あとで書く RSSフィード

2011-01-18 (Tue)

映画の『ソーシャル・ネットワーク』を見てきた

前に読んだベン・メズリックのFacebookの本の映画を見てきました。既に去年のうちに試写で見た人や公開初日に行った人なども多く、原作も読んでたし映画の前評判も聞いてたしでもうすっかり見た気になってたんだけど、やっぱり実際に見てみて思ったことなどあるので一応書く。

デヴィッドは『セブン』と『ファイト・クラブ』くらいしか見たことないのだが、この2つだけでも相当すごいイメージなので期待も高かったんだけど、まず、やっぱけっこう面白かった。映画映画アレンジとして、特にプログラマ視点で見るとありえねーーっていうシーンもいっぱいあるけどそれもそれで面白い。

メズリックの本と比べてボート部のウィンクルボス兄弟の比重が大きいと感じた。これは要するにあの兄弟が起こした訴訟に関することのシーンが多いということである。なんだけど、ということはつまり、私のような自分もプログラマでfacebookもよく知ってる人間にとっては、この映画は即ち訴訟の映画だということになる。

本でも映画でも、描かれたことだけから判断するとどうみてもあの兄弟に6500万ドルをせしめるだけの功績はありそうもない。むろん、描かれていないことはあるかも知れないけれど、それはそれとして、我々プログラマが従っている世界のルールにおいては、ただのアイデアには価値はなく、実装することによってはじめて価値を認められる。ところが映画の終盤では、弁護士がザッカーバーグの言うことを認めながらも評判を考えて和解をすすめている場面が描かれる。これにはけっこう見ててつらいものがある。

その我々が抱くストレスを、当時のハーバードの学長のラリー・サマーズが代弁しているところが痛快だ。兄弟の片方が「ジェントルマンは訴訟はしない」と言ってるのと合わせ、それをその後の展開と比較すると、エリートの理想と現実が見えてくる。

対サベリンの訴訟についてはだいぶ感じが違うというか、こっちはほぼメズリックの本の通りの印象になっている。これについては映画の範囲を超えてまた書きたいことがあるのでそのうち何か書くかも知れない。

前半のスピード感ある展開は見てて気持ちがいいし、やっぱりコード書きたくてウズウズしてくる。あと講演のシーンで出てくるビル・ゲイツ役の人が妙に似てたりするのも面白かった。

それになにより、こういう作品が宣伝映画じゃなくて娯楽映画として作られてしまうfacebookが心底すごいと思った。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 |