Hatena::ブログ(Diary)

Office SONO blog RSSフィード

2018-04-16

関西女性起業家研究会 第134回月例会のご報告 4月13日

今回は

「作ることの楽しさと感動を!

Hand made tissue case

     〜素敵な小物がバックの中に〜」

と題し

手芸教室 主宰 牧野 睦子 様 に

講演と実践(手芸教室)をお願い致しました。

f:id:office-sono:20180416095212j:image

手芸などは何十年していない、

針を持ってもボタン付けくらい、

したくてもきっかけがないなど

皆さん不安と期待でしたが、大変楽しんで頂き

手作りの喜びや感動を久しぶりに経験したとのことです。

牧野様は刺繍を主に壁掛けなど大きな作品から、身近なものなど

ちょっとしたアイディアで、簡単に誰にでも出来る手芸教室をなさっています。

f:id:office-sono:20180416094716j:image

息子様3人を立派に育て上げられ(そうは見えないとても優しい穏やかな女性でらっしゃいますが)

時間が出来て本格的の刺繍の作品作りや新たなアイディアでのチャレンジ、そして手芸教室

ご活躍なさっていて今後が楽しみな先生です。

日頃、仕事等でどうしても時間も取れずにこのような経験のない私たちでも

1時間くらいで出来るようなティッシュケースを用意頂きました。

f:id:office-sono:20180416095209j:image

優しく柔らかいお言葉でゆったり教えて頂きましたこと、流石だな、と感じました。

作る側に余裕と楽しさ、そしてやれば出来るという気持ちにして下さいました。

また、一人ではなかなか出来ませんが、皆さんと一緒にお話をしながら笑いながら

楽しく出来るのもよかったと思います。

もちろん材料(布とレースのお花のモチーフ、ビーズ)はセットして用意して頂きましたが

白い糸と針だけで、まずは布にレースのお花とビーズを縫い付け、

しかも約30センチくらいまっすぐ縫うだけで出来上がり!嬉しい、やったーです!

手作りの良さここにありで、やはり経験しないとわからないと実感しました。

f:id:office-sono:20180416094719j:image

f:id:office-sono:20180416094721j:image

f:id:office-sono:20180416094725j:image

またバックから広告宣伝入りのティッシュを出すのでは味気ないですが

こんな可愛いケースから出せるのは気持ちの余裕や美しさをも感じます。

子供たちも現役もシニアも、一度チャレンジして下さい。

最先端技術で人が何もやらずに「こと」が済む時代だからこそ

手芸などで作る楽しさ、作った嬉しさを感じ取って欲しいものです。

f:id:office-sono:20180416094707j:image

牧野様、本当に貴重な体験を有難うございました。

皆様もご参加、有難うございました。

関西女性起業家研究会 いしい佳子

2018-03-30

 関西女性起業家研究会第134回 月例会のご案内

    < 第134回 月例会のご案内 >

日 時 : 4月11日(金) 午後6時30分〜午後8時30分

場 所 :Office・苑

京都駅烏丸中央出口東へ徒歩3分 Tel 075-365- 1205

東洞院通り塩小路東入る南側 ステーションコートヤード8F 804号

講演 & 実践「 作ることの楽しさと感動を! Hand made tissue case 〜 素敵な小物がバックの中に 〜」

講演者 : 手芸教室 主宰 牧野 睦子 様

プロフィール : 京都市左京区在住 数年前3人の息子が独立し夫婦2人の生活が始まる。そんな折、以前友人に新築祝いとして刺繍の額をプレゼントしたところ、是非刺繍を教えて欲しいという依頼があり、それを機に自宅にて刺繍メインの手芸教室を始める。

今回は「作ることの楽しさと感動を!Hand made tissue case 〜素敵な小物がバックの中に〜」と題し、手芸教室 主宰 牧野 睦子 様に講演&実践をお願い致しました。物作りは多くの良さがあります。創造力や集中力、また苦労はありますが達成感もあります。今回は何かを感じ取って仕事のプラスにして頂ければと存じます。

牧野様からのメッセージです。「手芸教室を始めた当初は刺繍での作品制作(額やタペストリー)と思っていましたが、現在では各々作りたいものを額やタペストリーだけでなくビーズのアクセサリーや小物など様々です。無心になって集中し時間があっという間に過ぎ、何方も作品が完成すると笑顔でHappyになられます。今回はとても簡単にステッチするだけであっという間に出来るティッシュケースをご紹介します。」とのことです。是非とも皆様のご参加をお待ち致しております。

当日の持物 糸切りバサミ、白の糸、材料費200円

◎尚、当日参加費として2,000円を徴収させて頂きますこと、予めご了承下さいませ。

◎今回の会場はOffice・苑 です。お間違えのないようお願い致します。

◎当方のオフィススペースが狭いため人数が限られます。お早めにお申し込み下さい。

任意団体「関西女性起業家研究会」事務局  Office・苑 京都駅オフィス内

Tel/Fax 075-365-1205

E-mail Office.sono@s2.dion.ne.jp

2018-03-12

関西女性起業家研究会 第133回月例会のご報告 3月9日

f:id:office-sono:20180309190551j:image:w360

今回は

「靴磨きは心磨き!デキ女は足元から!

       〜プロの靴磨きを習ってみよう〜」

と題し

リーガルショップ 契約社員 坂本 真美 様 から

靴へのお気持ちや靴磨きの極意を語って頂き

実践としてプロの靴磨きを習いました。

f:id:office-sono:20180309190523j:image:w360

愛情こめてご主人様の靴を磨き続けて30年!

とても優しくて楽しいお人柄の

坂本様のお話はほのぼのしました。


実際お話を伺って感じたのは

私たちがお肌のお手入れと一緒だということでした。


汚れを落とし、水分で潤いを、油分でツヤを与える。

まさに大事なお肌を美しく長持ちをさせることなのです。


坂本様から教わりました基本の手順をご紹介します。

1.ブラシでほこりや土をを取る

2.クリーナーで汚れや古いクリームを落とす

3.乳化性クリームで栄養を与える

4.ブラシ、クロスの順に磨いてつやを出す。

5.防水スプレーを掛ける

f:id:office-sono:20180309190943j:image:w360

画像では分かりにくいですが

左がお手入れ前、右がお手入れ後で

一目瞭然でぴかぴかの靴になりました。


皆さん驚きと喜び一杯でした!

これまでの靴が見違えるように、

いえ生き返ったという感じです!


やはり何事もその道のプロから教わることで

今まで正しい知識を知らなかったことを

知ることになる、これは嬉しい限りです。


しかも、よく「オシャレは足元から」とか

「靴を見ればその人が分かる」とかおっしゃいます。

靴を磨いているときは掃除と同じで

終わったらキレイになると同時に気持ちもいいです。

本当に「靴磨きは心磨き」でした!


いよいよ待ち待った春がやって来ます。

オシャレもしたくなる季節で足元も軽やかになります。

是非、皆さんもお忙しくて毎日は出来なくとも

たまには靴に向き合う時間を少しでも

お持ちになって頂ければと存じます。

f:id:office-sono:20180309204137j:image:w360

今回坂本様よりプロの靴磨きを教えて頂き

このような気付きを頂きましたこと感謝です。

誠に有難うございました。


皆様もご参加、有難うございました。


関西女性起業家研究会 いしい佳子

2018-02-17

 関西女性起業家研究会第133回 月例会のご案内

    < 第133回 月例会のご案内 >

日 時 : 3月9日(金) 午後6時30分〜午後8時30分

場 所 :Office・苑

京都駅烏丸中央出口東へ徒歩3分 Tel 075-365- 1205

東洞院通り塩小路東入る南側 ステーションコートヤード8F 804号

講演 & 実践「 靴磨きは心磨き!デキ女は足元から! 〜プロから靴磨きを習ってみよう〜」

講演者 : リーガルショップ 契約社員 坂本 真美 様

プロフィール : 宇治市在住 子供の頃より靴が好きで、どのようにすれば綺麗に磨けるのかを知りたく、リーガルショップのパートを始める。会社員の夫の靴を磨き続けて約30年。靴磨きの良さと素晴らしさを広めようと、長女の結婚を機に活動開始

今回は、リーガルショップ 契約社員 坂本 真美 様 より講演頂き、さらに靴磨きの極意について実践を通して教えて頂きます。坂本様は幼い頃より靴が好きでした。そのため長きに渡り会社員であるご主人様の靴を磨きに磨き、ご主人様だけでなくご家族の皆様にも喜ばれる顔が嬉しくてたまらないそうです。それが高じて、リーガルショップにお勤めし、靴について毎日勉強しながら、何とか靴磨きの良さ素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂きたく、これから活動を頑張っておられます。今回は、革靴をご持参の上、プロの靴磨きを実際に体験して頂きます。

坂本様は靴磨きについて「心が疲れた時、何も考えず頭を空にして、磨きをかけると終わった後、スッキリします。靴はピカピカ、心はカルカル、家族にも感謝され気分はルンルン!人は足元から!人からの信頼も獲得!」とおっしゃっておられます。皆様のご参加をお待ちしております。

☆ 当日の持物  革靴・靴に合う色の靴墨・ブラシ(お持ちであれば)

◎尚、当日参加費として2,000円を徴収させて頂きますこと、予めご了承下さいませ。

◎今回の会場はOffice・苑 です。お間違えのないようお願い致します。

◎当方のオフィススペースが狭いため人数が限られます。お早めにお申し込み下さい。

任意団体「関西女性起業家研究会」事務局  Office・苑 京都駅オフィス内

Tel/Fax 075-365-1205

E-mail Office.sono@s2.dion.ne.jp

2018-02-12

関西女性起業家研究会 第132回月例会のご報告 2月9日

f:id:office-sono:20180209204650j:image:w360

今回は

日本の伝統〜花結び〜をアレンジ

みなさんからご意見ご感想を!」 

と題し

日本の伝統工芸の一つ「花結び」を趣味からスタートされ

その技術で、オリジナルの作品(いきもの結び)を手掛けておられる

小松や 谷 一 様 成子 様 ご夫妻 が、今後の展開のために

是非とも皆様からのご意見ご感想を伺いたいということで企画しました。

ご夫妻はお勤めですので、代わりにいしいがご紹介し、皆様からご意見を伺いました。

f:id:office-sono:20180209204722j:image:w360

実際に作品を見て、手が込んでいて感心しておられました。

「花結び」のイメージがあったのか、「いきもの結び」と名付けられた

動物や昆虫、また海老や亀などバラエティに富んでいて

想像とは違って驚いてらっしゃいました。

一部のご意見ご感想ですが、以下の通りです。

○ 動物好きの方には嬉しい作品

○ 「いきもの結び」は作品へのこだわりとしてオーダーにする

○ お雛様五月人形、お正月用品などのようなイベント用なら需要がある

○ 単体ではなく十二支セットや七福神セットにして豪華さを出す。

○ 花結びのイメージがなくて残念

○ プレゼントに値段の予想がつかない

○ 花結びをインテリア用品にアレンジする

○ バックにつける和風アクセサリー

○ 花結びをラッピングに利用し和紙屋さんとコラボする

○ 外人向きに特化する

○ ホテルの装飾に使用

○ 今流行っているいろいろな紐で編んでバックにするように、花結びでバックにする。

○ カルチャー教室で教える

など、まだまだご意見が出ましたが

谷様にお伝えし、さらなる素晴らしい作品を拝見したいと存じます。

皆様、有難うございました。

f:id:office-sono:20180209183143j:image:w360

関西女性起業家研究会 いしい佳子