川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

2016-06-12 【お知らせ】6〜7月と楽士探しと

楽園王『楽屋』

[]【お知らせ】5〜7月

【6月】

 役者として。

 5年前に震災で中止になった作品に、向き合えるありがたさ。

 会場となっているサブテレニアンさんの10周年記念でもあります。

 登場するのは4人の女優。そこは楽屋。舞台ではチェーホフ『かもめ』が上演されている模様。生者と死者が行きあいます。

 うん、そもそも、舞台ってのは世阿弥の昔から、生者と死者が行きあう場。心して、つとめまする。

 

 ご予約、承り中です。

 メール、またはご予約サイト(http://ticket.corich.jp/apply/72248/010/)にて。

☆楽園王『楽屋』☆

 作:清水邦夫

 演出:長堀博士

 出演・大畑麻衣子/岩澤繭/小林奈保子/川島むー(お茶祭り企画)

 劇場:サブテレニアン

    http://www.subterranean.jp/#!access/c1fvs

           東武東上線大山駅北口から徒歩7分。

           都営三田線板橋区役所駅から徒歩3分。

 料金:予約2500円 当日2800円

     学生2200円 学生当日2500円

     ※学生券は要学生証

 6月8日(水)20時

 6月9日(木)20時

 6月10日(金)20時

 6月11日(土)15時

 6月11日(土)19時

 6月12日(日)11時

 6月12日(日)15時

【7月】

 朗読詩人として、ゲスト朗読。

 詩誌にも参加していない、詩集も出していない私にとって、なんとなく縁遠い気がしていた(だから一回しか行った事が無い)ポエケットで、まさかゲストで詩を詠むことになるとは。まだ、ちょっと驚いています。

☆TOKYO ポエケット

 2016年7月10(日)

 会場:江戸東京博物館・会議室

 ゲスト:カニエ・ナハ 川島むー

 7月はもういちょ。

 お茶祭り企画の公演でお世話になっている、あさくさ劇亭さんの夏祭り(7/3〜30)に呼んでいただきました。紙芝居の三橋とらさんと、初めましてのコラボ。新たな出会いを下さった劇亭、遠藤さんに感謝です。

☆「あさくさ劇亭夏祭り」

 7月30日(土)

 場所:あさくさ劇亭

 出演:三橋とら/川島むー

「昼の部」 紙芝居屋とらちゃんとお話むーさんがやって来た

 開演14時

 予約・当日 小・中学生500円 大人1000円

「夜の部」 夏の夜話(紙芝居&お話)

 開場17時30分 開演18時

 予約2000円 当日2500円(小・中学生500円)

[]【お引越しとお願い事】

 私、川島むーは、大阪に戻ることとなりました。

 当然ながら、お茶祭り企画の拠点も大阪に戻ります。

 もともと相方の転勤による関東住まい。いずれ戻る身と思いつつ、思いの外、長くなり、うっかり忘れかけておりましたが、はい、再びの転勤辞令大阪に戻ります。

 とは言え、こちらもすぐには動けぬ身。私の引っ越しは9月あたりになりそうです。

 ほぼ十年ぶりの大阪。浦島気分です。関西の皆様、諸々よろしくお願いいたします。

 関東の皆様、会うなら今のうち〜。

 あ、学童関係者の方でこちらをご覧になった方、子供達にはまだ知らせておりませんので、まだ、しばし内緒でお願いいたします。


 そして、大事な事。宣言と言うか告知と言うかお願いと言うか……。

 大阪方面で、お茶祭り企画に関わってくれる楽士さんを探しております!

 先日の宮沢賢治語り。「毒もみのすきな署長さん」は久しぶりにやった作品。

 もともと『ヨル♪宮沢賢治』の中でやっていたのだが、そう言えば、二代目楽士のさと子さんとはやる機会が無いままだったな。初代楽士の西川ちゃんとやったのと同じ構成で「毒もみ」のところを「クンねずみ」に替えたのが去年の公演だったから。

 で、先日の「なんかやる夜」は楽士無しでのひとり語り。自分で音具を使ってあれこれ試み。

 実は、最後にある動きを入れていたのだが、これ、文章としては書かれていない。ただ、次の瞬間そうなるはず、と言う動き。それを示してくれたのは、初代の西川ちゃん

 ある日の稽古で、最後の一文を読んだ次の瞬間に彼女が入れた音に、「おうっ!」となったのだ。「そ、その音はもしかして?」「はい」と確か彼女は笑顔で応えてくれた。

 そうだよなぁ、そうだよねぇ。ものすごく納得し、その音に応える表情が加わった。

 今回は、その、音が無い。ってことは、自分でやるしかないんだな、と動きをつけた。だから、この動きは、西川ちゃんが付けてくれた、とも言える。

 

 書かれていない部分を想像する作業を一緒にやってくれる楽士さんと最初に出会えたことのありがたさ。

 

 その経験を踏まえたうえで出会った二代目さと子さん。鍵盤以外の音もどんどん持ち込んで、更に賢治の世界を広げてくれた。ライブを重ねている人だからこその遊び心。「ゴーシュ」のオープニング、オケの音合わせのところとか、もう、たまらなく好き。

 うん、だから、とても出会いに恵まれていたのだなぁと改めて感謝の思い。

 その上で、さぁ、次の出会いは?のんびりしている間は無いですな。三代目楽士としてお茶祭りに関わってくれる方を探しております。

松岡永子松岡永子 2016/05/27 08:01 秋から大阪ですか。おかえりなさい。
舞台等、拝見する機会も増えますね。
またお戻りになったらご連絡ください。

チラシ拝見しました。東京には行けませんが…
写真のアンニュイな表情。これは「大女優」でしょうか。

ochamatsuriochamatsuri 2016/05/27 13:36 松岡様、コメントありがとうございます。
うふふ、さて、どの女優役でしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160612

2016-05-27 ご予約はお早めに

[]ご予約はお早めに

f:id:ochamatsuri:20160527132706j:image:medium:left

 このチラシ、好きだなぁ。学童で子供たちに見せにくいのが残念だけど。

 楽園王『楽屋』初日まであと2週間。http://www.rakuenoh.tokyo/1st_SEASON.html

 サブテレニアンは客席がそれほど多くはないので、ご予約を!

 直接メッセージ、メール、またはこちらのご予約サイトにて承ります。

楽園王「サブテレニアン10周年記念月間:清水邦夫『楽屋』」予約ページ(川島むーpc) | 演劇、ミュージカル等のクチコミ・チケット情報ポータル★CoRich 舞台芸術!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160527

2016-05-26 華麗なるママさん

[]|_-))))

 地下改札に向かうため階段を降りようとして、ふと下を見ると、子供が走り込んできた。ピタリと壁に体をくっつけ、来た方をうかがう。

 あ〜、やったな、これ。親とかと歩いているとき、少し先に行って「わっ!」と驚かす。それは、小さな冒険。待つ間のドキドキ。親の姿がなかなか現れないとちょっと不安になる。ふふふ。

 そ〜っと近付いて、すっと側に寄る。

 だ〜って〜、学童の子なんだもん。振り返って私に気付いた時の笑顔がたまらんっ!

 一緒にドキドキしながら隠れさせて貰いました。

「わっ!」

 の後ろから登場してご挨拶。

 と、もう一つの学童の子もたまたま通りかかって「なにやってんの?」。

 うん、今日は、違う世界に飛んでる顔は見られずに済んだな。

[]華麗なるママさん

 稽古場近くにある小さなカレー屋さん。前から気になっていたのだな。

 昨日、30分ほど早く着いたので、行ってみる。

f:id:ochamatsuri:20160525173700j:image:medium:right

f:id:ochamatsuri:20160525172300j:image:medium:right

 手作りで改装した感が溢れる店内。電灯の笠は家にあったのを持ち込んだの〜と笑顔で話す素敵なママさん。お孫さんがいらっしゃるとは思えません。

 テイクアウト専門だが、片隅の小さなテーブルで食べさせていただく。お喋りしながら。お孫さんの写真も見せてもらっちゃいました。可愛いの〜。

f:id:ochamatsuri:20160525172200j:image:medium:left

 すじカレーおからカレーのミックス。

 ご飯は五穀米黒米入りの二種類。迷うな〜と言う前に、半分ずつにする?と。嬉しいな〜。

 おからカレー誕生話には笑ってしまいました。

 これで450円。素敵!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160526

2016-05-25 2週間

[]2週間

 ポエトリースラムW杯がパリで始まっている。

 詩の世界がこんなに豊かに広がっているのだということに、わくわくする。

 大島氏が、日本代表として、しっかり足跡を残してくることを期待。

 さて、こちらはこちらでしっかりと。あと2週間ほどで初日を迎えます、楽園王『楽屋』。

 大阪帰還でしばし東京の舞台とはお別れです。是非、ご覧いただきたいです。面白いもの、お見せいたします。

 ご予約は直接メッセージ、メール、または川島むー予約サイトへ!http://ticket.corich.jp/apply/72248/010/

[]夢見

 寝ようとしたところでぐらっと来たせいか、目が冴えて眠れなくなってしまい、昨日の稽古の行き帰りは、前後不覚で爆睡。よく寝過ごさなかったな。

 と思っていたからか、物凄く寝過ごして、ここはどこ?な夢を見た。

 なぜかとても親切で礼儀正しい高校生が心配してくれたが、偶然知り合いが次の電車から降りてきて(それに乗っていいものか判らず、私はやりすごしたのだな)、これでなんとかなるとホッとし、高校生とは別れ……。

 なぜかそのあと、「なんで少女趣味の男性は性的な方向に行くんだ?女性の場合は、その姿を愛でているだけで十分幸せなのに。ちょっと傍によって、少年がどぎまぎするのを楽しむぐらいよ」

 という訳のわからん議論が展開されるという……私の中に、どういう欲求があるんだ。

 無事に帰れたのかどうかは夢の世界のことなので不明。なぜか議論しながら、場面はジューススタンドになり、それはないだろうと言う取り合わせで作ったジュースが意外においしいぜと皆で(誰だ?誰がいた?)試飲会。

 ん〜。

 ちなみに、寝過ごしておりた駅の名前は

「夏祭り」

 なんだそれは〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160525

2016-05-24 お祝い

[]お祝い

 先日、演出の長堀さんのお誕生日!と言うことで、稽古の際、ケーキでお祝い。拍手〜!

 さ、今日も稽古

f:id:ochamatsuri:20160520190000j:image:medium:right

です。

 http://www.rakuenoh.tokyo/1st_SEASON.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160524

2016-05-23 花盛り

[]花盛り

 青葉若葉の季節の花盛り。

f:id:ochamatsuri:20160505172500j:image:medium:left

f:id:ochamatsuri:20160522162600j:image:medium:left

 近所の植え込みの、今月初めと、最近と。同じ場所とは思えない。

 攻守交替って感じですな。

 そして、子供たちと遊びにくる公園は、緑真っ盛りでもっさもっさしております。その中で美しく咲く白い花。……うん、それは摘まなくていいからね。

f:id:ochamatsuri:20160523165800j:image:medium:right

 ドクダミという名に「毒なの?」となってしまう子供。「毒を抑えるって意味だよ。薬になるのね。だから、ちょっとにおいがきついの」と言っておく。

 そして、毎度のことだが、草笛がうまくできない低学年。親指の間に草を挟む。それだけのことが、私の手元を見ながらでも出来ないのだ。手が、指が、まだまだとっても不器用なのが、なんだか可愛い。

 これがあと二、三年もしたら、折り紙も綺麗に折れるようになって、低学年の子に「そんなのも出来ないの?」とか言い出すんだよな。

[]回数券

 JRさんよ、そんなに嫌なら、回数券やめたら?

 と思ってしまう。

 楽園王の稽古が始まり、池袋通い。久しぶりにJRの回数券を買おうと思ったが、券売機の前に立ったら、あれ?画面のどこにも回数券の表示が無いっ!

 ……あのね、大きく「新幹線指定席」と表示している券売機でしか、在来線の回数券が買えないとは思わないでしょ。いつからそうなったのから知らないが、あまりに表示が不親切。

 戸塚駅の地下改札に至っては、みどりの窓口の中に券売機があって、普通に券売機のところに行ったらオロオロするわ。

 せめて、回数券はこちらで買えますと、判りやすく表示しておいて欲しい。

 不親切と言うより、意地悪って感じがしますよ。

 ……そして当然ながら、新幹線チケットサイズの大きな回数券になるわけで、かさ張ることこの上なし。いやはや。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160523

2016-05-22 女子かい?

[]女子かい?

 期せずして、昨日は二本とも静かに迫ってくる舞台でした。

 実は、あべあゆみ嬢のは、当日のお手伝いでも入っていたのでした。

 開場までの彼女の姿が、ああ、ひとり芝居だとそうなるよねと、我が身を思い出して、つい、微笑んでしまうのでありました。

 微笑む?いや、クスクス笑っておったな。

 初日満員、おめでとう!

f:id:ochamatsuri:20160521175900j:image:medium:left

f:id:ochamatsuri:20160521202900j:image:medium:left

 しあん玄関先に居た蛙さんは、なんとも気になります。

 丸座布団も素敵。

f:id:ochamatsuri:20160521231400j:image:medium:right

 初日打ち上げ、あゆみちゃんと、カメラマンの石澤知絵子さんと、受付の繭ちゃんと4人で。楽しい女子会でした。

 ……女子?

 女子よ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ochamatsuri/20160522
この日記のはてなブックマーク数