あとで書く RSSフィード Twitter

2008-06-30 (Mon)

2008年6月に読んだ本から

今月はRailsConfからはじまって前半はその余波で帰ってきてからもバタバタし、後半はRubyKaigiでバタバタし、仕事もけっこういろいろやってその他にも..っていう感じでロクに本を読んでいません。ここに記録したのも10冊くらいしかない。

その中で最も印象に残っているのはこれです。

大統領の料理人

大統領の料理人

感想このへん。(まだ書いてない..)

ちょうど大統領選の年でもあり、日本での発表時期は民主党の予備選でオバマ勝利宣言の結果直後というタイミングのよさもあり売れているようです。アメリカの食でこれだけおもしろいことが書けるというのもすごいことのような気がする。

2008-06-25 (Wed)

『スカイ・クロラ フィギュア付BOXセット スカイ・イクリプスバージョン』

届きました。散香は航空ショー展示モデルです。これがスクリーンを飛ぶわけかあ。たのしみすぐる。写真はあとで載せる。

さんざん迷った挙句こっちだけ買ったのだが、やはり両方買っておいた方がいいかも知れないと思いはじめている。

2008-06-06 (Fri)

野口悠紀雄『円安バブル崩壊』

円安バブル崩壊―金融緩和政策の大失敗

円安バブル崩壊―金融緩和政策の大失敗

週刊ダイヤモンド誌でずっと連載している「超」整理日誌の13冊目の単行本化。単純に連載を集めただけではなく、加筆再構成されて普通に書下し書籍のようになっている。前回のときも思ったが、近頃は雑談的な話題が非常に少なくなり、ほとんどが日本経済に関することが主題になっている。しかもその論調が非常に苦しそう。

円安バブルという言葉に象徴される金融(為替)政策、構造改革論、税制、年金問題など著者の主張を概要を平易な形でざっと解説している形になっている。このシリーズの読者だけでなく、はじめて読む人にもオススメなのではないだろうか。しかもこの人は80年代から一貫した内容で、ほとんどブレがないところがすごい。

表題の円安バブルについては、製造業の業績が回復したように見えるのは単に為替レートに政府が過介入しているからで、その結果として円キャリー取引の増大を生み円安が自己増殖する、というような感じ。ビッグマックレートでは1ドル70円でもおかしくない、というような書き方でおおざっぱにわかりやすく説明している。


これまでの『「超」整理日誌』読書記録

2008-06-03 (Tue)

難波江和英, 内田樹『現代思想のパフォーマンス』

現代思想のパフォーマンス (光文社新書)

現代思想のパフォーマンス (光文社新書)

おもしろい。ソシュールバルトフーコーサイードレヴィ=ストロースラカンの6人の思想を著者2人が解説して、それにさらに実践編が付いて、その思想の「使い方」の例がわかる、というもの。新書ではじめて読んだのだが、元は学術書の出版社から少部数で出ていた本らしい。

2人の著者のうちどっちがどの章を書いたかを事前に知らなくても、読めばどっちかわかる。というか内田樹さんの書いた方がすぐにそれとわかる。詳しくはあとで書く

2008-06-02 (Mon)

2008年5月に読んだ本から

旅行中なのでこれ書くタイミングが遅れました。5月に読んだ本では、やはりクラカワーに尽きる。とにかく読み応えがあって、特に『空へ』は一気に読ませるし、他のも読み進むうちに苦しくなるところはあるけど目が離せない感じがして結局最後まで読み切ってしまう。

しかし『空へ』はハードカバー文庫とも既に絶版Amazonのユーズドストアにはどちらもそれなりの数が出ているので探しやすい。

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか

荒野へ

荒野へ

他には内田樹ブームが再び到来していることなども先月の読書傾向の特徴かも知れない。こちらはまだ継続中。というか著書が膨大にあるので追い付かない..。

ちなみに、アフィリエイトで最も売れたのはロクに内容も紹介していないこの本でした。

Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~

Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~

まだちゃんと書いてないけどオススメです。これはくどくど書くより本屋で手にとってもらった方がいい。

2008-06-01 (Sun)

RailsConf2008 Conference Session Day 3日目レポート

最終日。セッションは午後までで終了になります。もう体力的にも限界

この日の山場は事前にティーザーで6/1に詳細を発表すると言っていたPassenger(aka mod_rails)と、そのページにあった謎の処理系"Ruby Enterprise Edition"についてだろうか、と勝手に思い込んでいたのだが実際に朝のセッションの入り具合を比べてみるとそんなでもなく、これにばっかり注目が集まっているというわけではなかった。

Phusion Passenger

ともあれRuby Enterprise Editionの内容も気になるのでやはりPassengerのところへ。あとで書く

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
Connection: close