Hatena::ブログ(Diary)

OBS ニュース

2011-07-11

74歳の経営管理修士誕生


 2011年3月にOBSを修了された6期生の山田正氏が、金融総合専門紙「ニッキン」において、本学を修了しMBAホルダーとなられたことが紹介されました。以下に記事の内容をご紹介します。


74歳の経営管理修士誕生―札幌信金の山田理事相談役―

f:id:obs_news:20110711101711p:image:small:right

○…74歳にして経営管理修士に――。札幌信用金庫(吉本淳一理事長)の山田正・元会長(現理事相談役)がさる3月18日、小樽商科大学大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻課程を修了。見事、経営管理修士になった。

○…08年6月に会長を退いたあと一念発起。09年4月に小樽商科大学ビジネススクール(専門職大学院)に入学。50年ぶりの学生生活を開始。長年、金融の実務に携わってきた経験を生かしながら2年間、若い学生に交じり皆勤賞で「起業家精神論」を学んだ。

○…山田相談役は、「高齢者の勉学に対する熱意を受け入れてくれた大学と支援してくれた皆さんに感謝。後に続く人が増えれば」と期待。今後は、さっしん地域金融センターのアドバイザーとして「少しでも社会に貢献できれば幸い」と、ますます意気軒高。

(出典:日本金融通信社『ニッキン』, 2011/05/20, 9ページ)


 OBSには毎年、学部から進学する20代前半から組織で枢要な地位に就く世代まで、非常に幅広い年齢層や職位の方々が入学されます。様々な職務において役立つ理論を学べるだけではなく、現役学生、若手・中堅、管理職、経営者など、バックグラウンドも志望動機も多種多様なメンバーと、対等に議論を戦わせる貴重な場でもあるのです。

 実際にどのような雰囲気なんだろう?とご興味をもたれた方は、ぜひオープンクラスや入試説明会に足を運んでみてください。


f:id:obs_news:20110711095113j:image

【6期生の皆さん,大学院講義棟前にて】