「輸出インボイス作成」を通じて「エクセルマクロ」入門、修得

 | 

2011-08-23

「貿易実務」と「エクセルマクロ」 (1)


現在、こちらのブログでは、「輸出インボイス作成を通じてエクセルマクロをマスターする」ことをテーマに展開していますが、もちろん貿易実務はインボイス作成だけではありませんね。

「エクセルマクロ」をマスターしてしまえば、貿易関連だけではないのですが、貿易関連だけでも、さまざまな業務に応用できます。

ここで、貿易実務、特に輸出業務ではどんな書類作成業務があるのか、整理してみることにしました。

  • 原価計算(Cost Accounting)

  • 見積書(Price List, Quotation)

  • 契約書(Contract)

  • プロフォーマインボイス(Proforma Invoice)

  • シッピングインストラクション(Shipping Instruction)

  • ケースマーク(Case Mark)

  • インボイス(Invoice)

  • パッキングリスト(Packing List)

  • 原産地証明(Certificate of Origin)

  • 輸出買取依頼書(Application for Negotiation)

  • 為替手形(Draft)

  • メジャーメント、ウエイト計算

  • シッピングアドバイス(Shipping Advice)

  • 各種データ作成

主に考えられる作業としては、だいたい、このような業務でしょうか。

次回ブログで、上記業務と「エクセルマクロ」についてお話しします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

 |