あとで書く RSSフィード Twitter

2005-01-30 (Sun)

日経BPのアジャイルシリーズ

これも斜め読みしただけだが、薄味。この手の本は著者が思想を押しつけてくるところが面白いので、そういうのを期待してる人は読まんでいいと思う。

これでようやく日経BP社が出し始めたアジャイルシリーズなるものをvol.3まで読んだことになる。ちなみにそれぞれvol.1のエントリvol.2のエントリ

この中でピープルウェアとかのデマルコモノと同じ装丁でシリーズ化してもらうにふさわしいと思ったのはvol.1の『リーンソフトウエア開発?アジャイル開発を実践する22の方法?』だけだった。

2005-01-29 (Sat)

即買い作家

26日のコメントに書こうとしたが長くなりそうなので。

次の人たちの本は出版されたらすぐに買います。今もたくさん本が出てる(死んでない)日本人論客に限ります。

順番は適当で、思いつくままにあげたのでヌケがたくさんあると思われます。リストは随時入れ換わります。他にも本が頻繁に出るわけではないけど好きな書き手というのは山ほどいる。

それから以下の人たちは前まで即買いしてたのですが最近文庫待ちとか立ち読みとかに格下げになりました。ていうかこれが書きたかったという。

あ、タイトル作家って買いたのに小説家の名前をぜんぜんあげてない。これやりはじめると収拾がつかなくなるからなあ。

2005-01-28 (Fri)

『ハッカーと画家』読了

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

昨日の続き。本の形で読了川合史朗さんは最も尊敬する日本人ハッカー(のひとり)で、翻訳もすばらしい。というかこの翻訳で川合さんのことを知ったのであるが。

『もうひとつの未来への道』(別名『ポール・グレアム未来を語る』)を今回再読して、ものすごく具体的な指針になるとともに本当に未来を予知していたことにびびってます。

ちなみに私の技術飲み会トークモトネタのほとんどはこれでカバーできます。要するにPaul Graham受け売りです。

2005-01-27 (Thu)

Shiroさん訳の『ハッカーと画家』が出た!

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

もちろん原書も買ってありますが、邦訳出たらそりゃすぐ買うでしょ。読む用といつかサインもらう用と人にわたして啓蒙する用に3冊は買うね。

というわけで書下しの前書きと0章および1, 2章だけ読む、泣く。つづく。

2005-01-26 (Wed)

日垣隆『世間のウソ』

世間のウソ (新潮新書)

世間のウソ (新潮新書)

日垣隆さんは新刊が出ると必ず即座に買う書き手の一人。読みはじめたら妙にデジャヴ状態でまたdup買いしてしまったかと思ったが、メルマガで読んだことあっただけだった。ほっ。

WRWR 2005/01/29 16:38 野口さんに日垣さん、結構趣味が似てるなぁ・・・
スキといっても、即買いはしませんが・・・。

2005-01-25 (Tue)

シュローサー

巨大化するアメリカの地下経済

巨大化するアメリカの地下経済

amazonに言われるがままに買ってしまってたもの。経済格差テーマの本。邦題は間違ってないけど適切でもないと思う。

2005-01-23 (Sun)

Professional Software Development

ソフトウエア開発プロフェッショナル

ソフトウエア開発プロフェッショナル

SWEBOKとかそれ系統の話は苦手なので、ものすごい勢いでななめ読み。自分はプロフェッショナルでもないし。でもいい本。

kakutanikakutani 2005/01/26 22:55 「ものすごい勢いでななめ読み。……でもいい本」、激しく同意。

2005-01-22 (Sat)

WOMeeting

なんかすごい大所帯になってきた..。

Ta-da Lists

http://www.tadalist.com/

http://www.loudthinking.com/arc/000396.html

via Matzにっき

噂の579行web appだが、UIもデザインもよく考えられてる。

David Heinemeier HanssonてRubyConfで見たけどプレゼンむちゃくちゃうまいし、近くにいたらものすごく影響受けそうなキャラだ。

2005-01-21 (Fri)

My Music Collection vol.18 at ロフトプラスワン

MC音楽ライターの角野恵津子さん、ゲスト谷山浩子さんでトークライヴ

とてもおもしろかったししあわせなひとときでした。浩子さんの歌はぜんぜんなかったけどたまにはこういうのもいいね。

と、あえて淡白に記述してみる。

2005-01-18 (Tue)

野口悠紀雄 『「超」整理日誌 地動説を疑う』

「超」整理日誌 地動説を疑う

「超」整理日誌 地動説を疑う

シリーズ9冊目。追っかけを自称している(いつから?)わりにはまだ読んでなかった。ひとたびページ開いたらさくさく進んであっという間に読み終わってしまう。著者の書斎写真がちらっと載っていたが、やはり北向きだった。

2005-01-12 (Wed)

Mac mini

http://www.apple.com/jp/macmini/

かなり衝撃。1辺が16cmって、G4 Cubeが19.5cmだからこれよりさらに小さいのね。ついiMac miniと呼んでしまいそうになるがMac miniである。白と銀とどっちも使ってるしね。しっかしみんサーバにするとか言ってますな..。

佐藤昴『いつからファーストフードを食べてきたか』

いつからファーストフードを食べてきたか

いつからファーストフードを食べてきたか

タイトルだけ見るとエリック・シュローサー『ファストフードが世界を食いつくす』と似たような本かしらんと思うがさにあらず。日本マクドナルドマーケティング部長ケンタッキーフライドチキン社長を歴任した著者が、そんな立場じゃないと書けないような視点と経験を綴って、日本の外食産業の半世紀を振り返っている本。巨大チェーンの重役の立場外食産業についてのわりと生々しい話も。日本人というか日本という国がこの分化に翻弄されているさまがよくわかる。というかシュローサーの本の迫力がより増したかも知れない。

KFC本国では効率化を追及してレシピも変わっていったが、日本だけは創業当時のレシピを守っているとか細かい話も載ってた。

2005-01-11 (Tue)

切込隊長の本読む

ニッポン経営者列伝 嗚呼、香ばしき人々

ニッポン経営者列伝 嗚呼、香ばしき人々

SPA!の連載の本ですな。すばらし。というか「香ばし」いという表現をこんな盛大に紙の上の活字にしてる人って他にいたっけ?

s_ota194s_ota194 2005/01/14 22:46 それ年末に読んだーーー!w

2005-01-08 (Sat)

永江朗2冊

いまどきの新書―12のキーワードで読む137冊

いまどきの新書―12のキーワードで読む137冊

見開きに1〜2冊のさらっとした紹介で、本当にさらっとした舌ざわりなので目録読んでるみたいな気分です。色がついてない感じがするのでブックガイドとして便利。元は雑誌連載で、その当時の新刊を紹介する企画だったようで、単行本にまとまって今読んでもここ最近に出版された本ばかりです。カタログのつもりで買ってもいいと思う。

自分はそれなりに新書を読んでるという思い込みがあったのだが、137冊も紹介されてもほとんどが読んだことがないことに気がついて現実認識した。そもそも刊行点数がむちゃくちゃ多いからとか積読の消化であんまり新刊を読まないからとかいろいろ言い訳は思い浮かぶけど、やっぱり根本的に読書量が足りないね。プロはこれだけ読んでるわけだし。


狭くて小さいたのしい家

狭くて小さいたのしい家

こっちは永江朗が建てた家の話で、とても面白い。あこがれる。50mの本棚。作りつけ。他にも、こんなふうに住むところにこだわってみたいと思わせる仕組みてんこもり。結果的に出来た家も素晴しいし、何よりプロセスがたのしそう。大変そうだけどすごい充実感。

まあでもこうして永江朗印税で家を建てるのに貢献しているわけだが。

2005-01-06 (Thu)

Code Analysis Plugin

http://cap.xore.de/

via オレニュ

すごい。超使いたいのであるが、Mac版にはインストールできないみたい。かなしい。swtの実装足りてないのかな。

高島俊男さん

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)

旧版は未読(積読)だったのだが、こっちの方があきらかにおもしろそうなので結局また買ってしまった。というか講談社現代新書リニューアルにびびってうっかり買ってた。

期待にたがわずむちゃくちゃ面白い。特に最後の章。近代史がこんなに面白いということをもっと早く気がつきたかったなあ。本を読む時間のある学生時代とかに。

旧版の幻の原稿をほぼ忠実に再現したものらしいので、タイトルも中国という言葉を使ってるけど、今だったら支那にするんだろうか。

2005-01-04 (Tue)

いろいろ

年末年始に読んだ本はそのうち記録するとして。

我ながらどこかおかしいと思うのだが、仕事が終わった30日から始まる前の3日までに買った本、amazonで注文してまだ届いてないのを含めると40冊あった。1日8冊。これでもかなり見逃したんだけどなあ。

torustorus 2005/01/05 04:18 なんか憑いてないですか?

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |