小田切ロロの日々の葛藤を赤裸々に告白2

2018-07-14

事故現場に遭遇

11:42

さっき近所の信号機のある交差点で事故現場に遭遇。

直接その瞬間というのは見ていないが前のほうから「メンギュ!!!」と聞いたことの無い音がしたので「誰か事故ったの〜?」という感じでその場所に近付いたわけで。

そしたらものの見事に2台の車がぶっ壊れてました。

推定50代のオバサンの運転する車がまあめちゃめちゃに、エアバックまで飛び出してエンジンからは煙も出ている危なさそうな状態。

とりあえず近くの焼肉屋の駐車場に誘導。

もう1台の車もそこそこ壊れているがそこまで酷く(?)は壊れてない、エアバックも出て無いし。

こちらの運転手は若い夫婦、2人の子供連れ。

幸いどちらにもケガはなかったのだが・・・聞いてみるとこの夫婦側の一方的な信号無視だったようで。

一応第3者が介したほうがいいと思って両方の主張を聞いてみたが夫婦側があっさり非を認めてたのでワシは必要は無さそうだった。

一応近くの交番にも伝えて置いたが交番にいたのが警官じゃなくて交番相談員だったのが予想外。

交番相談員なんてのがいるんだ!それはそれで驚いたが。

んで現場にもお巡りさんが集まってきて事故処理を始めてたり。

直接目撃じゃなくてあくまでフォローみたいなことしか出来ないワシはここで退散。

しかしまあ・・・信号無視ってのは怖いもんだ。

ただ・・・わからなくもない、ちょうど太陽が眩しかったりして信号の色見落としていたかも知れないし。

しかしまあ・・・子供2人乗せていての信号無視ってのはちいとも笑えん。

一歩間違えてたら最悪の事態もあったわけだ。

この旦那はもう2度と運転しないぐらいの覚悟を持ってもらいたい。

今日のケガのない事故は未来からの警告と思っておいたほうがいいだろう。

まあ乗らないはいい過ぎとしても今まで以上の安全に運転する覚悟を持ってもらいたいもんだね。最悪の事態が今後待っていてもおかしくないわけだし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/odaroro/20180714/1531536157