あとで書く RSSフィード Twitter

2008-07-30 (Wed)

ビョルン・ロンボルグ『地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す』

地球と一緒に頭も冷やせ!

地球と一緒に頭も冷やせ!

エコ本はいろいろ読んでいるけれど、本来はこれだけ読めばOKなはずという1冊である。といいながらもボリューム的にしばらくあとまわしにしてて事前にいろいろと別の本をつまみ喰いしてる状態だったのでようやく読書

山形浩生さん訳。内容的には『環境問題をあおってはいけない』を温暖化に絞ってより平易に解説したものに、(もう終わったけど)洞爺湖サミットあたりをめざして加熱気味だったここしばらくの情報を追加したもの、という感じ。現在の状況にはかなり苛立しがあるだろうに冷静に議論しようとするところはえらいよなあ。

訳者がインタヴューの形で本書の内容を簡単に紹介してくれているのでそちらを参照するとだいたいなにを言っているかはわかる。

ビョルン・ロンボルグ氏の著書『地球と一緒に頭も冷やせ!』は、そんな感情的な方向へとミスリードされがちな温暖化の議論に、文字通り冷や水を浴びせるような内容となっている。

《中略》

訳者山形浩生氏が本書、そして著者ビョルン・ロンボルグ氏について語ってくれた。

Business Media 誠:洞爺湖サミット直前だからこそ読んでほしい本:『地球と一緒に頭も冷やせ!』とは?――訳者・山形浩生氏に聞く (1/2)

もちろん詳細な説明などは読んだ方がいい。

しかし、WIRED VISIONのblogの反応などは、どうしてこんなんなっちゃうの? ていうくらい変な話になってしまう。

しかし、こうしたお金で考える「ロンボルグ式」の議論には問題があります。

コンビニ深夜規制は地球に役立つ? 〜 ロンボルグの「地球と一緒に頭を冷やせ!」をクールに考える【後編】 | WIRED VISION

このあと続く本書(と著者)への批判が全く的を外している。これはあとで書く

2008-07-25 (Fri)

配本開始! 水野貴明他『Webアプリケーション テスト手法』

Webアプリケーションテスト手法

Webアプリケーションテスト手法

Webアプリケーション開発において「テスト」をどのように実施したらいいのか? ということを様々な言語フレームワーク別に紹介しています。Perl, ActionScript, PHP, Rails, Javascriptなどの言語別にそれぞれ紹介がある他、パフォーマンステストセキュリティにまつわるテストなど一般的なWebアプリケーション開発で参考になりそうな内容も。複数言語串刺しの本はあんまりなかったのではないだろうか。

上の著者名にも出ていますが、ひょんなことからこの本のChapter 6, Railsにおけるテストについて書かせてもらいました。著者が多いのは各言語で違う人が書いてるからだったりします。

いろいろとフォローとか裏話とかパッチとかがあるのであとで書く

2008-07-24 (Thu)

村井哲之『ハイヒールと宝石が温暖化をもたらす』

ハイヒールと宝石が温暖化をもたらす (PHP新書)

ハイヒールと宝石が温暖化をもたらす (PHP新書)

これはなかなかいい本なんじゃないかと思う。大事なのはリサイクルでもリユースでもなくてリシンクだと説く。題材にはCO2の他、太陽光発電OLPCなど。内戦政治不安が環境によくないという大事なことがさらっと書いてあるのもいい感じで、本のタイトルの「宝石」はそこから来ている。ディカプリオ主演の『ブラッド・ダイヤモンド』とか見るとよくわかる。結論として出てくる著者の主張に必ずしもすべて同意するわけではないが、根本から考えるという方法そのものはいいと思う。


関連

2008-07-22 (Tue)

大和田順子, 水津陽子『ロハスビジネス』

ロハスビジネス (朝日新書 97)

ロハスビジネス (朝日新書 97)

昨日読んだ玉村さんの本から連想して積んであった中から未読処理。あとで書く

途中に出てきたセーラ・マリ・カミングスさんの造り酒屋再生の事例は前にどこかで読んだことがあるのだが、どの本だったか忘れてしまった..。私の読書記録は役に立たないなあ。(←あとで書くばっかりなんだから当り前だって)

2008-07-19 (Sat)

高橋洋一『霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』

霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書)

霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書)

さらば財務省!』を読む前の予習のつもりで買った。聞き書き本。わかりやすくて面白いが、すぐ読めちゃう。立ち読みでもよかったかも知れない。あとで書く

『初めてのRuby』出版記念トークイベント

Rubyはともかくジュンク堂でと聞いて参加しないわけにはいかないですよね><

初めてのRuby

初めてのRuby

あとで書く。懇親会も含めてたのしかったです。

2008-07-18 (Fri)

吉原真里『ドット・コム・ラヴァーズ ネットで出会うアメリカの女と男』

これはすごい本。すごすぎる。現役大学教授の体験型ドキュメンタリで、match.comからお金もらってもいいんじゃないかと思うような生々しい、けれど楽しい話が満載。そしてそれを通して現代のアメリカ文化についてのある一面を克明に知ることができる。

ハワイ大学教授の職にある著者が一年間のサバティカルでニューヨークに滞在した際にいわゆる「出会い系」の雄であるmatch.comに登録する。そのことを同僚に告白調に報告したら、そんなことは誰でもやってるからたいしたことではないというようなことを言われ拍子抜けしたりするのだが、ともかくその後、match.comを通じて出会った趣味の合った男性達とのデートの様子を人文系学者らしい分析的な筆致でセキララに描く。

登場する男性名前こそ仮名になっているが、実際に本当にネットがきっかけでお付き合いした人たちで、食事やコンサートや会話の様子だけでなく、お互いの家に行ったりベッドに入ったり入らなかったりといったことまでちゃんと書いてある。その数10人を楽に超え、中にはかなり真剣な付き合いをした人も含まれている。

著者のサイト上でのプロフィール(相当に作り込まれている)をちゃんと読みこなして、人文系大学教授を付き合おうと連絡を送ってくる男性たちは皆それぞれに魅力的に描かれていて、デート中の会話なども相当に知的で密度が高そうでうらやましくなる。こういう出会いが有り得るなら有料会員になって利用してみようかと半ば本気うっかり思ってしまうくらい興味を惹かれてしまった。ある意味必読。

追記: 著者によるそのものずばりのタイトルがついた『Dot Com Lovers』なる日本語blog発見


関連

著者は日本語の一般書としては、本書と同じ中公新書から既に2冊本を出していて、本書が3冊目。うち1冊は私も以前読んでいました。他に英語の専門書がいくつかある。

2008-07-14 (Mon)

河内孝『YouTube民主主義』

タイトル釣りっぽいのだが、とても面白かった。副題の『メディア革命が変えるアメリカ近未来』の方がより忠実に内容を表わしているのだが、流石に地味すぎたのだろうか。正直に言うとマイコミ新書なめてましたというか、やればできるじゃんというか、著者は毎日新聞社の重役だった人なので出版社には違和感はないのはずなのだが、ちゃんとこういった内容の本を出す力量はあるのだなあなどと失礼な感想を持ったくらい興味深く読んだ。続きはあとで書く

『近距離恋愛』

http://www.sonypictures.jp/movies/madeofhonor/

原題は "Made of Honor" なのですが、邦題はこうなったようです。会社でやってるサービス試写会プレゼントキャンペーンやってたこともあって気になってしまい、封切になったのでうっかり見に行ってしまった。ラブコメ映画館で見るなんて何年ぶりだろう。

ストーリはこんな感じ。トム(パトリック・デンプシー)とハンナ(ミシェル・モナハン)は、大学時代から10年来の大親友。ある日、ハンナがスコットランドへ6週間の出張となったため会えない時間を過ごすうちに、トムは彼女への恋心に気付いていく。けれど、ようやく帰国したハンナは出張先で知り合った男性との婚約を報告。しかも親友のトムに"Made of Honor"(花嫁付添人)をやって欲しいと頼まれしまう。トムは結婚式までの2週間、ハンナに頼まれ花嫁付添い人として式の準備を進める一方で、なんとか自分の気持ちを伝えようと奮闘するが..。

ネタバレは避けつつ感想を書くと、ベタだけど楽しめましたよ。スコットランドの風景はすごく綺麗なんだけど描写はおちょくってるみたいな感じで、しかもパトリック・デンプシーの演じるニューヨーカーである主人公はライバルであるスコットランド貴族に何をやってもかなわない、という描写が興味深い。

同じポール・ウェイランド監督の『ロザンナのために』がめっちゃ好きなんだよね。文句なしにオススメです。

それからデート通.jpでは現在はまた違う映画試写会プレゼントやってるので興味のある方はそちらもぜひご応募ください。こっちはラブコメじゃないし当選人数も少ないですが、かえって穴場かも知れません。

2008-07-09 (Wed)

小谷野敦『恋愛の昭和史』

恋愛の昭和史 (文春文庫)

恋愛の昭和史 (文春文庫)

恋愛の昭和史

恋愛の昭和史

また積ん読してたら文庫が出てしまったというパターンだが、ともかく文庫で3日かけて読んだ。めちゃめちゃ面白い。仕事がなかったら一気に読みたかったところである。明治期の小説からはじまって最後は90年代マンガとか歌謡曲まで、恋愛がどう描かれてきたかを通してその時代に恋愛についてどうとらえていたかをめちゃ念入りに探ってしまうんだけど、文学研究というよりもなにかもっと熱いものを感じてしまう気合いの入りようである。確固たるポジションというか。続きはあとで書く

2008-07-07 (Mon)

斎藤ネコ ストリングス・カルテット at 吉祥寺MANDALA 2

ひさしぶりに行って、しかも大遅刻して9時頃着いたのだが1部終わったところであった。2部のゲストはすごかったですねえ。あとで書く

椎名林檎『私と放電』『私の発電』

私と放電(初回限定盤)

私と放電(初回限定盤)

私の発電 [DVD]

私の発電 [DVD]

発売日は7/2であるにも関らず、今日になってようやく買った。ネコかるライヴとは関係なくて偶然今日買ったんだけど、そういうシーズンだということであろう。

B面ベストというコンセプトは人を選ぶと思うのだが、この人の場合は文句なしに素晴しくききごたえがある1枚になっていてすごすぎる。これでキャリア10年。そして10年を積み重ねても未だ29才というところがまたすごい。

続きをあとで書く

2008-07-01 (Tue)

Amazonアフィリエイト2008年Q2の売れ筋書籍

1位から順に。

レバレッジ英語勉強法

レバレッジ英語勉強法

Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~

Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~

Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)

Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)

達人に学ぶ SQL徹底指南書 (CodeZine BOOKS)

達人に学ぶ SQL徹底指南書 (CodeZine BOOKS)

新海誠美術作品集 空の記憶~The sky of the longing for memories~

新海誠美術作品集 空の記憶~The sky of the longing for memories~

農!黄金のスモールビジネス

農!黄金のスモールビジネス

大統領の料理人

大統領の料理人

8位以下同数(少なくて順位にならない..)。

昭和三十年代主義―もう成長しない日本

昭和三十年代主義―もう成長しない日本

工学部・水柿助教授の解脱

工学部・水柿助教授の解脱

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

アメリカン・コミュニティ―国家と個人が交差する場所

アメリカン・コミュニティ―国家と個人が交差する場所

Rails of Ruby on Rails』を僅差で『レバレッジ英語』が制する。実用書に偏ってる感じがしますね。新海さんの本はこっちじゃなくて裏の日記で売れていた。この時期に紹介した『米で起業する!』よりもそこに貼ってあるだけの『農 黄金のスモールビジネス』の方が売れてしまうという不思議。あと個人的にいちばん印象に残っているのはクラカワーだが、やはり版元品切れだとぜんぜん動かない。


関連記事
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |