あとで書く RSSフィード Twitter

2010-08-22 (Sun)

マーカス・デュ・ソートイ『シンメトリーの地図帳』

シンメトリーの地図帳 (新潮クレスト・ブックス)

シンメトリーの地図帳 (新潮クレスト・ブックス)

同じ著者で同じ新潮クレストブックスから出ている『素数音楽』が素晴しかったので新刊を見つけたときはうれしかった。といいつつ買ってからかなり時間が経ってしまったのだが、ようやく時間ができたので期待に胸をふくらませつつ読みはじめたらその期待をはるかに上回るおもしろさ。素晴しい。詳しくはあとで書く

前著もだけど、冨永星さんの翻訳も大変適切だと思います。とにかくあとで書く

2010-08-08 (Sun)

加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

去年出た本であるタイミング逃したので改めて今年読んだ。タイトル精神的に重そうというか、道徳的な気分を想像させるものだったのがやや敷居が高そうだと勝手に思っていたのだが、かなり冷徹な経済史の解説になっていてびっくりした。もともとは高校生向けの5日間の講義だったらしいが、高校生ときにこんな話を聞ける人がまたうらやましいし、マニアックな質問を投げかける生徒たちもまたすごいと思う。

余談

今年、これ以外にも日本の戦争がらみの本をたくさん読んでいるのだが、言うまでもなく『真夜中の太陽』の影響である

2010-08-06 (Fri)

三浦佑之, 赤坂憲雄『遠野物語へようこそ』

遠野物語へようこそ (ちくまプリマー新書)

遠野物語へようこそ (ちくまプリマー新書)

今年は遠野物語100周年らしく、学生時代に何度か拾い読みしてるけど読み返すにはちょうどよいかと思っていた。どうせ読むなら話題になっている間に、そして夏の間に読まないとなんか感じ出ないなーと思って読むための解説書を何冊か買ってみたのだが、なかでも入門によさそうだなあと思ったのがこれです。

遠野物語そのものをいまから買うならこれが安くて入手もしやすくて良いと思います。

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

2010-08-03 (Tue)

泉幸甫『建築家がつくる理想のマンション』

クリストファー・アレグザンダーのもとで盈進学園の建設に関わった泉幸甫さんの著書を発見したので読んでみました。めちゃめちゃ面白かったし、泉さんの作った家に住みたくなった。くわしくはあとで書く

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |