octech このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-13 サイズ削減

[]コントロール文字を一括削除する手順 23:33 コントロール文字を一括削除する手順を含むブックマーク

とあるプログラムソースを開いたら、下図のように 「^M」というコントロール文字が入っていた。このプログラムコードには必要ない文字なので、これを削除したい、というときの手順をメモしておきます。

f:id:octech:20071113233048g:image

ポイントは2つ。検索&置換のコマンド入力、と、「^M」という文字を入力する方法です。

C-q を入力すると続いて入力した文字コードをそのまま使えるので「^M」を入力するには、「C-q C-m」と入力すればよいようです。

つまり次のような手順で、文書内のすべての「^M」を削除できます。以下のコマンドは、ミニバッファ内の入力となります。

M-x replace-sting
Replace string: ^M(C-q C-mで入力)
with: (空欄のままEnter)

以上で「^M」を「空欄」に変換、つまり削除することができます。

参考ページ

Connection: close