Hatena::ブログ(Diary)

鬼の棲み処

2013-09-22

[] ご褒美?





琵琶湖の朝は早い。mixiにそうつぶやいてから、原因が自分のミスであることに気付いて「テヘヘ」と照れ笑いする42歳の男の子、おーがです、みなさんこんばんは。
単純に耳栓するの忘れただけなんやけどね。


てな訳で、日曜日の朝早くから訪れるバサー(ブラックバス釣ってる人のシャレオツな言い方)のガヤガヤで叩き起こされた時間は7:00。
二度寝決め込もうと耳に蓋するが、今度は暑くて意識がはっきりするばかり。
まぁ、それも当然で、寝る前に車の向きを確認して西向きで寝たんはえぇけど、朝日が真東から昇る訳も無いし、きっちり西向いてるわけでもない。
結果、朝日はおーがの横顔を直撃し、ジリジリと肌を焼くわけでして、7:30頃トイレに起きたまま湖畔のベンチでバサー見学。
30分くらい見てたけど、ボートで沖に出てる人含めて10数名、誰も釣れてへん。あれはあれで楽しいのか?
とか思いながら釣り道具持ってこやんかった事を後悔したり《笑

本気ですること無いんで仕方なく車に戻ると、全員起きてた。
ここで飼い主様に今日の予定ぶちあげつつ近場にあるイオンの営業時間調べると、食品売り場は7:00開店。
じゃあってんで首尾よく食材確保すると、元の場所へ引き返す。
わざわざ琵琶湖まで来ておとなしく帰る訳もあるまい?
ゆっくり買い物してたから9:00くらいから朝飯兼昼飯にBBQ的な何かを始める訳ですよ!

ところがここでトラブル発生。
いや、厳密には夏休みの榛名で発生してたんやけど、炭に火が点かない。
いつも通りアルストで炭の直火焼きする方法なんやが、60mlのアルコール使いきるまでくべてた炭は七輪に移すとすぐに鎮火。
あれ?なんて思いながらもう1度60mlアルコール入れて炭戻す。
アルストの火が消える頃に七輪にキッチンペーパ数枚を焚き付けに入れたとこへ着火した「はず」の炭入れてひたすら団扇で扇ぐ。
キッチンペーパが燃え尽きると同時におーがも燃え尽きた。
一部赤く燃えてた炭から熱を感じやんくなった。つまり鎮火。
榛名でもアルストにくべて放置してたのに火が点かんくて「?」てなったんやけど、買い物行くってんで放置しといたら森の妖精さんが火付けしといてくれたの思い出した。
同じ炭でこんだけやって火が点かんて事は・・・おーがが下手くそ?

最後のアルコールをアルストに注ぎながら「こんでアカンかったら撤収や。」なんてえらいこと言い出したおーがに飼い主様がアドバイス。

「その炭て、こないだカインズで買うたやつ?」
「いや、その前にドンキで買うてきてもろたのんの残り。」
「カインズのは積んでんのやんなぁ?」
「あるはず。」
「そっち使ってみようよ。私取ってくるわ。」

多分、火が点かんくてイライラし始めたおーがに気ぃ遣ったんやろね、飼い主様が車へ向かう。その後ろをnnkが着いてく。UKTは我関せず《笑
結果、カインズで購入した炭にあっさり火ぃ点いた。アルコール60mlも要らんかったくらい真っ赤っ赤。

まずは火の様子見るためってな感じで米炊く。ほんまはアルストで炊くつもりやってんけど、アルコールがあれへんからしゃあない。
飯盒が吹きこぼししやんように火加減見ながら炊くんやが・・・いつもと勝手が違う。
バスボートのEg音筆頭に、増えてきたBBQ集団のガヤガヤで音が聞こえやん。




七輪の上に飯盒が置いてある絵面を周りの人達はどない思てんのやろな?どないも思てへんやろけど《笑




とか思いながら、匂い確認するんやが、風に飛ばされて全く無臭。
しゃあないから箸で蓋抑えてグツグツ感のチェック。よぅ解らん。
蓋取って中身確認しようにも、今日に限って革手袋忘れてきた。こうなるとモノ言うのは経験。
飯盒の吹き方の様子、火にかけた時間から判断して飯盒を火から下ろす大博打

蒸らしの間に、とりあえずってんで焼き始めた鮭のハラス。
お腹すかせて小声で文句言うてたnnkが、やっと飯にありつけること察して目ぇ輝かせる。
焼き上がったハラスを皿に乗せながら、飯盒の中見ると




あらやだ、いい感じ。




相変わらず天才的にうまいこと炊けた米があれば、本日のメインが生きるってもんさ。

f:id:ogre-ogre:20130922104516j:image
秋やねぇ。
お試して事で1匹しか買わんかった事を後悔する美味しさ。
普段、苦いから言うて嫌々食べてるUKTに「なんで1匹なん?」て文句言われる始末。
実際、このサンマがあと2匹あれば、身をほぐして軽くご飯に混ぜ込みながら食うなんて贅沢出来た事考えると後悔するしかあれへんね。
飼い主様とnnkが笑顔で分けあってるの見て割りと幸せな気分になった。
この後、お約束のお肉になるんやが、さすがにほぼ3人で2合の米平らげた後だけに、おーが以外はギブアップ。おーがの1人勝ち状態で肉焼いて食って肉焼いて食って肉・・・食えねぇ《笑
結局肉残してお食事終了。

食べ終わったとなればお片付けなんやが、七輪が冷めやんと終わらん。
のんびりぎなぎなお片付け初めて、ほとんど終わった頃に駐車場にわらび餅売りの車が入ってきて営業開始。
おーががトイレに向かう途中、例の「わぁあらびぃぃもちぃぃぃ」てな売り口上(?)が始まった。
そしてそれがおーがには「ワァアナビィィ」て聞こえたん。
もうその瞬間、口元緩んで「トリッシュかよ、スパイスガールズかよ!」てな




独り言ブツブツ言いながらニヤニヤする42歳の男の子




の出来上がり。
もうね、完全に通報対象。よく無事やったて思うくらい。
あ、意味分かんない人は最寄りのお店で聞いてください。

さて、話し戻してお片付け。
結局、撤収まで1時間くらいかな?木陰でうとうとする飼い主様の顔見ながら、nnkあやしながらゆるゆるした時過す。
UKTも琵琶湖の方に向いて、持参したWalkman聴きながらまったり。

そんなまったりした空気のまんま、次に向かうは最新のまったりスポット「ピエリ守山
もうね、何も言うまい。
駐車場に結構車停まってたもんやから、飼い主様と「メディアは盛りやがるな。」てな話してたんやが、実際見てびっくり。

f:id:ogre-ogre:20130922134131j:image
数日前にmixiの記事で知って「SWATごっこしたい」みたいなコメントしたんやが、現実は遮蔽物無さ過ぎて無理。
せいぜい奥の方に立て籠もるテロリスト集団との銃撃戦くらいしか出来へんね。
ただ、入ってすぐのとこでカート片付けてるおっちゃんとか、不気味な厚化粧した案内嬢とか見かけたから営業続ける気は満々みたいやね。

目一杯まったりを楽しんだら、本日のメインイベント会場へ。
事前に飼い主様が「琵琶湖行くんやったら行きたいとこが・・・。」言うてたんやが、おーがははなっからそこへ行くつもりやったんよ。
目指すは「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」内の1店舗のみ!
軽く「不親切な」案内看板に翻弄されて迷子になりながら到着。
もちろん「アウトレット」の意味すら知らんほど、こんなトコに縁があれへんおーがはあまりの人混みにLP削られまくり。
しかも「オサレ」を再優先した建物の造りと、その構造を上手に表示してへんアホがこさえたみたいな不親切な地図のせいで軽く迷子。あーだこーだ言いながら、お目当てのお店に到着。
チョコレート大好き飼い主様と、我が家のスゥイーツ男子UKTが崇拝するチョコレートメーカ。
ここの




ミニストップのベルギーチョコソフトが『うっすぅぅぅく』感じる




ほど濃厚な「限定店舗のみで販売されるチョコソフト」がお目当て。
おーがが30分ほど並んで、スウィーツゲット!
チョコレートに興味あれへんおーがは、美味しけりゃなんでもいいnnkと「ホワイトチョコの入った桃味のなにか」を半分こ。
まったく写真があれへんのはスマホすら持ってへんかったから。
皆がニコニコしてるのを見ながら嬉しくなりつつ撤収。

美味い飯食うて、まったりして、デザート食うたら、後は風呂っしょ?
琵琶湖畔、つか、普段山賊連中が野宴したりに使ってる辺りは草津市。たまたま温泉が湧いてるだけで、天下の名湯「草津温泉」のばったもんが出来上がる。
勘違いする観光客目当てかどうか知らんけど、日帰り温泉のお値段がお高目なとこが多い。
でもって秋の行楽シーズンなんやから客が多かったりしたらせっかくの温泉気分が台無し。
そこでおーがが選んだのはなんの観光地も無いこちら
車で走ること1時間30分。割りと薄暗い山の中、プチ峠道の途中に現れた複合型温泉施設は、温泉以外すでに閉店。
正体不明なわさびソフトクリームも地場産野菜も売ってへん。
温泉に入ると、多少古さを感じさせる造りやが、味があるまでは古なくて中途半端。
ところが、ここのお湯が凄い。ヌルヌル感が半端ない。
最初にUKTとジャグジーに入ったんやが、泡掬って投げれるくらい湯の粘度が高い。
ジャグジー出て別の湯船でもかなりヌルヌル感あったからここの泉質なんやと思う。




ここで貸切風呂とかやったら少子化対策になるやろなぁ。




とかも思った。もちろん、エロい意味で。
しっかり1時間くらい浸かったら、今回の「夏休み延長戦」は終了。
普段ピリピリせざるを得ない職場、職種でストレス溜まってるはずの飼い主様の、ホコホコした笑顔見れて満足な1日になったとさ。

かみかみ 2013/10/05 09:17 飼い主ちゃんとヌルヌルプレイまで読んだ(`・ω・´)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ogre-ogre/20130922/p1