へれもこそ

2007-09-23

[] Jリーグ第26節 横浜FM vs 浦和レッズ 感想

いまの気持ちを言葉にするなら、ノンタンおねしょでション!……かな?

というわけで、今日の試合の構図をひと言で言うと、「オールコートの猟犬プレスでがむしゃらに先制点を狙いに来た横浜FM」と「過密日程の中での苦渋の決断として省エネサッカーを我慢強くまっとうした浦和」といった図式だったように思う。2位のガンバに価値点差4をつけて単独首位に立つ浦和だが、Jリーグと平行して行われるACLの過密日程にかなりお疲れ気味といった態で、浦和ファンとしてはいつお漏らししてもおかしくないような試合展開だった。

今日の横浜は、相手のプレッシャーがさほど厳しくないことから、最近の好調を支える鬼プレスを基盤に押し込みまくる展開。「インターセプトした人がそのまま攻撃参加する」という前方への人数のかけかたや、キレキレの動きで中盤を好き放題に動き回るマルケス&清水範久、両サイドの数的優位の作りかた……幸いなことに今日は山瀬功治がサスペンションだから助かったけど、前線中央で仕事ができる彼がいたら果たして何ゴール入っていたか分からないというぐらいの怒涛の蹂躪劇を展開してみせた。

対する浦和は、過密日程の対処法として、高い位置では勝負ディフェンスを仕掛けずに(もちろんコースを切ったりディレイしたりはするけど)、基本的にはボール奪取ゾーンを自陣ゴール前に設定してカウンターを狙うという省エネ型のゲームプランだったのだと思う。自分たちのディフェンス力に対する絶対的な自信というバックボーンはあるにせよ、焦れずにあんな戦略を完遂できちゃうのだから、その精神力には呆れるばかり。大人のサッカーにも程がある。感服しました。

さてそんな試合は60分を過ぎたあたりから横浜の運動量がガクリと低下する。そりゃあれだけ飛ばしてればなあ。そして、あの戦いかたであの時間まで得点ができないと試合の趨勢はほぼ決してしまうのがサッカーというものなのですよね。そんなわけで、試合は65分に挙げた永井の1ゴールを以って決着。4日後の全北現代戦を前に田中達也を温存できたことといい、浦和的には隅から隅まで計画通りに消化できたゲームだったことでしょう。

2007-09-22

[] 花と蛇

先日暴走をはじめたパソコンの件。とある条件の下で<無変換キー>を押してやると暴走を制御できることが分かったのですが、手で押さえっぱなしだと他操作がやりづらいことこの上ない。(ちなみにちょっとでもキーから手を離すと再び暴走を開始する)

なので現在は、消しゴムで無変換キーを押さえつけた状態で、パソコンごと縛りあげて対処しております。


f:id:oblivious:20070921225357j:image


ノートPCと言えば一応ハイテク機器なわけだけど、なんか、のび太のママが壊れた家電製品をごまかして使うようなノリを感じる。濃厚に香る昭和の臭い。


2007-09-11

oblivious2007-09-11

[] 好き好きシャーツ

おはようございます。本日は2007年9月10日月曜日です。ここL.A.は、はっきりとした青空が広がり、はっきりと太陽が輝いており、上空にはゆるやかな風が吹いています。気温は68度です。

http://jp.youtube.com/watch?v=OxT-pIE9qzo

失礼ながら先週この日記で、リンチがいつも白シャツを着ているのを揶揄させていただいた。そのせいでもないと思うのだけれど、本日のリンチは、いつもの白シャツの胸元を黒いシミだらけに汚しての登場。

誰がそんなこと頼んだ。

2007-09-07

oblivious2007-09-07

[] おいちょっとみんな聞いてくれ。今までクラスの人気者だった伊勢ですが、今回、家庭の事情でアニメ化されることになりました。


昨日、「お天気レポートのリンチはCGキャラなのかも」などと冗談で書いたのだけれども、本日付のレポートを見たら、本当に2次元化していてびっくりした。やはり近い内にアイマスの曲とか踊りはじめるに違いない。

http://jp.youtube.com/watch?v=jqmS8Xdi3nM

2007-09-06

oblivious2007-09-06

[] Voicaloid

おはようございます。本日は2007年9月5日水曜日です。ここL.A.は、高気圧が去って広大な青空が広がり、黄金の太陽に恵まれ、爽やかな風が吹いています。気温は77度です。

今日もいつもと同じような、ごくごく普通のお天気レポート。衣装もいつもの白シャツ姿。判で押したかのような、テンプレ通りの見慣れた光景。

思うのだけど、もしかしたらこれは、いま流行りのボーカロイドの一種なのかもしれない。日にちや気温などの数値をパラメーター入力してやるとデヴィッド・リンチのCGが喋りだす仕掛けなのだ。

たぶん近々アニソンとか歌いだすと思う。

2007-09-04

[] Rockabye Baby!

今日面白かったもの。Rockabye Baby! というアメリカのオルゴール音楽専門レーベル。

日本人的には、ポピュラー音楽のオルゴール化と聞くと観光地でよく売っているディズニージブリもものオルゴールみたいなメルヘンティックなブツを思い浮かべがちだけど、件のレーベルのラインナップはかなり濃いぃ。ビートルズストーンズ、ツェペリンなどのスタンダードを並べて「小児向けのオルゴール音楽」という建前を保ってはいるものの、同時にスマパンThe CureラモーンズメタリカTOOLなどを並べているところに隠しきれない悪意を感じる。いや違うな。サイトのトップページにアクセスするとまず最初に流れるのがレディヘのアレという時点でハナッから隠す気ゼロだ。むしろ「いっぺん、自殺してみる?」ぐらいの勢いかもしれない。

これを買った家庭では、 U2 の "Sunday Bloody Sunday"*1をBGMに、ママが夜伽にアイルランド紛争にまつわる血なまぐさい思い出話を聞かせたりするのだろうか。メタリカの "Enter The Sandman"*2 を枕元でかけた夜には、子供は安らかに眠るどころか、「真っ暗な寝室のクローゼットを破っていますぐ怪物が飛び出してくる?」「ピカピカのレインコートに大きな包丁を握りしめて、フランク・トッドがやって来る!」みたいな恐慌に駆られること必至だと思った。

気に入ったので、月末に7歳の誕生日を迎える親戚の子に1枚贈ろうと思う。

2007-03-08

[][] 雑記

今日はまったくと言っていいほど何もしていない一日だった。せめて日記を書き残すぐらいしないと人間としてあまりにひどすぎるので無理矢理何か書くことにするです。えーっと今日聴いた音楽は The Baker Brothers 。3ピースの編成ながら、別働隊のホーンセクションを交えて爆音を鳴らすジャズファンクのバンド。自分としてはSouliveっぽいのを期待してたんだけど、かなりロック的なリズムに対する執着が強い感じで、個人的にはもっとジャズジャズしいものを期待していたゆえにアテが外れてしまって残念の巻。ところで今 Youtube で The Baker Brothers Band を検索してみたら、へべれけになりながら"Born to Run" や "Just A Gigolo" を歌っている同名の場末バンドが大量ヒットしたのでゲルルンジュース吹いた。

あと今日ショックだったこと。えーっと、今西進化論という概念が高校の教科書に載るようなレベルで世に定着しているという話を聞いたこと。恥晒しを覚悟で告白すると、今西錦司の名前を聞くのすら今日が初めてだったりします。時代時代で研究レベルには差異があるのだから、受ける教育にも差が出るのは仕方ないとは言え、なんというか猛烈に切なくなった。ダーウィン進化論には賛否があることは知りつつも、「種単独」の「自然淘汰」的な「無方向の変異」という進化のイメージって、どうしようもなく身に染み付いちゃってるんだよなあ。生物の話に限らず、日常に至るところにそういう発想が根を張ってしまっている気がする。たぶん自分と同世代にはそういう人が多いんじゃないだろうか。ああ、どうして今まで誰も教えてくれなかったんだこんな大事なこと!と悪態を突きたくもなるのだけれど、たぶん、新聞などには載ったことはあるんだろうから、己の浅学を呪うしかないなー。文系だから、とか言い訳してる場合じゃない。

まあ生物の進化に関して言えば、細分化されたいろいろな立場があって、世の中の見解が統一されているわけでもないし、そもそも創造論が有力に支持されている国もあるぐらいだから、別に棲み分け理論を知らなくったって人生の大枠に支障はなんだろうけど(進化論に関して言えば)。でもなあ。やっぱり無知まま判断を下してしまっている状態っていうのは恐いよなあ。そういう意味で、世代間の知識格差というか思考回路が時代遅れになってる的な哀しさを感じた一件でありました。やっぱりいくつになっても自ら進んで勉強していかないとイカンですね。いろいろと。でないと、いつか大事なものを取りこぼす。

ちなみに現在の私の立場を表明しておくと、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教を支持させていただきたい所存であります。

earmearm 2007/03/11 01:30 >もっとジャズジャズしいもの
Eddie Robertsはどうでしょうか。
http://listen.jp/store/artist_1173545.htm

obliviousoblivious 2007/09/04 23:25 おおこれはかなり僕の聴きたいものに近いですね。金が溜まったら買うことにしよう。というか買う金ください。

2007-03-06

[] 今日読んだ漫画 - 山名沢湖つぶらら (1) (アクションコミックス)』 感想

自己表現が下手なのがなぜか幸いして、クラスでは寡黙なクールビューティーとして一目置かれているものの、その実体は女の子アイドルの熱狂的オタという女子高生が主人公。本人は猫まっしぐら的にアイドルのことだけを考えて突っ走っているのに、なぜか周囲には好意的に勘違いされて勝手に成り上がっていくのがおかしい。雨の降りしきる中、なぜかクラス総出で『無敵よ恋の応援団』を踊ることになる場面での、クラスメイトたちのとびきりの笑顔は青春の誤った輝きに満ちている。そして、ラジオを回転イスに乗せてアンテナ感度の良い方角へ微調整する必死さに、元AMラジオおたくとして泣いた。

この手の作品って、ある日何かを契機として今まで見えていなかった「日常」が目に映るようになってくるという展開がまあ定石で、その開眼っぷりがもどかしかったりカタルシスになったりするものだけど、この作品の場合はなんだか奇妙な按配でそれに気づかなかったり気づきそうになったりするので、そのさじ加減がたまらないと思った。マゾ的な意味で。

現在のドタバタっぷりから、どのタイミングで主人公は地に足をつけるようになるのだろう。その折には、周囲とのコンフリクトの顕在化とか、あるいは自己承認だの何だのと、着地の摩擦熱で火だるま!的な通過儀礼が待っているんだろうか。それとも巨大な光の束がドーンと音を立てて目の中に飛び込んでくるかのような衝撃と歓喜(見える!見えるわ!)が訪れるのだろうのか。どの方向に進むにしても、この作品の場合一筋縄では行かなそうな雰囲気で、そこがたまらないと思った。マゾ的な意味で。

ところでこの作品。このデッサンの不安定さは果たしてどういうことですか。輪郭線などを見てみると、ペンの走りは荒いものの、幾重にも線を重ねているのが分かる。ここで線の軌道が修正されないということは、つまりこの歪みは意図的な歪みということ。しかしどうもその意図がまだ汲み取れない。とりあえず「小中学生向け少女漫画系 meets おたく系(電撃とかガムとかブレイドとかあっち側)」みたいな独特の浮遊感は感じるのだけれど。浮遊感。読み解く鍵はその辺りか。

2007-03-05

[] がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第09話 感想

自分は正直、学園祭が実施されなくても別にいいんじゃないかって気がしてる。

生徒会の面々がいま体験しているこのプロセス(七転八倒する一方で、これまで積極的に参加してこなかった桃葉の心はしっかりと掴みかけていたりする)そのものがまさにワクワクキラキラなのではないか。トモダチがナカマへと進化するための熱は、まさに今この瞬間に宿っている。だから、実際に全校生徒(の7割)の心を掴むことができるかどうかという「結果」は、あくまでオマケでいいんじゃないか。

…ってなことを次回は書こう、って先週の感想をアップした直後に考えていたのだけれど、今回のエピソードで園長&シモジに言い尽くされちゃいました。たはー

それにしても、現在進行形のワクワクキラキラに心動かされている桃葉のような人間がいたことが判明する一方で、むつきのように心揺らいでいる奴もいた…という人物配置のバランスは絶妙だなあ。あれだけ頑張っている生徒会の内部でさえ必ずしも一枚岩じゃないというのがドライで良い。前回の感想でも書いた、「君と僕とはお互いを分かり合うことはできない」「でもせめて喜びを分かり合うことなら可能かも」という、ある意味とてもキツいテーマが、優しく描かれていると感じる。

2007-03-04

[] 今日読んだ本 『「性愛」格差論―萌えとモテの間で (中公新書ラクレ)』 感想

斎藤環酒井順子に懇々と講義するの巻。地元図書館のリサイクル図書(テイクアウトフリー)の棚に並んでたのでつい魔が差して手にとってしまった。読みやすかったので2時間弱で読了できた。いろいろと突っ込んでみたい話はあるんだけど、非モテ論壇に足を踏み入れるパワーがあるわけでもないので感想をメモするに留めます。(例によってものすごく観念的な書きかたになる予感!)

「性愛」格差論―萌えとモテの間で (中公新書ラクレ)

「性愛」格差論―萌えとモテの間で (中公新書ラクレ)

「格差」という言葉は近年頻繁に語られるキーワードだけれど、評価軸自体が以前より増えている(&可視化している)という事実は常に念頭に置いておかねばならないなーと本著を読みながら改めて思った。「恋愛経験は豊富です」でも「年収1500万」でも「スポーツが得意」でも「ホッテントリ500user」でも「同人界では有名人」でも何でもいいんだけど、とにかくどのフェイズの評価軸に重きを置くかは個人個人で違うのだし、それぞれが複数のフェイズを抱えているものだし、総合評価はそれらの総体で決まるのだから、あまり個別の軸だけを抜き出してランクの高い低いを語っても意味はない。

例えば映画を観た後に友人と「あそこが面白かったねー」みたいな感想を述べあっている最中、突如知らない人が割り込んできて「君ら、もちろんゴダールや小津は押さえてるんだろうね?でなければ素人が映画を語るもんじゃない」みたいにツッコまれたとしたら、「いやいや別に自分の中で映画ってそれほどの位置づけのモノでもないですし」と戸惑うしかないであろう。ここで「嗚呼、自分ってばなんて映画オンチなの!」と絶望する人は少ないはず。つまり、映画オタ的な視線(映画オタ的評価フェイズ)が、ここでは無効なわけである。

で、ここで急に生きかた考察みたくなるのだが。他者の視線に晒されたときに、あるいは自己承認をする上で、「あらゆる圧力をトコトン無効化していく」というのはひとつの戦略としてアリだよなーなどと思ったりするんである。

文中で直接語られることはないけれど、本著で言う「性愛」とは、恐らく字面通りの性行為的なものではなく、もっと広範囲のものを対象とした愛情や情動のような概念を指している。そのような意味での「性愛」に駆動されて、おたくや腐女子が外圧を無効化しているのを見るにつけ、敵のフィールド(例;恋愛資本主義的な価値観の世界)で戦うのではなく、勝利条件を自分で好きなように設定してしまうというやり方での勝利…こういう渡世術も、ひとつ戦略としてアリかと思ったりするんである。

でもなあ、それは幸福なケースだということもまた事実なんだよなあ。確かにおたくとして動物化するところまで踏み込めちゃえばいいんだろうけど、自分のように、愛情の持って行き場がない・性(さが)の突き上げのない人間だってたくさんいるわけで。そういった「性愛」を持ち合わせていないタイプは、すなわち強大な権威を無効化する武器がないということだから、結局は世に言われる2大権威(恋愛とカネ)がプレッシャーとしてかかり続けるわけです。どの方角を向いても視界に映りこんでくるような感じ。さて、これをどうしたら良いのやら。(理屈としては「愛情を注ぐ対象を見つけろ」って話になるんでしょう。それはそれでがんばりますがー)

まずは、このベタな権威に押し潰されないよう「どんな強大な圧力だって実はその気になれば簡単に無効化できる」と自分に言い聞かせておくことが必要なんだろうな。どんな権威であれ、それが張子の虎であることが分かっていれば気を楽に持てるから。
かと言って「あらゆるフェイズの無効化可能性」を突き詰めすぎると、自己承認の論拠まで崩せちゃうってことになるので、それはそれで危険だったりする罠。まあつまり何事もほどほどにってことか。あーなんて尻すぼみな終わりかた。*1

*1:本当は格差論の意味って?みたいな話を書こうと思ってたのにおよそ想定外のところに着地してしまった。行き当たりばったりにも程がある。もうちょっと考えて整理してから書いたほうがいいなと今日は反省です

2007-03-03

[] いろいろとダルいから懐古でも垂れ流してみるか

自分が初めてインターネットに触れたのは1997年のことだった。モジュラーケーブルを自宅の電話機から引き抜いてセガサターンモデムに付け替えるという非常にもっさりしたアクセス方法だった。インターネッツというものがよく分からない・周りにインターネッツを利用している人間は皆無・誰も頼れる人がいないという環境で、サターンモデムに同梱されていた何枚もの CD-ROM をセットしては、すべての質問ダイアローグに対して闇雲に「 Yes > Yes > Yes > Yes 」と答え続けた結果、4社のプロバイダと契約するはめになったんだっけ。通信料と電話代でひと月7万円の請求とか来たのも今となっては良い思い出。そう思わなきゃやってられません。「みかか代が!」は、僕らの世代の合言葉。「そろそろ朝8時になるから落ちまーす」とかね。22時59分42秒からガーピー音を聴きながらアクセスし始めてテレホタイム開始ジャストに接続成功させるテクニックって何て言うんだっけ?
いやそんなのはどうでもいいんだった。話が逸れたので元に戻します。

当時、自分がわけも分からないまま契約していた通信業者の中に、いまとなっては懐かしいパソコン通信の NIFTY SERVE があった。 素人がものすごいスピードで意見を発信し、交換する、その目新しさと濃密さにぼくもたちまち釘付けになったものだ。*1
特に印象深いのはサッカーに関係したフォーラム。そこでは群を抜いて熱のこもった議論や情報交換が展開されており、1998 年秋に横浜フリューゲルスの解散の危機が明らかになって以降は、サポーターによる解散阻止運動の模様をリアルタイムに近い形で報告する場になっていたし、市民クラブ・横浜 FC 設立に至るまでの、設立規約作りから役員の選出といった詰めた議論がフォーラム上で展開されることもあった。

ひとつのクラブの消滅、そして新しいクラブが生まれる瞬間の、いまとなっては夢のようにさえ思える「うねり」や「熱」のようなものがそこにはあった気がする。(当時はとにかく「なんとかしなきゃ」という悲壮な思いだけで、無我夢中で、ドタバタしてて、ロマンティシズムなんて欠片も漂っていなかったけど)

自分は J 創設前から浦和ひと筋の人間ではあったのだけれども、フリューゲルスの件には一サッカーファンとして大変なショックを受けたので、微力ながら横浜 FC のソシオ制度(ソシオ・フリエスタだっけ?)に参加させていただいたりもした。それだけに、今日 J1 の舞台にフリエが「戻ってきた」ことは非常に感慨深いものがあります。*2 この 9 年の間、市民クラブならではの様々な紆余曲折を経てはきたものの、今年こうやって J の舞台に帰ってこれたことを自分も非常に嬉しい。ので、遅ればせながら改めてお祝いの言葉をはてなの片隅から呟いてみるテストです。お帰りなさい。そしてようこそ、J1 へ。

[] Jリーグ第01節 浦和レッドダイヤモンズ vs 横浜FC @埼玉スタジアム2002

本日も壮観でした。

試合内容のほうは、なんというか悪いときのポルトガルを見ているような感じというか。個人プレーがぶつ切りに積み重なっているだけの90分だった。でも、コンディションがこれだけ悪い状態で試合内容を分析することは間違ってるのなのかもしれない。新監督の戦術浸透度とか個々の連携の錬度という要素もあるし。
ボールポゼッションを高めることを目標にしている割にはフリーランが少なくて足元にばかり欲しがるのも、守備がグループではなくボール周辺の2人ぐらいでの力技で奪取してる感じなのもみーんな、身体が重かったり守備に後ろ髪を引かれて持ち場を崩してのリスクチャレンジに踏み切れないのが原因。コンディションが上がって、守備が安定してくれば、リスクを伴う仕掛けにも衒いなくチャレンジできるようになるはず。何も心配ありません。だいじょうぶ。だいじょうぶマイフレンド!(及生チンの顔マネをしながら)

ただそんな中でも個人に言及できる部分はあるので少々感想をメモしとくよ。

続きを読む

*1:ROM専だったけど。なぜなら文字入力は、コントロールパッドでモニタ上のマウスポインタを操作してモニタ上の仮想キーボードを押していく形。ちょうめんどくさかったから

*2:もちろん横浜FマリノスのFも尊重しています