Hatena::ブログ(Diary)

rascal2009の日記

2016-02-29

小説の匠

マイクル・コナリーの『証言拒否 リンカーン弁護士』を読みました。

その物語の素晴らしさ、完成度の高さをあらためて説くのも野暮。読めばわかるさ。

この作品のなかで、ハラーは自分がどのような人間でありたいかを自覚します。元妻と娘が誇りに思えるような元夫、父親でありたい。

依頼人は嘘をつく。このテーゼは、ハラーの弁護の土台です。この作品でも、依頼人が実際に犯行を行ったかということに重きを置きません。技術を駆使もすれば、罠も仕掛ける。そうして得る勝利の苦み。

このハラーの捩じれが、起伏に富んだ二転三転する展開を、さらに陰影のあるものにします。

感想なんて書けません。面白かった。それだけです。

紳士

レイモンド・チャンドラーの『プレイバック』のセリフ。

「If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.」

言葉やニュアンスを変えて、たくさんの人が語っていますが、アナタなら、どう訳しますか?

“いまの”わたしは、こう理解しています。

人生は、強くあらねば生き抜けない。それは、紳士であらねば、価値はない。

紳士とは何かというのは、また別の話。