Hatena::ブログ(Diary)

役立たずの彼方に  大里俊晴


 大里俊晴(1958/2/5〜2009/11/17)
 
 『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』全国の書店にて絶賛発売中
 『役立たずの彼方に|大里俊晴に捧ぐ』は以下の一部店舗
  または当ブログにて郵送の受付もしています(2010/7/1記事参照)
 
 〜『役立たずの彼方に|大里俊晴に捧ぐ』お取り扱い店舗〜
  ディスクユニオン / NADiff / 紀伊國屋書店新宿本店
  模索舎(新宿)/ 裏窓(新宿)/ Sound Cafe dzumi(吉祥寺)
  BASARA BOOKS(吉祥寺)/ 円盤(高円寺)/ タコシェ(中野)
  トラスムンド(下高井戸)/ 古書ほうろう(千駄木)
  書肆 砂の書(京都)/ ガケ書房(京都)/ SHE Ye,Ye(新潟)

2011-07-26

ガセネタ続々

| 13:49

情報の掲載が非常に遅くなってしまいましたが、以下、ニュースが全部で3つございます。

いずれも貴重なものばかりです。

この機会にぜひチェックしていただき、お買い求めいただければと願っております。



●『ガセネタの荒野』(月曜社

 http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784901477862.html

 1992年洋泉社より刊行された大里俊晴著『ガセネタの荒野』が、月曜社より復刊されました。

 (2011年7月22日頃より書店で販売)


 カバーのタイトル書き文字:山崎春美

 カバーの著者名書き文字:大里俊晴[最終稿の著名]

 表紙イラスト:『アマルガム』第3号[1979年5月発行]より

 ブックデザイン:宮一紀

 編集協力:君島龍太朗

 月曜社/本体価格1,400円/ISBN978-4-901477-86-2


●『ちらかしっぱなし:ガセネタ IN THE BOX』(10CD)

 http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND7543

 ロックバンド「ガセネタ」(vo:山崎春美、g:浜野純、b:大里俊晴、dr:村田龍美→高野→乾純→佐藤隆史)

 の1977年〜79年の演奏記録が、10枚組BOXにまとめられてSUPER FUJI DISCSより発売になりました。

 (2011年7月20日発売)


 監修:山崎春美佐藤薫

 音楽監修:河瀬瑛太

 音源/資料提供:大里俊晴園田佐登志、地引雄一JOJO広重、山関義之

 マスタリング:中村宗一郎

 SUPER FUJI DISCS / JPN / CD / FJSP136 / IND7543 /8,400円(税込)


そして今夜、以下の特集番組が放送されます!!

超貴重なゲストを迎えてのまたとない特集番組です。ぜひ、目撃してください!


2011年7月26日(火)19時〜

 『ガセネタの荒野』、『ガセネタIN THE BOX』発売を記念して、

 Ustream配信プログラムDOMMUNEで特集を放送いたします。

 DOMMUNE「ガセネタのメルトスルー〜『ガセネタIN THE BOX』『ガセネタの荒野』発売記念」


 ゲスト:山崎春美佐藤薫園田佐登志、MOODMAN

 司会:河瀬瑛太

 http://www.dommune.com/

2011-07-25

新着情報

| 16:52

『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』書評

『役立たずの彼方に|大里俊晴に捧ぐ』書評

OfficeOsato活動の記録

2010/04/01 追悼イベント「大里俊晴に捧ぐ」@西麻布スーパーデラックス

2010/06/01 追悼文集『役立たずの彼方に|大里俊晴に捧ぐ』刊行

2010/06/27 追悼文集刊行記念会 @吉祥寺Sound Cafe dzumi

2010/07/01 追悼文集の一般の方々向け配送を開始

2010/07/19 吉増剛造公開工房 大里俊晴に捧ぐ @銀座 BLD GALLERY

2010/11/17 『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』刊行

        大里俊晴一周忌イベント「マイナー音楽のために」@渋谷UPLINK

2010/11/29 「ガセネタの寂滅!」吉祥寺マイナーSPECIAL!

        『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』刊行記念番組

2010-11-29

本日DOMMUNEにて「ガセネタの寂滅!」吉祥寺マイナーSPECIAL!『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』刊行記念番組

| 13:28


<11/29月・前半> ■19時〜

「ガセネタの寂滅!」吉祥寺マイナーSPECIAL!

『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』刊行記念番組

ゲスト:大熊ワタル園田佐登志,松山晋也

司 会:須川善行

企 画:渡邊未帆 

観覧予約は→ http://p.tl/BfXX


<11/29月・後半> ■21時〜

「ガセネタの秘儀!BROADJ♯208 MOODMUNEvol.5/INDIES DANCEHOLIC」

MOODMAN 

観覧予約は→ http://p.tl/BfXX


http://www.ustream.tv/channel/dommune


よろしくお願いします!

2010-11-24

『マイナー音楽のために―大里俊晴著作集』刊行

| 19:38



◆体裁

46判(タテ188ミリ×ヨコ130ミリ)上製528頁 税込定価3,360円(本体価格3,200円)


◆帯文

ジョン・ケージジョン・ケールはミュージックとマッシュルームの関係よりも近いかもしれない。

音楽学者/ロック・ミュージシャン、大里俊晴の思考の軌跡を集成。現代の音楽批評のスタートラインと臨界点とを同時に示す、著者最初で最後の評論集!

「稀な資質と奇妙な愛情と大胆な発想と単独者の倫理を持った音楽批評家・美学者」(細川周平「解説」より)。


・・・阿部薫、アントナン・アルトー、イアニスクセナキスヴェルヴェット・アンダーグラウンドコレット・マニー、ジャックス、ティム・バックレー、パティ・ウォーターズ、ブルー・チアー、ジェラール・マンセ、ファントムギフト、イマ・スマク、デレク・ベイリー、フェデリコモンポウジョン・ケージルー・リードジョン・ケールコーネリアス・カーデュー、ラ・モンテ・ヤング、アンディ・ウォーホルフランク・ザッパフランツ・カフカ、ジル・ドゥルーズジョン・ゾーン、マウリシオ・カーゲル、ヴィクトル・セガレン、オーネット・コールマンジャック・デリダグレン・グールドフリードリッヒグルダ、ジャチント・シェルシ、ジョエル・レアンドル、小杉武久、タージ・マハル旅行団、グローブ・ユニティ高橋悠治坂本龍一、ピエール・シェフェールソニック・ユース、マーカス・ポップ、ゲダリア・タザルテス、コンロン・ナンカロウ、リュック・フェラーリカールハインツ・シュトックハウゼン、平石博一、小野洋子早川義夫、セルジュ・ゲンスブール、グレン・ブランカペンギン・カフェ・オーケストラ、カン、ポール・ボウルズブライアン・ジョーンズ清水俊彦長岡鉄男ルイ=フェルディナン・セリーヌ青山真治平岡正明、マルティン・ハイデガールドルフ・シュタイナー間章・・・


◆目次

PRIVATE CHART 10


第一部

●音楽への求愛

全ての抑圧に抗してコレット・マニー、その生涯と芸術

保守反動の愉しみ 或いはジェラール・マンセについて

ポストモダン、ポップ、レトロを巡る覚書

レーベル・イメージを覆す、我が愛しの"躓きの石"たち

「好き」と言えなくて フェデリコモンポウ「ムジカ・カラーダ」

●音楽の異種交配

プリペアード・アンダーグラウンド あるいはケージはいかにして"地下鉄"に乗ったか、その他

FZ あるいはマイナー音楽について

JZからの/への迂回

オーネット・コールマンは電話(ダイアル)する

グールドよりグルダへ 二人の越境者のためのエスキス

理性の果ての恍惚へ ジョエル・レアンドルの二枚のアルバム

アノニマスな音のユートピア

グローブ・ユニティインプロヴィゼーションズ』

●〈現代音楽〉の臨界

ADORNOアンケート

ミュージック・コンクレートの栄光と悲惨 ピエール・シェフェールを中心に

現代音楽とロックはどのようにしてかかわり合うことができるのか

見え隠れする人間主義への誘惑

音楽、情報、環境

ダリア・タザルテス 領域を超えて彷徨い続けるパフォーマー

自動ピアノの狂気 コンロン・ナンカロウのパリ・コンサート

楽しい迷宮へようこそ・・・宮岡秀行監督「リュック・フェラーリ/ある抽象的リアリストの肖像」

問題は依然として手付かずのまま投げ出されている シュトックハウゼンの音楽の本質について

平石博一、或いは"音楽以前"

私は一五分だけフルクサスだったことがある

●声と言葉

声をめぐる断想

声とその影 二重音唄法のプロブレマティック

声を聴く 声の主題による連想ゲーム

早川義夫賛江

言葉を乗り越える過剰な身体

作詞講座"あなたもゲンスブールになれる"

●音楽のトポグラフィ

ロックと非-西欧 不自然な共犯関係を

極地でお茶を ポール・ボウルズと音楽を巡るディヴェリティメント

"世界"の奇妙さについて モンド・ミュージックを読む

●批評家たち

追悼 清水俊彦 終わりのない冒険にむけて

倫理的な少年 長岡鉄男あるいは不可能なオーディオについて

セリーヌシャンソンを巡って

間章氏めぐる魂の交感 追悼コンサート「12+12=24」

AA未明の思索家 間百合の霊に捧ぐ

ジャズ批評の七〇年代 間章平岡正明を中心に

AA 音楽批評家・間章』上映に寄せて


第二部

●ワールド・カルチュア・マップ/フランス

ダバダバダから始まる話 ブリジット・フォンテーヌとサラヴァ・レーベルのこと

不思議の国のルイス・キャロル あるいはパリのカナダ人たち

無用に囚われて ジェラール・マンセ或いはジャンル・マカーブル

新譜二・五題 アントワーヌ・トメ、ジャン・ヴァスカ、ダヴィット・マクネル

ペール・ラシェーズに知覚の扉は開いたか ジム・モリソン二〇周忌について

ワールド・ミュージックvsフォルク・ミュージック イントロ篇

ミュージシャンたちの秘められた関係について クローディア・フィリップ、エリ・メデーロス

不真面目さの彼方に ボビー・ラポワント

パリ―ブエノスアイレス あるいは、私は如何にしてある作家の残したレコードを手に入れることになったか

オジサンたちは開き直る ジャック・デュトロン、ニーノ・フェレール

自明なものを語ることの困難についての対話 あるいはシャンタル・グリムについて

形而上学的ケージ事情案内 フランス

ジャンヌ・ダルクと黒髭 ジャック・リヴェットの新作を巡って

「地に墜ちた愛」は地に墜ちたか リヴェットの作品のヴァージョンを巡って

シャンソン・フランセーズを巡る二冊の本『シャンソンのアーティストたち』『フランスシャンソンの50年』

ロベール、セリーヌチェッカーズ あるいはフランスマック事情について その1

ジョイスによるジャズ アンドレ・オデール『アナ・リヴィア・プリュラベル』

苦いサラエボ サラエボ組曲 あるいは燃え上がる図書館について

ヴェトナムから(もフランスからも)遠く離れて インドシナワールドミュージックの可能性?

フランスフリージャズ・レトロスペクティヴ

資料の山をひっくりかえしていたらサラヴァ・レーベルについてもっと知りたくなった

非ー場 あるいは虚の響

"想像的民族芸能探求協会"探求その1

"想像的民族芸能探求協会"探求その2

"想像的民族芸能探求協会"探求その3

猫とインディアン北大西洋条約機構―あるいはNATOレーベルについて

猫とインディアン北大西洋条約機構―あるいはNATOレーベルについて その2

猫とインディアン北大西洋条約機構―あるいはNATOレーベルについて その3

フランスベーシスト群像

●マンガ家たち

倉多江美ムダ無駄帳

『棒がいっぽん』高野文子

高野文子 アイデンティティーなきアイデンティティー

一條裕子 肥大する些末主義

喜国雅彦 谷崎を読む梶原一騎

やまだないと 性を通じてさらに深い夜へ

山本直樹 抒情と猥雑を原点として

鈴木志保 惨劇の後に流れるメロディー

鈴木志保と惨劇の後の世界

終末から歩み出す 解題にかえて

●彼自身による弁明

大学は閉じてはいけない

反動ジジイとして生きる

●初期文集

飽和都市における音楽の不可能性に関する考察

「Free Music Space」のチラシから

役立たずの彼方へ

役立たずの彼方に 第2回

役立たずの彼方に 第3回

役立たずの彼方に 第4回

参加者アンケート

I SING GUITAR ELECTRIC―フリー・エレクトリックギター症候群


解題 あるいはライナーノート 須川善行

書誌

大里俊晴(1958-2009)年表

解説 躓きの音 細川周平


◆奥付

二〇一〇年一一月一七日初版第一刷発行

著者 大里俊晴

企画 渡邊未帆

編集 須川善行

編集協力 君島龍太朗 工藤遥 今野克哉

ブックデザイン 宮一紀

発行者 神林豊

発行所 有限会社月曜社

ウラゲツ☆ブログ

http://urag.exblog.jp/11476348/

2010-07-01

追悼文集の発送に関しまして

| 16:56

大変長らくお待たせいたしております追悼文集の一般の方向け発送に関してですが、7月1日より順次行っていきます。すでにメール等をいただいている皆様には大変恐れ入りますが、もうしばらくお待ちくださいませ。


ご注文の際は以下のステップでよろしくお願いします。


[step 1] 以下のOffice Osatoメールアドレスまでメールを送ってください(メールのタイトルを「追悼文集郵送希望」とし、本文にお名前(ふりがな)、郵便番号、住所、冊数を必ず明記してください)。

[step 2] Office Osatoより振込先の口座名を記した確認メールを送ります。

[step 3] 冊数に応じて必要な金額を口座にお振り込みください。

[step 4] 確認後、ご記入いただいた住所に追悼文集をメール便にてお送りいたします(なお、発送作業は基本的に週に一度行いますので、少しばかりお待たせしてしまうことがございます。あらかじめご了承ください)。


なお、5月31日までにカンパをいただいた方、追悼イベント等にご来場いただいた方に関しましてはすでに発送を完了しております。もし、こちらの不手際でまだ届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがお知らせいただけますようお願いいたします。


office osato:officeosato★gmail.com(お手数ですが、★を@に変えてください)