odz buffer

2006-09-26

[]coLinuxがlaptop-detectで落ちる件

うは、俺スペル間違えているよ。はずい。しかも適当な記憶にしたがって preinst とかいったら実は postinst だったり。

まぁ、それはそれとして、以前はまって解決したんだけど、はまったことだけ書いていて解決したほうのを書くのを忘れていた自分がいるわけで、ちゃんとアウトプットせないかんなぁと思う次第。

ちなみに自分は

% mv /usr/sbin/laptop-detect{,.org}
% cat > /usr/sbin/laptop-detect
#!/bin/sh
exit 0

% chmod 755 /usr/sbin/laptop-detect

ってな感じでごまかしておいた。

でも、今試したら大丈夫だったりする。なんで? coLinux のバージョンかな?最新でも駄目だったような記憶があるんだけどなぁ。あとは Norton の有無くらいしか思いつかない。

[]いまどきなら UTF-8 じゃね?

回答を見ていると、メモ帳でよいとかあるが……普通CGIってEUCだろ。

finalventの日記 - はてなQより CGIプログラムはどこに書く?

EUCってEUC-KRですか?ってボケはさておき。いまどきにスクリプト言語なら EUC-JP で書くより UTF-8 で書いたほうが得なことのが多いんじゃね?

まぁ、サンデープログラマーな人が使うWebサーバに UTF-8 を扱える処理系が入っているかといえば微妙なところではあるんだけど。

[][]Xangoのサンプルスクリプト

昨日のエントリに軽くブックマークが付いているようなので、サンプルスクリプトをさらしておく。

サンプルの割りに依存ライブラリが多いとか、やたら長いとかはまぁ勘弁。とりあえず Xango::Broker::Push のほうを。

#!/usr/bin/env perl

#sub Xango::DEBUG { 1 }

package MyHandler;

use strict;
use warnings;
use POE;
use Readonly;
use HTML::LinkExtractor;
use Encode;
require Encode::Detect;

Readonly::Scalar my $MAX_DEPTH => 5;
Readonly::Scalar my $MAX_REDIRECT => 5;

sub spawn {
    my $class = shift;
    my $self = bless {}, $class;

    POE::Session->create(
        heap => $self,
        object_states => [
            $self => [ qw(_start _stop apply_policy handle_response) ]
        ]
    );

    return $self;
}

sub _start { $_[KERNEL]->alias_set('handler') }
sub _stop { $_[KERNEL]->alias_remove('handler') }

sub apply_policy {
    my $job = $_[ARG0];

    return $job->uri->host eq 'localhost';
}

sub handle_response {
    my($kernel, $obj, $job) = @_[KERNEL, OBJECT, ARG0];
    my $depth = $job->notes('depth') || 0;
    my $redirect = $job->notes('redirect') || 0;
    my $response = $job->notes('http_response');
    my $content = decode('Detect', $response->content);

    if ($response->code =~ /^30[12]$/) {
        return if $redirect >= $MAX_REDIRECT;
        my $uri = URI->new_abs($response->header('location'), $job->uri);
        my $new_job = Xango::Job->new(uri => $uri, redirect => $redirect + 1);
        $kernel->post('broker', 'enqueue_job', $new_job);
        return;
    }

    return if $depth >= $MAX_DEPTH;
    return unless $response->is_success;

    # do something

    my $base = $job->uri;
    my $lx = HTML::LinkExtractor->new;
    $lx->parse(\$content);
     for my $link (@{$lx->links}) {
         if (defined $link->{href}) {
             my $uri = URI->new_abs($link->{href}, $base);
             next unless $uri->scheme =~ /^https?$/;
             my $new_job = Xango::Job->new(uri => $uri, depth => $depth + 1);
             $kernel->post('broker', 'enqueue_job', $new_job);
         }
     }
}

package main;

use strict;
use warnings;
use POE;
use Xango;
use Xango::Job;
use Xango::Broker::Push;

binmode STDOUT, ':utf8';

my $handler = MyHandler->spawn;
my $broker = Xango::Broker::Push->spawn(
    Alias => 'broker',
    HandlerAlias => 'handler',
    HttpCompArgs => [
        Agent => 'Test Crawler based Xango'
    ]
);
my @jobs = (
    Xango::Job->new(uri => URI->new('http://localhost/'), depth => 0),
);
POE::Kernel->post($broker->alias, 'enqueue_job', $_) for @jobs;
POE::Kernel->run;

実行すると localhost にすごい勢いで容赦ないリクエストが飛ぶ。あと、多分ジョブが投入されなくなってから 30 秒したらプロセスが終了する。

一応、簡単な解説というかメモ。

spawn

POEのセッションを作る。別に spawn でなくてもいい気がするけど慣習っぽいので。

とりあえずここでは object_states でイベント名を Array Reference で指定しているが、他にも packages_states とかinline_states とかあるらしい。そこらへんは POE::Session を参照。

_start, _stop

セッションの開始、終了時に呼ばれるイベントハンドラ。とりあえずエイリアスの設定だけ。

ここで設定するエイリアスは Broker を作るときに指定する HandlerAlias と対応する。

apply_policy

ジョブを処理するかどうかを判定するために呼ばれる。真を返せば処理されるし、偽を返せば処理されない。

ここではホスト部が localhost のものだけ許可。

同期的に呼ばれるので、あまり重い処理を書かないほうが良い。

handle_response

HTTPレスポンスに対する処理を行う。3xx によるリダイレクト処理もここで処理。

$_[ARG0]->notes('http_response') で HTTP::Response のオブジェクトが取得できるので、あとはよしなに。

とりあえず HTML::LinkExtractor つかってリンク抽出して broker に enqueue_job しているだけ。

全体的なメモ

  • いちいち $_[KERNEL] とかやるのがいやなら POE::Sugar::Args がいいらしい
  • キューにジョブを追加したい場合は $kernel->post('broker', 'enqueue_job', $job) として、Broker のセッションにメッセージを Post する
  • URI以外の情報も Xango::Job の生成時に指定しておけば $job->notes で取り出せる

あと、Broker は訪問済みのURLの除去とか、ホスト毎に delay を掛けてジョブの投入といったことは一切やってくれない。なので、実際作るときは Handler から Broker に直接 enqueue_job を Post するんじゃなくて JobManager な感じのセッションにジョブを送って、JobManager で alarm 使って適当なタイミングで Broker に enqueue_job を Post するって感じになるかな、多分。んで、大規模な場合は JobManager は DB つかってジョブ管理するとか。