ブログアクセス・ザ・ユニバース

金子浩一
東京都生まれ。東海大学大学院電気工学専攻を卒業後、大手通信会社に入社。伝送、交換等のコアネットワークの設計に従事中。

ブログViolet Things

2006-12-28

OBII設立趣旨

| 22:15 | OBII設立趣旨 - OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート を含むブックマーク

大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(Otemachi Business Innovation Institute:略称OBII)設立趣旨

情報通信技術(Infomation and Communication Technology)の急速な進化、普及により、ビジネスをはじめとした社会が大きく変わりつつあります。知識社会、ニューエコノミーWeb2.0−。さまざまな言葉で語られる私たちを取り巻く環境の変化は、製造業から、通信・メディア金融業まであらゆる分野に影響を及ぼし、これまで存在した「業界の壁」、そして国境までをも意味のないものにしようとしています。

このような変化は、多くのビジネスパーソンにとって活躍の好機をもたらすと同時に、日々の変化を的確に捉え、新たなアイデアを生み出すことを困難にしているともいえます。

大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(Otemachi Business Innovation Institute:略称Obii)は、このような変化を日々感じ、危機感を共有した20代、30代の若手ビジネスパーソン有志6人によって結成された研究会です。

カンファレンス提言活動などを通じて、社会の変化がこれからの経営戦略、経営組織などに与える影響や変化の時代に生きる政府、企業、そしてビジネスパーソンのあるべき姿について、楽しく、前向きに考えて行きたいと考えています。

大手町ビジネスイノベーションインスティテュートが意識、感度の高いビジネスパーソンが自らの力を磨くことができる場、またビジネスパーソン研究者、ビジネスを志す学生の交流の場となれば幸いです。

2006年12月28日・大手町にて