あとで書く RSSフィード Twitter

2004-03-30 (Tue)

Lightweight Language Magazine

そういえば買ってきたのだった。Gaucheがないのがもったいないなあ。

MacUIM

http://www.digital-genes.com/~yatsu/macuim/

あとで試してみよう。知らないうちに世界がいろいろとすすんでいる。

2004-03-29 (Mon)

日垣隆『裁判官に気をつけろ!』角川書店

裁判官に気をつけろ!

裁判官に気をつけろ!

積読処理で今ごろ読んでます。むちゃくちゃ笑えます。いや笑ってちゃいかんのだが。

2004-03-28 (Sun)

先崎学『まわり将棋は技術だ』文藝春秋社

ISBN:4163654208

飄々としてて一流の凄みもあってすばらし。前著よりあらゆる意味で落ち着いてきてる感じもしてちゃんと年をとってるんだなあ、とかも思う。棋士って年がわかんない感じがする種族なのですが。

PofEAA読書会

参加してきました。内容はあとで追記する予定です。

上戸彩メソッド(id:uno:20040329#1080510300)の効果絶大。是非とも活用させていただきたいと思います。

kseimkseim 2004/03/29 18:47 興味を引きすぎて、仕事にならないです。

ogijunogijun 2004/03/30 13:12 それがこのメソッドのキモなのです(謎)

2004-03-26 (Fri)

森健『天才とはなにか?』

ISBN:4410138065

Amazonにおすすめされるがままに買ってしまったんだけど、読み始めたらいきなりRubyとかYuyaさん(http://nuance.cc/)とか出てきた。未踏と天才プログラマ発掘に関する話題。後半は脳とかサヴァン症とかについても少し。

サーベイにはなりますが掘り下げが足りなくて不完全燃焼気味になります。

第3回無敵会議「井戸端会議」

http://www.project-on.com/archives/000557.html

行ってきました。無敵会議シリーズ初参加。面白かったです。

テーマも初対面だったけど本当に初対面の人しかいない集まりというのは最近ではめずらしい。でもまあblogとか日記とかで(一方的に)知ってる人も多かったけど。

2004-03-24 (Wed)

スティーヴン・ジョンソン『創発』

読み始めたら止まらなくなった。以前から聞いていたような話ではあるけれど、SlashdotだのSimCityだの、出てくる道具立てがこの手の本にしては新しくてわりとおもろい。学者の本ではないので論拠に乏しいところあるけどさくさく読めます。

翻訳山形浩生さん。でも訳者解説がない。創発の語は原書では"Emergence"です。うっかりAmazonペーパーバックも1clickしちゃったよ。

2004-03-23 (Tue)

もうひとつの未来への道 ---The Other Road Ahead

http://www.shiro.dreamhost.com/scheme/trans/road-j.html

Shiroさんの訳は最近だけど、Paul Grahamさんがこれを書いたのは2001年。わりとテクニカルな内容なので、最近のTim O'Reillyさんなんかの指摘と直接対比してみることは出来ないけど、やはり「普通のやつら」の先を行ってる感じだけは強烈に意識させられる。

2004-03-21 (Sun)

野口悠紀雄『「超」税金学』新潮社

ISBN:4104329037

前の『「超」納税法』(ISBN:4104329029)が素晴しかったので期待して読んでみたが、その期待を裏切らない。とにかく書き口がわかりやすい。主張も明確で読んでるうちに説得されてしまうような気がしてしまう。おすすめ。

2004-03-20 (Sat)

RHG読書会

遅れて(というかほとんど終わりかけてから)参加。2次会で出ていた「ネタバレ管理本棚システム」の仕様を誰かまとめてください。

2004-03-17 (Wed)

集中力ない

9秒脳なので集中できない。仕事も手につきませんがな。

しかたがないので日記に対するTODOでも書いておく。

  • カテゴリを細分化([Lisp], [Ruby], [Java]くらいは独立させてもいいかも)

2004-03-15 (Mon) 確定申告疲れる..

バリー・メイザー『黄色いチューリップの数式』

id:ogijun:20040306で書いたメイザーさんの本をぱらぱらっとめくったら止まらなくなった。むちゃくちゃおもしろいです。おすすめ。

数学が専門じゃないけど本やものを考えるのが好きな人にアドバイスするとしたら、注は読まなくても気に病まずにどんどんすすむ方が本文の味がいいと思います。

遣いすぎ..

読んだ本だけじゃなくて買った本も記録することにしようか、と思ってちょっとだけ試してみて怖くなったのでやめた。今、見えないストレスがかなりたまっているらしく、ふと気がつくと青山ブックセンターから紙袋を2つ(!)持って出てきていたりする。

2004-03-11 (Thu)

謎な絵

http://nais.to/~yto/clog/2004-03-11.html#2004-03-11-2

私はミーティングとかでだんだん飽きてくるとノートいっぱいにいわゆるカケアミが散っていたりします。気がつくと1ページ埋めるのが目的になっていたり。

自分だけじゃなかったのね。子供のころは夢の中でもこんな感じで塗り潰しやってた。

Subversion批判に対する反論

http://subversion.bluegate.org/svn-anti-fud-ja.html

そうかー、速くなってるのかー。ならばけっこういいかも。遅いだけで使う気しない感じだったので。

橋本一子 Bossa Nova 2004@南青山MANDALA

一子さんの他は、AQ!さん、Ma*Toさん、中村善郎さん。一昨年に南青山でやったときと同じ。

ふつうにBossa Novaだった(のか?)。前回(2002/7/19)がかなり上級者コースだったので..。

ち 2004/03/11 14:15 描くです描くです。自分は楕円をいっぱい描いて気持ち悪くするのが好き。

2004-03-08 (Mon)

「オブジェクト指向」という言葉

1977年にはなかったが1978年には明示的にあらわれている、らしい。

http://www.sra.co.jp/smalltalk/SML/archives/2004-March/006420.html

関係ないけど、MLシステムがヘッダにそのメールのアーカイブのURLを付けてくれたら便利だ。そういうことが出来るのってあるだろうか?

9秒..

http://www.adnec.com/blog/archives/000007.html

むちゃくちゃ思いあたるフシあり。さっきまでやろうとしてたことを次のweb見たあとはもう忘れてる、というような事態がしょっちゅう起こる。

TODOリスト重要なことはわかっていても全然実践してない。

pistpist 2004/11/24 22:16 いつの日記にコメントしてるんだって話ですけど
「オブジェクト指向」自体はもっと早くに登場していますよ。
国立国語研究所のコーパスが役に立ちます。

2004-03-07 (Sun)

森博嗣『四季・冬』講談社ノベルズ

ISBN:4061823639

とにかくこのシリーズはオススメだということだけが確実に言える。

夏秋は伏線消化という感じだったけど、冬はちょっと予想外でした。

本当はいきなりこういう小説を書きたかったんだけど、それだと天才ではない人間がついていけないので長いイントロとして何冊もノベルズを書いた、という感じがしてしまう。

結局ノベルズで買って持ち歩いて読んだのでハードカバーを焦って買う必要はなかったな..。

2004-03-06 (Sat)

買った

メイザーさんの書いた一般書が出ているのである。とにかく何を書いているか気になるので買った。

ISBN:4048981595

数学科にいて、しかも私みたいなドロップアウト組は数学者が人間に見えなくなってくるのである。神様が下々の世界に向かって何を言ってるのか? とかそんな感じの興味。

2004-03-05 (Fri)

FindBugs

http://www.cs.umd.edu/~pugh/java/bugs/

ちょっと気になる。Checkstyleみたいな感じでソースコードを走査してバグのにおいがするアンチパターンを検出してくれる、らしい。

自分で使うより実装方法とか理論とかでなんだけど。

2004-03-03 (Wed)

森博嗣『四季』講談社

ISBN:4062123312

今日読む。

と思ったが力尽きて寝てしまったのでまだ読み終わってない。

2004-03-01 (Mon)

読書

森博嗣『四季』もうっかりハードカバーで買ってしまったし(新書で3冊買ってたのに..)、 ヒロインがMewでメールを読むミステリもさくっと買ってしまったし、少しは小説を読まないとダメな感じ。

sawamarusawamaru 2004/03/02 14:36 みーつけた!

ogijunogijun 2004/03/04 12:54 アンテナ公開しなさい

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |