あとで書く RSSフィード Twitter

2004-07-31 (Sat)

ポペンディーク『リーンソフトウエア開発』日経BP社

内容についてはいろんなイベントやそのあとの飲み会なんかで少しずつ聞いたりしていたのですが、あらためてまとまってみるとやはり目から鱗の数々。

これまで他業種で行われてきた様々な智慧から学ぶべきことってまだまだたくさんあるはずなので、そういうものを真剣にひとつずつ検討していくのは絶対有用だとは思う。実際にそれをやってるのは素晴しい。応用するための写像をいろいろ変えてみたりしながら。

そういうことをソフトウェア業界トヨタはいるのか? もう文句なしにその人たちのやることを参考にして変化していくしかない、というようなスタープレイヤ存在するのがろうか、そういったことが気になる。

2004-07-30 (Fri)

sawamarusawamaru 2004/07/30 19:07 あなた3件で飽きてるじゃん。。。

torustorus 2004/07/31 12:07 東京グルメは重宝しているんですが、昼時になると重くなるときがあるのでうれしいかも。がんばれライブドア。

sawamarusawamaru 2004/08/01 12:16 「あとで書く」っていって書いたことありますか? あと、髪を切ると誰だた分からなくなるから(ウソ)それは禁止。

ogijunogijun 2004/08/05 02:47 ぎくぎく。

2004-07-29 (Thu)

通勤(?)の移動中しか本が読めない状態になってるので新書ばっかし。

宇都宮健児『消費者金融‐実態と救済』岩波新書

消費者金融―実態と救済 (岩波新書)

消費者金融―実態と救済 (岩波新書)

同語反復多くてうざい。A43枚のレポート新書1冊にうすめた感じ。30分で読めます。

樋口裕一『ホンモノの文章力?自分を売り込む技術』集英社新書

ホンモノの文章力―自分を売り込む技術 (集英社新書)

ホンモノの文章力―自分を売り込む技術 (集英社新書)

今から読むならこっちより『人の心を動かす文章術』(ISBN:479421295X)の方が700倍良い。

岩田規久男『経済学を学ぶ』『マクロ経済学を学ぶ』ちくま新書

経済学を学ぶ (ちくま新書)

経済学を学ぶ (ちくま新書)

マクロ経済学を学ぶ (ちくま新書)

マクロ経済学を学ぶ (ちくま新書)

2冊ともあたりだと思う。特にマクロの方は気合入れないと読めない。この2冊だけで3週間くらいかかった。

2004-07-26 (Mon)

エアコン設置

今のマンションに住み始めてから今までエアコンなしで生活していたのであります。さすがにたまらんちうことで買うことにした。買う決意はだいぶ前にしてたんだけど設置工事が出来て家にいられる日がいろいろあって決まらないままだったのだけど、引っ張って今日やっと設置。

むっちゃ冷える。あたりまえか。でもこれでこの季節でも寝る以外のことが部屋で出来るようになったな..。

XP祭り2004

ほぼ終わってから会場にたどりつく。盛況だったようです。

2004-07-24 (Sat)

発売日

買ってきました。色はsilverで。私にとってはこの製品は特に血がさわぐわけではないけど、とても手堅く作られてて普通に有用なので買うしかないのであります。

2004-07-23 (Fri)

歯医者さん

もうこれでかれこれ3ヶ月通っている。まあこれがあると上原に出るのでjeetenとか行けてしあわせなのだけれど。

無敵会議

7月度の無敵会議。参加者の集中力の高さがすごい。やっぱりこの力は大きいですねえ。

飲み会では何故か終電を過ぎても残っている人多数。

2004-07-20 (Tue)

Dashboardつづき

このDashboardへの警戒心はけっこう根源的な気がする。のであえて言葉を重ねて書いてみることにしよう。

まずポジショニングから。この技術は嫌いじゃないし、目のつけどころが面白いと思うし、WebKitの使い方としても興味深いものだと思う。自分でもTigerになったらたぶん便利に使う。それから、バスケさんが入賞したりするのもすごいなーと思うし、その際にきちっと評価されたような種々の技術の集合体としても面白いことが出来そうだというのはわかる。

問題は、というか他の人と温度差がありそうだと思うことは「使うと思うけど自分で作りはしないと思う」という感じの興味の惹かれなさ。自分はどっちかいうと新しモノ好きな方だと思うけどでは今から飛びついてしまえ、という気分になれないんである。単なる好みかと思ったけど、考えたらけっこう一貫した理由が思いついたので以下に説明する。

とりあえずここまで。あとで続き書く。

shiroshiro 2004/07/22 23:36 「後で続き書く」

shiroshiro 2004/07/22 23:36 「後で続き書く」状態ですが、

shiroshiro 2004/07/22 23:37 ちと Safariの調子が悪いようです、スマン。

2004-07-19 (Mon)

大崎善生『編集者T君の謎』講談社

編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びと

編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びと

先崎学さんの『まわり将棋は技術だ(ISBN:4163654208)』読んだ直後から読みたくてしょうがない気持ちになってたんだけど今頃まで引っ張ってしまった。こういう軽ーい口調の本だと棋士の方々がうっかり身近に感じられてしまうのだがやっぱりすごい人達

2004-07-18 (Sun)

丸島儀一『キヤノン特許部隊』光文社新書

ISBN:4334031269

丸島儀一さんが著者になっていますが実際には福井信彦さんというライターさんが丸島さんに取材・構成・執筆している聞き書き本です。特許を戦略として考える、ということの意味がよくわかる。こちろんそのまま他の業界・分野にあてはめて考えることは出来ないんだろうけど。ライセンスを売ることはそんなに重要なことじゃなく、その企業の事業開発に自由度を確保するためのクロスライセンスなどの数字に表われない部分が「特許戦略」というものの要点なのだ、という。

さて、これを読んで、また特許報酬、特許訴訟などの話題を受けて、私は何を考えているのでしょう。

ABC

移動の途中で新宿に立寄って、LUMINEの青山ブックセンターが2店とも閉店していることを確認する。棚を気に入っている人間が即お金を落すわけではないので仕方ないといえばそれまでだけど、厳しい話題だなー。

ち 2004/07/20 21:51 東京特許許可局局長をめざしている…?

ogijunogijun 2004/07/21 01:09 ません。

2004-07-17 (Sat)

Dashboard

誰も言わないみたいだから私が言うけど、DashboardってSidekickだよね。って穿ちすぎ? WWDCのときから一緒に行った人と散々議論しているけど、何故かイマヒトツ萌えない。

WOMeeting

半closed半openでやってるんだけど、このところ毎月新規参加者がいる。いいことだ。

今回は試みで午前中から。一日中だと、むちゃくちゃ疲れる。

shiroshiro 2004/07/19 05:08 わたしゃ萌えてるけどさ。コマンドラインで、ちょこっと使い捨てのスクリプトを編むように、ちょこっと使い捨てのGUIを編めるところがね

ogijunogijun 2004/07/19 10:09 作る方にとってはまだ使い捨てというほどお手軽ではないと思うんだけど、良いオーサリング環境があればけっこういいかも。リリースまではまだ時間あるのでなんか付いてくるかも知れないし。

WRCsus4WRCsus4 2004/07/20 01:43 午後、何度か記憶が飛んだのは秘密です。

shiroshiro 2004/07/20 02:39 そかな? 私、シェルスクリプト書くのに統合環境なんか要求しないけど?

ogijunogijun 2004/07/20 02:45 しろたんが要求しないのはサンプルとしてあんまり有効じゃない気がする。^_^;

ogijunogijun 2004/07/20 02:50 あとはなんだろ? Killer Widgetみたいなものが想像できてない、というのもあるかな。

shiroshiro 2004/07/21 00:54 じゃあ、シェルスクリプト書くのに統合環境を要求するのって、どんな人? Emacs の xx mode なら、既存のを修正すればできるような話だし、try & error のターンアラウンドは極めて短いし、最低でもたった2つのファイル作れば良いだけの事だし、私が面倒だと思うのはたった一つ、その最低限必要なファイルの片方を作るのがちょっと面倒ってだけですかね

shiroshiro 2004/07/21 00:54 ま、「作ってみれば分かる」よ。

ogijunogijun 2004/07/21 01:08 それは確かにそう。1コもwidget作らないでいろいろ言ってもしょーがないのは認識してるんだけど、むしろ「私が」なぜ興味をそそられないか、という自分のポジションが疑問だというのがこだわってる理由だったりします。

shiroshiro 2004/07/21 10:27 なるほど、その問題は、確かに難しいですなぁ...。

2004-07-16 (Fri)

宝生能楽堂で納涼能。行ってきた。昼夜2部構成で夜のみ。夜はお能宝生流の人たちなのです。お能の演目は『紅葉狩』なぜこの季節に、と思ったら昼夜とも鬼関係で集めてみました、ということらしい。

ひさしぶりのお能で、曲も派手というか豪華というか。ともかくたのしかった。

ABC閉店

帰ってきてmixi見てたら青山ブックセンター閉店というニュースが...。ルミネはどうなるのだ。しかしこの手の品揃えに特徴のある本屋さんで他にも飛び火しないか心配で眠れない。

2004-07-14 (Wed)

岡崎玲子『9.11ジェネレーション』集英社新書

レイコ@チョート校の人のその後の本なんですが、2001年9月11日アメリカで過ごしていたという事実は単純にその後と片付けるわけにはもちろんいかない。チョート校がアメリカの中でもかなり特異な恵まれた環境であることもよくわかるし、単に教育システムを享受してるだけじゃなく積極的にいろいろと関わっていかなきゃいけなくて、そこに葛藤があったりするのがそのまま記録されていて前の本よりかなり生々しい。なんにしてもすごい人だと思う。

著者の日本語がかなり難解というか、議論をしているような言葉になっててこれが2年の蓄積なのかー、と変なところで変化を感じたりした。

2004-07-12 (Mon)

Cinema DisplayはVESA FDMI対応

http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore?productLearnMore=M9649G/A

壁掛けとか出来るんですね。やってみたいー。WWDCではFDMI対応の話はしてなかった。ついでにApple Storeが商品へのDA用意してくれている。これって前からあったっけ?

2004-07-10 (Sat)

選挙に行こう

明日は参議院選挙投票日です。忘れずに、必ず、行きましょう。

なんらかの理由で明日は行けないかも知れないなあ、という方、本日も20時はでは期日前投票が出来ます。id:hyoshiok:20040704 に賛同します。吉岡さんは間違いなく変わると「信じている」と表現しているけれど、変わるのは事実です。一票には確実に力があるんです。

私たちの政治を変える手段が投票です。まわりに意識していない人が多くてびっくりしたのでガラでもなく書いてみたよ。

メテオール

日暮里の和音にてメテオールのライヴの日でした。今回は遅刻はしたけど缺けたのは2曲だけだったのでよかったよかった。

毎回思うのだが、この人たちなんでもっと表に露出してないんだろう。この毎回のパワーを盛り上がりをいつも一握りの限られた人達で独占しているのは非常にもったいなーい気がしてきてしまいます。なんてことを新曲などをききながら強烈に思っていた。たのしかったなり。

ち 2004/07/11 10:49 カズウって不運?世渡りうまくない?いやソロのときに「君みたいな才能のある人がなぜ売れないのか?」といわれていたですよ(P-modelのコピーバンド大会だったですが)

ogijunogijun 2004/07/11 11:02 まあ世渡りはどう見てもうまく見えないですが、やっぱもったいないなー。でもそうかー昔からそんなこと言われたり業界人ウケしてたりしたのか。

2004-07-09 (Fri)

オブジェクト指向実践者の集い(第2弾)

よく見るとけっこうおおげさなタイトルだ。ともあれ楽しかった。特に懇親会と2次会が。懇親会では意外な人と意外な再開を。

歯医者さんのアポの都合でファシリテーションのワークショップの機会をうまく活用出来なかったのが残念でした。

2004-07-08 (Thu)

岸宣仁『発明報酬‐技術者が会社を訴える時』中公新書ラクレ

中村修二さんの200億円に前後して発生しつつある技術者の巨額報酬をめぐって、発明者本人や弁護士などの法律家などに取材して現状をざざっと書いてある本です。今、まさにリアルタイムで進行しているライヴ感があってわりとなまなましい本だ。

著者は『「異脳」流出‐独創性を殺す日本というシステム』(ISBN:4478890153)という本も以前書いてて、そちらでも中村修二さんに取材していますがその後もわりと密着していたようで後日譚という雰囲気もあり。

2004-07-07 (Wed)

野口悠紀雄『「超」英語法』講談社

「超」英語法

「超」英語法

あせって買わなくても半年もすればBookOffで100yenとかになってるかも知れないのはわかってはいるのだが、野口悠紀雄さんのファンというかほとんど追っかけみたいになっててついつい買ってしまったのだった。そして積む。でもWWDCであらためて言語の壁を認識してへこんだので引っ張り出してきた。

読んでみたらだいたいのところは渡辺千賀さんの「話せる・聞ける英語の勉強法シリーズ(2, 3, 4, 5, 6)」とほとんど同じことが書いてある。読む聞く重視、目的意識が重要、分野を限定する、教材はインターネットたっぷりある、などなど。他に独特なところとしては、完璧を目指すのではなく、スラングやくだけた会話文、正確な発音などはあっさり切り捨てる。このことを、ある程度以上は「限界的な生産性が落ちる」から、などと説明されるのでこちらはうっかり納得させられてしまう。

てなもんでこれから勉強します..。Audible.comMacだったらカンタンなのだ。

2004-07-06 (Tue)

MOSADeN

MOSAっていう日本のMac系デベロッパの組織がありまして、そこで開発者向けの話題を扱うMOSADeN(=モサ伝)なるメールニュースをやっているのです。

そこでid:sumimさんのSmalltalk入門の連載が始まりました。おそらくとっても気合いの入った連載になることでしょう。初回はかなり硬派かつクール歴史の話をしておられます。期待期待。

sumimsumim 2004/07/10 17:29 やや、見つかってしまいましたか(^_^;)。高橋編集長には読者からの反応は見たことがない、と聞いていたのでこっそり好き勝手できるかな…と安心して引き受けたのですが(笑)。次回以降、急速にヘタれていくので、なにか申し訳ないような…(T_T)。

2004-07-05 (Mon)

抜歯

帰ってきて早々なんだけど飯田橋の日本歯科大学附属病院までお出かけして、口腔外科にて下の親不知の抜歯なのです。2本抜くんだけど今日は右側になった。はじめてなのと事前に歯の根の位置が微妙とかでいろいろ脅されてたんだけどまあ無事に終了しました。あっさり抜けて拍子抜けしていたらしい。

で、麻酔切れたらそれなりに痛いし、痛み止め飲みすぎるとぼーっとしちゃうし、仕事が忙しいときだとちょっとつらいかも知れなくてこのタイミングはばっちりだったかも。もろに忙しい時期にこんなもんじゃなく痛かったらしいたかはしさんは心から尊敬します。

Cocoa Bindings Examples and Hints

http://homepage.mac.com/mmalc/CocoaExamples/controllers.html

WWDCでmmalcが知らない人はモグリと言ってた(←言ってません。実際はもっとおだやかな表現でした)のでメモ

これまでもCocoa Bindingsの仕組みについてはひととおり知ってたつもりではあったけど実践がともなっていなかったのであんまり愛がなかったのだが、WWDCのセッションで解説された瞬間に天啓のようにその思想というか狙っている理想の世界というかが見えてしまって自分的最重要項目にランクインしてしまった。

2004-07-04 (Sun)

帰国

WWDC2004に参加するための旅行から帰ってきました。書けないけどいろいろ発表あったりなかったり。たのしかったなあ。帰るのが後ろ髪ひかれる感じでした。残ったからといってずっとカンファレンスやってるわけではないのだけれど。やっぱりこのイベントは現地にいないとダメです。

萩原遼『拉致と核と餓死の国 北朝鮮』文春新書

旅行中に読んだ本。元赤旗記者で平壌特派員もつとめていたジャーナリスト(要するに共産党をクビになったということ?)が現在取り組んでいる北朝鮮問題についての紹介。一年以上経ってるけど目についてので読んでみた。

佐野眞一『だれが「本」を殺すのか 〈上・下〉』新潮文庫

だれが「本」を殺すのか〈上〉 (新潮文庫)

だれが「本」を殺すのか〈上〉 (新潮文庫)

だれが「本」を殺すのか〈下〉 (新潮文庫)

だれが「本」を殺すのか〈下〉 (新潮文庫)

これも旅行中に機内で読んだ。単行本も買って積んであったんだけど読み終わる前に文庫が出てしまった。旅行に持ってくなら文庫の方がいいし、検屍編もついてるので結局こっちを買って読むことに。こんなんばっかし。でも「延長線」の内容は含まれていない。そっちだけでも単行本で読むか。

著者の立場はかなり偏ってるのはわかるけどそれはそれでいいと思えてしまう。それでも本編と検屍編で、たとえばブックオフとか電子出版とかに関する著者の否定的な感想・主張の力がはっきり違って(弱って)て、このへんが時間なのかと思うけど実にわずか3年しか経っていない。

2004-07-01 (Thu)

WWDC出張中〜

現地でも木曜日です。こっちで読もうかと思って何冊か未読の本を持ってきているわけですが、飛行機の中でちらっと読めた以外は全然手がつきません。まあ予想通り。毎晩飲み歩いてるので(私が飲むわけじゃないけど)仕方ないといえばない。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |