Hatena::ブログ(Diary)

Ohnoblog 2 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-19

理解の仕方と「正しさ」の行方 - セクハラ騒動について個人的に

本文中で言及したaozora21さんのブクマコメントについては、御本人から本記事メタブクマでご指摘があり、再追記しております。


前記事の本文(付記は除く)では、なるべく私的意見や価値判断を含めず、あくまで一般的なセクハラ概念の説明を試みた。私の立場は、「まずセクハラの概念を理解すべき。そうでないと話にならない。その上で、個別の事例をどう見るか、そこでどういう態度を取るか、さらにはセクハラ概念そのものや運用に疑義を呈するか否かという話になる」というもの。

これまで関連記事につけたブコメも、あちこちのコメントも、あまりに意見が錯綜していると思ったのですべて「セクハラ概念を理解すべき」というスタンスで書いている。しかし個人的には、「セクハラだと言われたらともかく謝ってしまえ」とか「どこまでも被害者感情を優先せよ」とは微塵も思っていない。この点、誤解されそうなのではっきりさせておきたい。

で、今回のid:Brittyさんとid:ekkenさんの件について、遅ればせながら"個人的に"思っていることを書く。以下時系列に従って。


ekkenさんが軽い気持ちで書いた最初のブコメについては、確かに「下品」で相手との距離を見てない軽卒な振る舞いだと感じるが、特別非難の対象になるとは思わない。だがそれをBrittyさんが「性的嫌がらせ(セクハラ)」と感じたのは、個人の感じ方なのだから仕方ないことだ。

Brittyさんの最初の削除要請ブコメ(「おげふぃんは嫌いです」)は、削除要請としてはかなりわかりにくい。だが冗談ぽくしか書きづらい心情があったのかもしれず、これも仕方ないと思う。そのidコールを、idコール自体を見る習慣のないekkenさんが気づかなかったのも、致し方ない。そのことを知らないBrittyさんが、あえて無視しているのかと誤解し、辛抱できなくなってあの記事を上げたのも、互いの齟齬による結果であり流れとしてはやむを得ないことだったと思う。

というわけで、ここまでの経緯をことさら問題にしても意味はない。


セクハラ概念をまず理解し、相手の要請内容を把握した上で態度決定するべき

ekkenさんが「抗議されたネガコメは対話のきっかけ及び資料(悪い見本)として残した方が良い」という考えに従って、Brittyさんの削除要請を一旦保留し自分のブコメを残す提案をしたのは、Brittyさんがどういうことに不快を感じ何を要請しているのか、ちゃんと把握してなかったからだと思う。セクハラ概念についてよく知らず、「嫌がらせではない」「悪意はなかった」という気持ちがあり、特に関係を拗らせようとかもったいぶろうということではなかったと(以上は好意的に解釈している)。

しかし、Brittyさんの言う「性的嫌がらせ」がセクハラを意味していることは明らかだった。その際、取りうる対応は二種類ある。

一つは、一般的なセクハラ概念を知った上で、それに従ってスタンダードな対応をとる(謝って要請通り削除して終わり)。

もう一つは、一般的なセクハラ概念を知った上で、こうしたことまで適用されるセクハラ概念自体に疑問をもつ(あるいは一定限理解するが削除要請までは行き過ぎと思う)ので、気分を害したことについては謝罪するが削除はしないという姿勢をとる。


もちろん後者をとった場合、更に紛糾し結局は削除要請を出されて終わりかもしれないが、セクハラという概念やその運用についてどう考えるか、周辺でもう少し建設的な議論になった可能性はある。どちらにしても、はっきりとした態度を取るべきだったと思う。

これだけ関連記事でもそのブコメでも「セクハラ」という言葉が頻出し、何より自分が当事者であるのに、セクハラ概念が何たるかを積極的に理解しようとした感じもなく、最初のブコメを言葉は違えど同じ意味に書き換えて良しとしていたのでは、単に怠惰なのか意固地になってるのか‥‥と見られかねない。一貫して態度の変わらないBrittyさんから、はてなを介した削除要請を出されるのは当然だ。


以下、ekkenさんとこのコメ欄に昨晩書き込んだ私の発言から引用。

「「あとでかく」だと性的な誤解を受ける可能性がある」とは、「あとでオナるのかと誤解を受ける可能性がある」という意味ですよね。「あとでかく」をオナニーと結びつけていること自体が、性的表現のうちに含まれます。セクハラにおける性的表現とは別に直接的な「下品」な言葉を指すだけでなく、記事に書いたように「性に関与していると一般に解釈可能な言葉、行動、表現」であり、それは文脈依存的です。

「オナる」という表現がNGで「性的」ならOKなのではなく、どちらの文面においても「あとでかく」がオナニーと結びつけられているとわかることそれ自体がアウトなのです。


Brittyさんは記事にこう書きました。

>あなたが私のエントリのブックマークコメントに私の使用するタグに関して書いた性的なメッセージを除去してください。


Brittyさんはekkenさんの最初のブコメにおいて、「あとでかく」を「あとでオナる」ことと結びつけている表現(=私の使用するタグに関して書いた性的なメッセージ)に強い不快感を覚えているのですから、それを次に「性的な誤解を受ける可能性」と書き換えたところで意味は変わらず、依然として同じ「性的メッセージ」は発せられている、よって不快感も変わらないわけです。ekkenさんはBrittyさんのブコメ削除要請に応じていないことになるのです。


この後のやりとりもセクハラ理解にいくらかは役立つと思うので、興味のある方は参照して下さい。

ekkenさんは自分がどういう土俵の上に乗っており、どういうルールが適用されているのか、ほとんどわかってなかったように見えた。もし仮に要請をつっぱねたかったとしても、それを知らなければ対応しようがないのではないかと思う。


セクハラ概念は万能ではなく、「正しさ」は常に検証されるべき

Brittyさんの削除要請は彼女の立場に立てば当然のことだと思うし、相手がどうやらセクハラ概念の基本を理解してなさそうなことについて、わざわざ説明してあげる義務もない。また、id:pbhさんの記事を「セカンドレイプ」としたことも正しい指摘だと思う(こちらのコメ欄での私の発言(相手はpbhさん)を参照)。

しかし、上記のコメ欄でAntiSepticさんとpbhさんと私が議論している時に、そこで出たpbhさんの発言(Brittyさんへのidコール付き)について、「不快だ。24時間以内に削除しなければ第三者による紛争解決プロセスに移行する」と通告してきたBrittyさんの態度には、同意できない。私の疑義コメントに対して、自己の整合性を保つためだということを書かれていたが、自己の整合性を保ち信念を通すためなら、人の議論を妨げても(実際そこではやめざるを得なくなった)構わないのだろうか。

idコールがいちいち飛んできて追い打ちをかけるように傷に触られては不快だし、そのことを抗議するのはわかる。しかし「あれは性的嫌がらせであり私は不快」と言いさえすれば、すべての要求が通るわけではない。「不快だから削除せよ、さもなくば」というのは、被害者感情と立場を振りかざした強権的で脅迫的な態度(とあえて書く)に感じる。


それと関連して、ekkenさんが今後への戒めとしてブコメを残す提案をした記事のブクマにあった、「Brittyさんが同意するなら良い提案では」(削除済みなので記憶です)*1というid:aozora21さんのブコメに対し、「あなたに意見は求めていない」と言い「場の圧力に荷担する」ものだと批判したBrittyさんのブコメ(現在プライベートモードになっており確認できないのでこれも記憶)にも、強い違和感を覚えた。

どこに「場の圧力」があったのだろうか。それまでのブコメの反応を見る限り、「これはekkenさんの対応が良くないのでは?」「セクハラでは?」という声は結構あったはずだ。Brittyさんは自分が孤立無援で闘っており、少しでも自分の感情を逆撫でするコメントは全部消されるべきだと言うのだろうか。あのような穏健なコメントまで批判するのは、それこそすべての人が私の感情を慮り言動を慎めという「圧力」ではないだろうか。*2

aozora21さんはこれ以上刺激するとマズいと思ってブコメを引っ込めたのかと推測するが、こうしたことが「あの人はそういう人だから特別気を使わなくては」「怖くて意見も言えない」という空気を醸成するとしたら、非常に窮屈だし気持ちが悪い。*3

セクハラという概念の運用は、それまで声の出せなかった人に声を与えたという意味で一定の成果を上げてきた。そこにある基本的な考え方は尊重したい。しかしその概念は万能ではないし、そこで主張される「正しさ」は常に検証されなければならない。「正しさ」もまた暴力となりうるのだから。


この記事は、ekkenさん(やpbhさん)にとってもそうかもしれないが、後半部は特にBrittyさんには読みづらい記事かと思う。

あの件についてはもう語らないと言っている人を俎上に上げてしまったことについては、お詫びしたい。

この数日間ずっと何とも言えないモヤモヤを感じており、昨日の記事を上げた後でやっとまとめて書ける感じになったので、遅ればせながら個人的な意見を表明しておきたかった。

*1:コメント欄でBrittyさんからご指摘がありましたので、修正。「良い提案。(Brittyさんが)同意するなら、賛成!」だったそうです。●再修正:aozora21さんのメタブコメ→「よい提案」とは書いてない。「Brittyさんが納得されるならブコメを残すのに賛成!」(http://b.hatena.ne.jp/aozora21/20090220#bookmark-12212235より)/とすればBrittyさんの記憶も間違っており、「(aozora21さんがekkenさんのブコメを)留保なく承認している」(本記事コメント欄)とは言えないことになる。

*2:今になって思い出したが、この発言http://d.hatena.ne.jp/cnkt/20090214/p1#c1234665252にもかなり疑問を感じたことを記しておく。

*3:aozora21さんのメタブコメ→今この場では持論を通す正しさより傷を深めない方を選択しただけ。Brttyさんが怖くて手に負えないなどと思ったこともありません。(http://b.hatena.ne.jp/aozora21/20090220#bookmark-12212235より)/了解です。周囲の人がそう思うのではないかと思い書いたことですが、誤解を招く表現でご迷惑おかけしました。

BrittyBritty 2009/02/20 06:02 TBは受けました。
お詫びは受け取りません。
意図的になされたことを後悔していない方の「お詫び」ほど空虚なものが世にあるでしょうか。

ohnosakikoさんが書かれたことは書かれたこととして、
いま指摘した空虚な措辞に表現者として恥じない方だということは記憶しておきます。

BrittyBritty 2009/02/20 06:09 あとaozora21さんのご発言は、「よい提案。(私が)同意するなら、賛成!」です。はしゃいだ調子で不快でしたし、なによりご引用では私の同意が良い提案であるかの条件のようになっていますがそうではありません。留保なく承認している。それは引用されたのとは意味が違います。
記憶に頼って不用意なことを書くのは誰にでもありますが、こういうセンシティブな内容について第三者が憶測でいろいろというというのは憶測を広げるだけでよくありません。それをあえてなさっていることには憤りを感じました。

BrittyBritty 2009/02/20 06:10 以後この件について第三者であるohnosakikoさんと個別の件についてお話するつもりはありません。以上ご連絡。

nichijo_1nichijo_1 2009/02/20 07:07 今回のBrittyさんの件はセクハラなので、Brittyさんにとってはこの記事が被害者感情をさらに刺激することにもなりますね。ネットのセクハラは文字で情報が残るので分かりやすいです。今回のような分かりやすいセクハラではなくて、実際のセクハラには、恋愛で別れた後に女性から付き合いの強制を言われて訴えられる場合などもあります。あるいは、競争相手を蹴落とすためにセクハラをでっち上げる場合もあります。今回のBrittyさんの件よりも、もっと些細な呼び名の問題でもセクハラと言われますね。

今回のBrittyさんの件がセクハラとなると、例えば匿名ダイアリーに書いてあることで女性から男性へのセクハラと思われるものも少なくないですが、そういうセクハラ萎縮の雰囲気がはてなに及ぼす影響力がどうなるかは分かりません。ohnosakikoさんはこういう個人的な意見を表明をするのではなくて、セクハラ萎縮の雰囲気がはてなに及ぼす影響力のことなどを書いたほうがいいと思いますね。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/20 13:53 nichijo_1さん
>そういうセクハラ萎縮の雰囲気

「セクハラ萎縮」って何ですか?
セクハラと言われることを怖れて言動が萎縮することなのか、セクハラと言われてその後の言動が萎縮することなのか、セクハラされて抗議できず萎縮してしまうことなのか‥‥
ちょっと意味が把握できませんでした。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/20 14:17 >ohnosakikoさんはこういう個人的な意見を表明をするのではなくて、セクハラ萎縮の雰囲気がはてなに及ぼす影響力のことなどを書いたほうがいいと思いますね。

「セクハラ萎縮の雰囲気がはてなに及ぼす影響力のことなど」を書くのも、「個人的な意見」の「表明」になるかと思いますが。というか、意識的に解説の体裁を取らない限り(それでも限界はある)、すべては個人的な意見の表明以上のものではないですよ。

tari-Gtari-G 2009/02/20 17:18 はじめまして。いきなり発言する失礼をお許しください。

セクハラ問題や、それに関わるありがちな問題などをきちんと腑分けして、整理しようという試み自体は正しいと思います。前のエントリーもとてもよいと思いました。

ただやはり今回、具体的事件に直結する形で、特に被害者に言及する形で論じたのは控えた方がよかったのではないかと思いました。もはや終わりにしておきたい情報がどんどん拡散することになりかねない訳ですから。

もっと一般化した形で論じた方がよかったと思いますし、id:ohnosakikoさんの筆力であれば、それも十分可能であったろうと思います。

具体的事件に基づくものとするなら、少なくとも当事者に前もって断りを入れるぐらいはあってよかったように思います。止めて欲しいと言われた場合、どう考えるかは別にして。発表すること自体が、さらなるトラブルになる可能性もある訳ですから。

経緯も見ましたから、もやもや感も理解できます。

でも、特にセンシティブな問題を扱う場合、そういう感覚に引きずられないように注意した方がやはりいいと思います。最低1週間ぐらいは寝かせた方がよかったのではないかという気がします。一旦発表してしまえば、永遠に残る可能性も十分にあり、それはなにより被害を受けた人にはダメージにもなりかねませんから。あとで考え直しても手遅れになりかねませんから。

簡単な問題ではありませんし、脇からいきなり偉そうに言うのもどうかとも思ったのですが、はやいほうがいいように思って。もしも事前に知り合いに相談をされたらどう答えるかなと考えながら、とりあえず思ったことを書いてみました。

では失礼致しました。お許し頂ければ幸いです。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/20 18:07 tari-Gさん
こうした記事を上げることはしばらく逡巡しましたが、加害者、被害者の言動を含めて具体的事例に触れずに書くことのできない内容だと判断したことと、細部(お詫びとか引用の間違いとか)はともかく問題提起そのものには当事者にも理解を求めたかったので、ご批判、ご忠言のあることは予測しつつアップしました。

一旦ネット上にアップされてしまった発言が及ぼす影響ですが、それは発端となった記事を初めとしてこの件に関するすべての記事、コメント発言、ブコメ発言に言えることだと思います。削除されたものは別として、その他は被害者への疑義、加害者への批判も含めて膨大な量が残っています。
このことの(ネガティブな)影響は、被害者だけに及ぼされるものではないので、非常に難しい問題だと思ってます。

でもおっしゃる内容は理解できます。心に留めておきたいと思います。

瀧澤瀧澤 2009/02/20 21:06 はじめまして。
別に二次被害?の覚悟も込めて文章を書くのであれば、特にそれほど問題のある事例とも思えません。
少なくともこのエントリについて、問題があると見受けられる部分は無いのですから、腫れ物に触るようにする必要もありませんし、ましてや、評論をするに際して、該当する人間に対して是非を問うべきであるかのような悪しき前例も作る必要などありません。
逆に言えば、このケースは一面的には、具体例としてガンガン語る意義もあるケースと言えるでしょう。そして大野さんはその意義に対しても自覚的にエントリを上げたものと見受けられます。

そしてこの件に関しては、既に『第三者による紛争解決プロセスに移行し』ているようです。
http://d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20090214/p2#c1234704928
2009/02/16 22:35以降の段階で、紛争解決プロセスに移行しているはずであり、そのプロセスにおいて、未だに、目に見えての強制力の介入はとられていないようですから、少なくとも事後について大野さんの語っているレベルの問題は、第三者も大きな問題を感じていないと受け取って差し支えないのではないでしょうか?
そもそも論として、その『第三者』は、如何なる権限があるのかは知りませんが、それにすら仮のお墨付きを貰ったということで良いんぢゃないでしょうか?
ともあれ、問題は『第三者による紛争解決プロセス』が、回答のひとつを示してくれることでしょう。それまでは、各自が覚悟を持って語ればいい。

大野さんのこのエントリと、私のこのコメントが、その『第三者』による強制介入で消されることがあるのならば、その「強制力」についての是非がまた議論として上がるわけで、その議論すらするべきではないとなると、もうなんともはや。「近代」が自分で自分の首を絞めているみたいで。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/20 22:04 瀧澤さん
えー‥‥はじめまして。
このエントリを上げることの意味を見てとって下さったようで、どうもです。

「第三者による紛争解決プロセス」ですが、Brittyさんの仰る通りであれば、「第三者」に問題ないと看做されたか、まだそのプロセスに移行していないかだと思います。当該コメント残っていますので。

むしろそのコメントを書いた御本人が、今日の午後になってブログを閉鎖されていることの方が気になります。そのブログには、「セカンドレイプ」紛いの発言が含まれていたので。
AntiSepticさんと私が「ダメだよ」と言っていたのは、その発言で。それをpbhさんが、まだわからないと言ったことに対して「第三者による紛争解決プロセス」が出てきたのですが。
真相はわかりません。

>その議論すらするべきではないとなると、もうなんともはや。「近代」が自分で自分の首を絞めているみたいで。

いやまったく‥‥。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/21 00:22 自己レス
>むしろそのコメントを書いた御本人が、今日の午後になってブログを閉鎖されていることの方が気になります。

一連の件とは無関係だったようです。

tari-Gtari-G 2009/02/21 00:30 ohnosakiko様

先ほどは差し出がましいことを申し上げ、大変失礼致しました。ご趣旨は理解しました。ただ、今の状況をも見た上で、敢えてもう一歩というか、いくつか付け加えさせてください。

*

まず、性的な問題が多様なハラスメントの中で、特にセクハラとして重視されるのは、おそらく性的なものが非常にセンシティブだからであり、なぜセンシティブであるかといえば、それは性的なものが高度にプライヴァシーだからではないかと思います。

セクハラの排除というのは、単に不快感を保護するというだけではなく、また性的な接触から保護するだけでなく、その人の性的なもの、行動態様や考え方、そういったもの自体がプライヴァシーであり、本人が認めなければ他人は安易に触れてはいけないものだからではないかと思うのです。(但し、プライヴァシー権概念については深刻な争いがありますから、これにも勿論異論も各種存在しています)

そう思った場合、少なくとも性的なテーマについては本人と関わる限りにおいて保護されるべきものであり、まわりができることは、その情報に関する限り、その意向をできる尊重し放っておいてあげることだと思うのです。

以上は釈迦に説法だとは思いますが、それをまず申し上げたいと思います。

*

そして次に、そういったプライヴァシーとして考えると、本エントリー前半のセクハラだとして削除された情報に関する非常に具体的な説明は、セクハラの観点からはあるいは問題ないかも知れませんが、プライヴァシーという点ではやはり危惧を覚えます。少なくとも、元々の情報のセクハラ性を問題と考えた人にとっては、このように具体的な情報が残ることも、やはりしんどいことなのではないかと思うからです。

そして、私が危惧するのは、本エントリーのできのよさです。ohnosakikoさんの筆力が非常に高いために、とてもよく整理され、問題点もとてもわかりやすいものとなっています。とてもよくできたエントリーだと思います。何についてのどのような事件であったか、誰がどのように具体的に係わったか、非常によく分かります。

でも、これがなにを意味するかというと、このエントリーは、おそらく今後、この事件についてのポータルサイト、まとめサイトとしての役割を果たすようになっていくのではないかと思います。

被害者になにかある度に、ここのURLも書き込まれることでしょう。そして、ここを起点に関連する情報にアクセスしていくようになるのではないかと思います。加えて、被害者の方もネットでの活動が非常にアクティブな方ですし、ohnosakikoさんも、今後ますますご活躍されるだろうと思います。

そうだとすると、このエントリーへのアクセスも今よりは確実に増えるでしょう。事件のセンシティブな性格を考えると、これは決して望ましいものではないように思えるのです。セクハラの具体的内容も容易に推察できるし、その後のどたばたもよくわかってしまうのですから。

勿論もうすでに多数の情報があるのだから、余り変わりはないというのも一理あるでしょう。でも、やはりこのエントリーのまとめサイトとしての機能は高いものがあるのではないかと思うのです。

*

それと、今回のことについて、原因がどこにあるとは私ごときが決められるものでもありませんが、ohnosakikoさんが、被害者のことを一貫して強く擁護していたこと、お互いに誕生日の挨拶を交わすほどの間柄であったことを思えば、結果として今の状況はやはり残念に思います。

私は、一般論で書いても、ohnosakikoさんの非常に高い筆力からすれば、十分当事者を含めた全員に必要なメッセージは伝わるだろうと思うし、却ってその方が、誰でも気兼ねせずに議論ができて良いだろうとも思います。こじれやねじれも、あるいは少しは解消されるかもしれませんし。なんにせよ、これ以上関係する人達の傷が深くならないようにと願っています。

*

最後に。瀧澤さん向けに

近代とは、権利と権利の調整の歴史でもあります。その意味では、プライヴァシーと表現の調整が問題になるというは、必須なので、別に何ら驚くべきようなことではないと思います。一歩違えば、次の瞬間誰でもプライヴァシー等の被害者にもなり得るし、削除の請求もしなければならないことも起こりえるのですから。

*

最後の最後に

一般に、性的情報にかかわらずプライヴァシーに関わるような問題でネットでトラブルが発生すると、泥沼になる確率が高いですよね。一度流れ出した情報はコントロールできず、情報と共にトラブルの種が拡大するだけだからだと思います。その意味でも、プライヴァシー情報などセンシティブな情報については、できるだけ係わらず、語るときも少し日をおいて極力一般論で片付ける方が賢明ような気がするというのが私の考えです。

つまり、早めに火を消すには、早めに蓋をすること。できるだけ放置すること。迷ったときは優しさの方に転んでみる。そういったことがいいんじゃないかなと思っています。勿論、これは一般論ですが。

では、本当に差し出がましく余計なことをさらに長々と、大変失礼いたしました。お許し頂ければ幸いです。

toledtoled 2009/02/21 01:18 今回の事例については乗り遅れて、いまからでは把握することは困難なようなので、一般的な質問です。前エントリーでのセクハラ認定基準を見て驚きました。とても重要なことが欠落していることに。しかし、さらに続きを読んでみると、女性が男性に対して、あるいは部下が上司に対してセクハラを行うことも可能であるということまで含むために、あえて条件を絞られたのかなとも推測しました。

1. 僕としては、セクハラ=考えるまでもなく悪、ということにこの概念の政治的意義があるのかなと考えてました。しかし、そのためには、やはり条件に権力関係や家父長制を含める必要があります。逆に条件を緩めるのであれば、「良いセクハラ」と「悪いセクハラ」があることになるはずです。どちらでしょうか? 『OLたちの<レジスタンス>』を踏まえた上でのお答えを望みます。

2. 麻生さんがセクハラされることは、可能でしょうか。

3. 天皇陛下をセクハラすることは、可能でしょうか?

4. もし2と3が想像可能だとすると、セクハラの「被害者」となりえない人間を一人でも想像することは可能でしょうか? もしその問いへの答えが否定である場合、セクハラという概念はフェミニズムの運動にとって有害であるということになってしまわないでしょうか? 逆にセクハラという言葉を武器として今後も使用し続けることに一定の意義を見いだすのであれば、やはり認定基準に家父長制というキーワードが必要ではないでしょうか?

takisawatakisawa 2009/02/21 19:58 tari-Gさん
今回の件に関して、セクハラか否かと言えば、セクハラでしょう。
その上で言いますと、セクハラだけれども、そう大した問題ではないでしょう。ここは敢えて火中のクリに触れますけど。

ネットで、性的要素を含むオヤジギャグを言われた。これはセクハラではあるが、別段、相対的に見て、それほど大きな被害ではない。
これが、被害者の実生活に関わる部分での具体的発言であるとか、あるいは、被害者が加害者に対して持つ拒絶し難さを悪用してのものであるとか、さらには、ストーカー的に病的なまでの執拗さで継続的に行われている被害であるならば、事後を語る側も大いに気を遣うべき事例でしょう。
しかし今回は、具体的個別事案でもなければ、拒絶後も執拗に繰り返されたわけでもなく、ネット上のことであるから、権力的構造も比較的に弱く、逃れることも相対的に容易です。そしてなにより、肉体的接触のような被害も存在しておりません。
もちろん、被害者本人にしかその痛みはわからないという痛説に従うならば、被害者にとってみれば、大きな問題かもしれませんが、裁判であっても、相場は考慮されてしまうものです。
今回の件が「セカンドレイプ」として、語ることすら許されないような大きな被害であるとの認識は、私は持っておりません。たとえ「セクハラ」であったとしても、ね。

触れて欲しくない話題に触れないという社会常識やマナーは重要ですし、「やめて」と言われた行動に、意義も正当性もないのであれば、それは止める方が良い事が多いでしょう。
しかし、大野さんの書いたことには、意義も正当性も、あると思います。
そして、覚悟もあってのことでしょう。

ことの是非は『第三者による紛争解決プロセス』が出てからで良いんじゃないですか? 私は、非常に興味を持って結果が出るのを待っています。
これから出るプロセスの結果が、納得できる結果かどうかはともかくとして、強制力を伴う実力行使の手段というのが可能であるという結果が出るのであれば、それは極めて画期的なことだと思います。
私は本当に期待して待っているので、どうかid:Brittyさんには、頑張っていただきたいのです。

>その意味では、プライヴァシーと表現の調整が問題になるというは、必須なので、別に何ら驚くべきようなことではないと思います。

議論を封殺して、如何に「調整」が可能なのでしょうか?
「調整」するためにこそ、語ることが許される必要があるんでしょ? 
言ってしまえば、一般的に見て、こんな軽微のセクハラについてまで配慮して語るなと言うのであれば、全てのセクハラ嫌疑は全て問答無用で議論はおろか解説や説明の余地もないわけで、そんなんでどう「調整」されるというんですか?
「近代」と「啓蒙」の関係性において、「議論」が必要なのではないかと、他人事ながら心配であったので、
>「近代」が自分で自分の首を絞めているみたいで。
と書いたわけですが。
少なくとも今回は、語ることすら許さないほどの、重大な被害が出ているとまでは全く言えないと思いますけどね。
もちろん、配慮は必要だと思いますよ。無配慮も窘められるべきであるとも思います。宗教と同じく、デリケートな部分はあるでしょう。
ただその一方で、今回のケースは、一面的には、具体例としてガンガン語る意義もあるケースと言えるでしょう。私はそこを重要視しています。

>一歩違えば、次の瞬間誰でもプライヴァシー等の被害者にもなり得るし、削除の請求もしなければならないことも起こりえるのですから。

いや、一歩違えなくたってあるでしょう。
私自身、今現在、語ることが許されないと言うハラスメントに直面し、非常に困惑し、多大なる精神的苦痛を被っております。


大野さん
>一連の件とは無関係だったようです。

タイミングというものを考えて欲しいですね。たまたまだろうがなんだろうが、極めて汚いやり口に思います。
別の理由であればこそ、タイミングを考える配慮が必要です。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/21 21:47 tari-Gさん

御丁寧にありがとうございます。

この記事は「個人的」意見であるということを何度も念押ししています。それでも仰るようにこれが一連の出来事のまとめサイトとして機能し、今後何かにつけて閲覧される可能性もあるかもしれません。しかし、であれば一層、この記事を残すことに意味があるのではないかと私は考えます。

私の記事を削除しても、関連記事や各発言は残っています。タイトルに相手のHNと「性的いやがらせ」という言葉が含まれているBrittyさんの記事を初め、ここ以上にたくさんブクマを集めたものも、被害者から見てセカンドレイプになりかねない発言も、断片的な記事も残ります。
そうしたものが後で多くの人の目に触れ、セクハラに関する記事がホッテントリに上がるたびにそのブクマページに関連記事として並べられ、全体像は把握されないままに受容されていくかもしれません。
だから私の記事も残されるべきだという理路ではありません。
そういう混沌とした中で、本記事がtari-Gさんの言われるように、出来事の全体を見渡した問題点のわかりやすい良記事だとしたら、その存在意義は高まると言えるのではないでしょうか。

前も申しましたように、私はこの出来事を一般論に置き換えて書く必然性をもてませんし、またその力もありません。
セクハラがどういうものであるかの概説は、言葉足らずながら前記事に書きました。これはその各論です。「セクハラの具体的内容」や「その後のどたばた」から見えてくるものが、今後セクハラについて考える上で大切なことになってくると思っております。
なので今は、この記事あるいは記事の一部への削除要請が来た時にまた考えてみたいと思っています。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/21 21:53 toledさん
頂いたコメントは前記事へのものと解釈して書きます。
前の記事で家父長制について言及しなかったのは、当初、今回の事例を考える時にあまり重要な観点ではないと考えたからです。しかしもともとセクハラの原因にその二つが関与しているのは、ご指摘の通りです。そして今回の事例で言えば、男から女への典型的なセクハラなので、その根を家父長制における男女の権力関係に求めることは充分に可能です。そこまで書かなかったのは、私の怠慢であるかもしれません。
以下、項目に従ってお答えします。

1.「良いセクハラ」と「悪いセクハラ」とは、例えば「上」の者から「下」の者へのセクハラは「悪い」が、「下」の者から「上」の者へのセクハラは「良い」というような見方のことですね。しかし「OLたちの<レジスタンス>」にもありましたように、後者は「下」の者を「下」の位相に固定化する、つまり権力関係を維持させ且つ「下」のガス抜きを可能にする効果をもつものとして、むしろ「上」から「下」へのベタなセクハラよりも厄介なものと言えます。「下」の者はセクハラされるという惨めな立場に立っているからこそ、「上」へのセクハラを行うと考えられるからです。

2. 場合によっては可能かもしれません。

3. ほぼ不可能でしょう。

天皇制は家父長制を支えてきた当のものですから、セクハラ批判は天皇制批判に繋がります。その中で、セクハラが家父長制に根拠をもつという認識は、フェミニズムの武器として堅持されると思います。
なんかまだ書き足りないような気もしないではないですが、再度ご質問を頂いてからにします。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/21 21:54 瀧澤さん
>タイミングというものを考えて欲しいですね。たまたまだろうがなんだろうが、極めて汚いやり口に思います。
別の理由であればこそ、タイミングを考える配慮が必要です。

リアルバレしてしまったとなれば、即刻閉鎖せざるを得ないでしょう。その理由が本当なのかどうか確認する術はありませんが、ここはあまり憶測で批判しないでおきたいと思っています。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/21 22:00 あ、なんかおかしいところがあった。
toledさんへのコメント
>しかしもともとセクハラの原因にその二つが

最初、冒頭で「家父長制」と共に「権力関係」も出していたので、二つとしていました。「権力関係」を後で消したので意味が通らない文になってしまいました。すみません。

takisawatakisawa 2009/02/23 02:42 大野さん

逆でしょう。
個人的な理由であればこそ、タイミングに気を遣うべきだし、どれだけタイミングが悪いと思っても、それでも如何ともし難い事情があるならば、何を言われても当然で、批難されればいい。
こんなの、id:Brittyさんだって、極めて後味悪く感じているかもしれないんですよ。知らんけど。やられたほうはたまったもんじゃないですよ。
んなもん、自分の都合は後回しでタイミングを考えるべきだし、それが無理なら、ボロカス言われりゃいいんじゃないですか?
「その理由が本当なのかどうか確認する術」がないなら尚更で、そのうえ、「一連の経緯が理由でリアルバレ」って、どんな事情だよ。信じるほうが不思議な話なんですけど。
で、大野さんが事情を知ってるぐらいなんだから、申し開きは出来るってことなんじゃないの?

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/23 10:16 瀧澤さん

いや、この件を見ていたすべての人が後味悪く感じているような気はします。確かにタイミングは悪過ぎます。私なんか「私が説教したのに傷ついて去ったのか」とさえ思いました。自意識過剰ですが。
一応本人らしき人からのコメントです。
http://d.hatena.ne.jp/hygienic/20090220/1235136483
それ以外ではここ。
http://d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20090221/p2

私の知る限りでは、pbhさんのバッドタイミングな閉鎖を批判している人はいないようです。皆さん、同情的です。まあ「セカンドレイプ」と言われて、某所で何度もやり玉に上げられたのを気の毒だと思っているんでしょうね。こちらhttp://d.hatena.ne.jp/kyyon/20090222/1235309638の人とか。

上記の記事につけられたコメント以上の申し開きを御本人がしたいと思えばするでしょうけど、、、でもまあ出てこないんじゃないかなぁと思います。

takisawatakisawa 2009/02/23 13:26
ちゃうちゃうちゃう。だから逆ですってば。

>私の知る限りでは、pbhさんのバッドタイミングな閉鎖を批判している人はいないようです。
>皆さん、同情的です。
>まあ「セカンドレイプ」と言われて、某所で何度もやり玉に上げられたのを気の毒だと思っているんでしょうね。

でしょ? だから、それを言ってるんですってば。
自殺未遂で同情を買おうとする卑劣なやり口と同じ効果を生んでるでしょ。それを言ってるのよ。
「ネットから去ります」なんて言っている人間に、批難をするというのは、セクハラ被害を訴える女性に「でもそれほど大した被害ではないよね」というに近い批難の目を向けられる。
批判なんかしにくいんだから、批判する人がいないのは不思議でもなんでもない。
その一方で、この「ネット自殺未遂」によって、卑劣な同情を買った側は良いですけど、ならばid:Brittyさんはどうなるんです?
大野さんですら、『私が説教したのに傷ついて去ったのか』と思ったわけでしょ? ならばid:Brittyさんは、他の人に、Brittyのせいでいなくなった思われているのではないかと思わないわけがないでしょう。
で、大野さんは、自分は「リアルバレらしい」という、女々しい言い訳かもしれない理由を聞いているから納得も出来ているかもしれませんが、そんなもの、「Brittyのせいでいなくなった」と思っているかもしれない人間には通じていない。
id:Brittyさんは、「id:pbhをネット自殺に追い込んだ奴」という、加害者の立場に置かれるわけですよ。
片や「セカンドレイプ」と言われていた立場から、一発逆転で被害者の立場に。

「ネット自殺未遂」こそが、「サードレイプ」であることに気付かないのに、どうしてセクハラについて語れるのでしょう? いや、語っていいんですけどね。
もし仮に、止むに止まれぬ事情があるとして、別の理由で去っていったとしたならば、だからこそ、それで同情を買う結果になってはいけません。それが「サードレイプ」ですから。
id:Brittyさんは、自分自身の後味の悪さと、他人の批難の目を味わわなければなりませんから。
別の理由で去って行かねばならないのであれば、それは去ればいい。
ただし、タイミングが悪いことは、大いに批難されるべきでしょう。
そうでなければ、id:Brittyさんはたまったもんじゃない。
同情することはサードレイプに加担するに等しい自覚は持っていてもらいたいものです。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/23 16:32 瀧澤さん
わかりました。理解が遅くてごめんね。手間取らせちゃって。

確かにpbhさんが突然去ったことで一番ストレスを感じているのは、一番の当事者のBrittyさんかもしれないです(知っていればの話だけど)。まあpbhさんを批判していたid:AntiSepticさんとid:hygienicさんもストレス感じたみたいだし、私も思わずpbhさんのブログのブコメで謝ってしまいました。その言葉の効果を考えることもなく。さっき反省してブコメ書き変えました。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/pbh/

で、pbhさんのこのタイミングの退会が一部で同情を買う結果になっているのは、彼への批判が行き過ぎだったという見方がはてな界隈にあったからだと思います。実際そういうブコメ発言を散見しました。だから退会前から既に「サードレイプ」は行われていたと言えます。

pbhさん自身は、自分の行動が同情を買って更なる「サードレイプ」効果を引き起こすだろう、つまりBrittyさんや批判者への復讐に結果的になってしまうとは、想像してなかったと思います。想像できなかったからいいというのではなく、むしろそのことを声を上げて批判すべきなのだろうけど、問題はBrittyさんです。
瀧澤さんは盛んにidコール飛ばして注意を喚起していますが、彼女はもうこの件に関して、自分にとってネガティブなことは何も知りたくないと思って、あえて目を塞いでいる状態なのではないかと私は推測します。それがサードレイプ批判でBrittyさんを慮るものであったら、尚一層ストレスフルではないかと。
この件に関しては最初のセクハラやセカンドレイプと同じくBrittyさん擁護の立場ですが、記事を上げていいものかどうか迷っています。

まあもし書くとしたらですね、瀧澤さんのコメント、というかやりとりにすべては言い尽くされているので、「pbh氏はてなリアルバレ退会への村民の同情が、サードレイプ効果を生んでいるかもしれない件について」と題して、各コメントにリンクを張っておしまいにします。ここまで読んでいる人は少ないと思うので。
瀧澤さんは書かないの?

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/23 17:25 あとidコールですが、pbhさんは退会しているから届かないと思うのですが、たとえ擁護発言であってもBrittyさんに何度も飛ばすのはやめて下さい。pbhさんもそれで不快だと言われたので(発言内容とは別に)。下手すると嫌がらせと看做されるおそれがあります。

takisawatakisawa 2009/02/23 23:20 え? これってコメント欄でidを書いても、idコールって飛んでいくんですか? 自分がidコールをチェックしていない無頓着な人間なので、システムを把握していないのですが、ブックマークだけじゃなくて、コメント欄でも飛ぶのですか?
でですね、idコールが飛んでいったとしても、私は一向に問題があるとは考えません。
そもそも私は、Brittyさんを擁護しているつもりもなければ、上に書いたように、Brittyさんの話題に触れてはいけないと思っておりません。
まして、ご本人が『第三者による紛争解決プロセスに移行し』ているというのですから、私はそれと向き合うつもりで書いております。
それを「嫌がらせと見做す」となれば、『第三者による紛争解決プロセス』とは何なのか、という話になるでしょう。

私は、『第三者による紛争解決プロセス』というのに非常に興味があり、可能であるならば画期的であると考えており、その画期的なプロセスが周知されるのであれば、それにより私が多少のペナルティを受けようとも、Brittyさんを多少不快にさせようとも、それでも充分に価値のあることだと考えて、話をしています。
そもそも論として、Brittyさんだって、ネットに参加する以上は、この程度の不快ぐらいは織り込み済みのことでしょう。

もし仮に、『第三者による紛争解決プロセス』というのが、画期的でもなんでもなく、単なる脅し文句という非常に残念な結果であれば、そのようなものに屈して口を噤むなど、問題外です。
それこそ不快な思いをするぐらい、させてやればいい話でしょう。
ただ、この場合、この場は、大野さんのウェブログのコメント欄です。大野さんが、不当に口を噤ませようという脅迫に屈するというのであれば、それはそれで良いのではないでしょうか? 私なんかは、もしも単なる脅し文句なんかだったら、逆に、ガンガンと嫌がらせかのようにidコールをしてやればいいと思いますけど。

大野さんは「セクハラ」という言葉のイメージに引きずられていませんか?
この件の最初のきっかけであるekkenさんのコメントは、確かにセクハラでした。
セクハラでしたが、別にそれほど大したことではないでしょう。Brittyさんが不快だと感じたからといって、誰もがBrittyさんの思い通りにせねばならないようなケースではない。
私がBrittyさんの思い通りにならないことぐらい、Brittyさんがネットに繋ぐ際に、織り込み済みの話です。そうでないならば、Brittyさんはネットに繋がないほうがいい。

私が、ネット自殺未遂でのサードレイプの件で、Brittyさんに同情的なのは、ネット自殺未遂というやり口が汚いからです。
Brittyさんの感情を何よりも優先せねばならないなどと、微塵も思ってはおりません。
『第三者による紛争解決プロセス』の結果が出るまでは、idコールも含め、普通の対応をしていれば問題ないと考えております。今は『第三者による紛争解決プロセス』待ちということで。

>この件に関しては最初のセクハラやセカンドレイプと同じくBrittyさん擁護の立場ですが、
>記事を上げていいものかどうか迷っています。

別にあげなくていいんじゃないですか? ここのコメント欄だけでも。大野さんが書きたければ書けばいいと思いますけど。

個人的には、私はそんなことよりも、今回とは全く別の「セカンドレイプ」の代表格である『若い女が夜遊びなんかしているから』問題について、ご意見が伺いたいんですが、気が向いたときにでも御教授ください。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/24 01:19 「第三者による紛争解決プロセス」というのがもし脅しだったとしても(結果的にはそうなっているようですが)、それに対抗してガンガン嫌がらせのようにidコールをすることはないと思います。Brittyさんの不快感をわざと煽って「第三者による紛争解決プロセス」への移行を煽動しているように見えます。そうなんですか? もしそうならここではやめて下さい。
読ませたいなら一回だけにして下さい(コメ欄でも飛びます。クリックしてみて下さい)。もう既に数回飛んでいるので、読む気があったら読んでいるでしょうし、なければ最初から見ないでしょう。
また私は既にこの記事を上げてコメントも書いているわけだし、別に口を噤まねばならないとは思っていません。それは削除要請が来た時に改めて考えるということは、既に書いています。

>Brittyさんが不快だと感じたからといって、誰もがBrittyさんの思い通りにせねばならないようなケースではない。
私がBrittyさんの思い通りにならないことぐらい、Brittyさんがネットに繋ぐ際に、織り込み済みの話です。そうでないならば、Brittyさんはネットに繋がないほうがいい。

同じ意見です。セクハラについても、そのことを必要以上に重く見ているつもりはないです。あちこちで「あれがなぜセクハラなのか?」という意見があったから書いてましたが。

ただpbhさん退会の件に関してサードレイプ的な雰囲気をもし彼女が感じているなら、私はそれは気の毒だと思います。
pbhさんに対してはやっぱり、間の悪いことしてくれたなぁ以上の感想は持てないです。彼がどこまで想像していたかわからないのに、一方的に「汚いやり口」と非難する気にはなれません。
そしてこういうことを材料にしてpbh=被害者、Britty=加害者の構図を作りたい人は、最初から作っちゃっているんですから、何をか言わんやです。

>個人的には、私はそんなことよりも、今回とは全く別の「セカンドレイプ」の代表格である『若い女が夜遊びなんかしているから』問題について、ご意見が伺いたいんですが、気が向いたときにでも御教授ください。

強姦された人に「若い女が夜遊びなんかしているから」(お前が悪いのだ)と言うことについてですか? 具体的にどういう件でどういう発言がどこであったのか聞かないとわかりませんが、いくら夜遊びしていても悪いのは強姦する方だと思いますけど。夜遊びしたいなら強姦される覚悟を持てなどとは言えないでしょう。

takisawatakisawa 2009/02/24 13:17 >読ませたいなら一回だけにして下さい(コメ欄でも飛びます。クリックしてみて下さい)

クリックしましたけど、それで何がわかるのでしょう?
ごめんなさい、はてなのシステムに疎いのと、自分が無頓着であるので、idコールは使わないためわかっていないんですよ。
クリックしたところで、Brittyさんのところにidコールが飛んでいるかどうかなんて私に確認できないし、しようもないと思うんですが。はてなのidコールを使用していないので、idコールの仕様を知らないため、おっしゃっていることがよくわかりません。
ブックマークのコメントで、idコールが飛ぶというのは、使っていないなりに知っていますが、コメント欄でも飛ぶんですか?
まぁ、飛ぶというのだから飛ぶんでしょう。ただ、それを、私がクリックすれば私がわかるというのは、どんなシステムなんでしょう? 実際クリックしたけどわかんなかったし。
そんなんが気になるというのであれば、私みたいにidコールを使用しなければいいんじゃないですかね。私は無頓着なので、リファラも気にしませんし。
まぁ、もっとも、Brittyさんが「自分にとってネガティブなことは何も知りたくないと思って、あえて目を塞いでいる状態」ならば、Brittyさんもリファラなんかチェックしているはずもないですけどね。
まぁ、ともあれ、コメント欄からidコールが飛ぶというのは、本当に知りませんでした。まぁ、そういう機能なんだから、私がしていると言うidコールが飛んでいたとして、問題があるとは思えませんが。機能に問題があるというのであれば、Brittyさんはidコール機能を使わないことをお勧めします。システムに功罪は付き物です。私は使ってなくても不自由してませんよ。

『「第三者による紛争解決プロセス」というのがもし脅しだったとし』たら、論外ですね。私は本気で期待しているんだから。
それに、これがストーカー的な「セクハラ」本体に向けられていたのだとすれば、情状酌量の余地はありますけど、不快だから消させたいというための脅しであるならば、大野さんがそれに与する必要を感じないどころか、そんなことは二度としないほうが良いよ、とわからせてやるほうが親切というものでしょう。
私は本気で期待しているんだから。
皮肉でもなんでもなく、「第三者による紛争解決プロセス」に光明を見出しているのに、これが単なる脅し文句なら、どうしようもない莫迦女ですわ。
大野さんは、Brittyさんが、脅し文句で書いているようなとんでもない莫迦女だと思っているのでしょうか? だとしたら、本気で期待した私も同じ莫迦女と言うことで。
私はまだ期待してるんですけどね。
Brittyさんが本当に実行して、第三者が「削除必要なし」という判断を下していたのだとすれば、そのプロセス過程について教えて欲しいんですけどね。
だって本当に画期的なことですよ。大野さんの言うようにブラフだったのかなぁ? だとしたら本当に残念なんだけど、まだ期待したい気持ちが残っています。
ともあれ、もし仮に、脅しであるとするならば、同情したり配慮したりする必然性はないと思います。
最初のきっかけが、極めて軽微とはいえ「セクハラ」だったからといって、その後の「脅しによる言論封殺」には、叩き潰す必要性は多々あれども、配慮したり屈したりする必然性は皆無です。
個人的には、プロセスの過程について開示していただけるなら、思いっきり庇っちゃいますけどね。待ってても進展がないのであれば、残念極まりない話です。

>いくら夜遊びしていても悪いのは強姦する方だと思いますけど。
>夜遊びしたいなら強姦される覚悟を持てなどとは言えないでしょう。

南米やイタリアなどの置き引きが多い海外旅行で、荷物を足元に置いていたら盗まれた、とかならどうでしょうね?
「大事な荷物から手を離すから」という注意は、やはり「いくら荷物から手と目を離していたとしても泥棒するほうが悪い」となると思います?
盗難被害者を傷つけないために、荷物を肌身離さず注意しましょう、というべきではないんでしょうかね?
私はどうもこの「(強姦や盗難などの犯罪を)するほうが悪い」理論というのは、ズレているような気がするのです。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/24 18:04 >クリックしましたけど、それで何がわかるのでしょう?

あ、わかるのは当人だけだったか。ごめんなさい。とにかく飛ぶことになっています。アップした後に下にラインが出るので、コメ欄でも飛ぶことがわかったということです。

>これがストーカー的な「セクハラ」本体に向けられていたのだとすれば、情状酌量の余地はありますけど、不快だから消させたいというための脅しであるならば、大野さんがそれに与する必要を感じないどころか、そんなことは二度としないほうが良いよ、とわからせてやるほうが親切というものでしょう。

そう思って本記事を上げたのですが、それについては反応がありませんので、これ以上どうしようもないでしょう。

>大野さんは、Brittyさんが、脅し文句で書いているようなとんでもない莫迦女だと思っているのでしょうか?

誤解を誘発するような表現ですね。
私の疑義に対して、http://d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20090214/p2#c1234738604で
「しかしこれはわたくしの integrity の問題です。わたしの日記は翻訳エンジンなどを使って Wikimedia project の他言語の参加者も読んでいます。その国際的なコミュニティにおいて、日本人と他国人へ対して二重基準を適用することは、信頼を失う行為です。
Kizu "Britty" Naoko として守るべきものがある、ということをご理解いただければ幸いです。」
とまで書かれていますから、これはマジだと受け取りましたが、その後削除要請が来た形跡がないので、「どうなったのかな」とは思っています。

「第三者による紛争解決プロセス」とは、依頼者からはてなに申請された発言の削除要請を、はてな規約に照らし合わせ、違反していると思われれば、削除を元の発言者か責任者に求めることです。実際ekkenさんはBrittyさんに言われてブコメ削除した後で、書き直したブコメをダイアリーで公開したら、それについてはてなから削除要請が来たそうです。以下の記事の後半部。
http://d.hatena.ne.jp/ekken/20090217/1234881355
だからこの件でははてなに削除依頼したが認められなかったとも、後で考え直し行動に移すのはやめたとも考えられますが、それについて無言を通してしまう只の脅しだったことになってしまうとは思いますが。

>待ってても進展がないのであれば、残念極まりない話です。

そういうことになりそうですね。

ということで、改めて私の意見をまとめておきます。

●pbhさんを非難する気持ちはありませんし、閉鎖はやむを得ないと思います。このタイミングですから、一旦プライベートモードにして「例の件とは無関係。心配御無用」くらい書いておく配慮は、余計な心配や憶測を防ぐ意味でしてくれてもよかったのではないか?とは思いますが、その程度です。
pbhさんがBrittyさんへのサードレイプ効果があることを狙って退会したかのような印象を与える意見は、控えるべきです。
●pbhさんが当初無言で退会したことは、Brittyさんやpbhさん批判者の言動に最初から違和感を覚えていた人々が、「彼はあまりに批判されたが故にいたたまれなくなって去ったのだろう。気の毒に‥‥」と思うきっかけにはなりうるでしょう(退会理由がどうあれ)。
セカンドレイプと言われるので控えているけれども、内心そう思っている人は表に見えているよりは多いと思います。
個人的に懸念しているのは、そういう「セカンドレイプ批判への批判感情をもっている潜在的サードレイパーな人」が、これを機に勢いづいてこれまでの議論をなし崩しにしようとすることです。そこまで行かなくてもあちこちのブコメなどで呟かれることがサードレイプ効果をもってしまう、それがBrittyさんに圧力となる。懸念するのはその一点です。
●で、そういう空気が醸成される前に牽制しておいた方がいいのではないかと思ったのは確かですが、却って無駄な議論や憶測を引き起こす可能性が高いと思い、エントリを上げるのはやめにしました。
また、このコメント欄も堂々巡りになってきているので、そろそろやめにしたいと思いますがいかがですか? 瀧澤さんも仰りたいことは充分主張なさったのではないでしょうか。

ohnosakikoohnosakiko 2009/02/24 18:05 >盗難被害者を傷つけないために、荷物を肌身離さず注意しましょう、というべきではないんでしょうかね?
私はどうもこの「(強姦や盗難などの犯罪を)するほうが悪い」理論というのは、ズレているような気がするのです。

置き引きの多いとわかっているところで荷物から手を離す不注意と、レイプが多いかどうかわからない繁華街で夜遊びしていてレイプに遭う不注意と同じ重さなのですか。盗みと強姦の罪の重さは同じなのですか。そこがそもそもよくわかりません。
「置き引きで荷物は無くしたけど、レイプ被害は避けられてよかった」と「強姦されて妊娠するかもしれないけど、荷物だけは無事でよかった」とは、いついかなる時でも同じ重さで言うことができるのでしょうかね。

防止策としてアナウンスするのはいいでしょう。「暗い夜道の一人歩きは気をつけましょう」とか「知らない人に声をかけられてもついていくな」とか。それと、レイプに遭った人に「あなたが悪い」と言うのとは違うと思うのですが。
たとえその人に不注意な点があったとしても、それを事件の直後に公に第三者が糾弾するのは、あたかも加害者の罪を軽く見積もっているかのような印象を与え、それが被害者の苦痛をさらに増し、深刻な精神的後遺症を残すおそれがあるので、言うべきではない(いや言うのは自由としても、セカンドレイプとの非難覚悟で言うべきですね)。それは、本人がレイプのショックから立ち直る過程で、親密な人に諭されるか、「気をつけねば」と自発的に思えばいいことではないですか。そのくらい性の問題は慎重に扱うべきだと思います。

kyyonkyyon 2009/02/24 23:33 >takisawaさん
 
>Brittyさんは、「id:pbhをネット自殺に追い込んだ奴」という、加害者の立場に置かれるわけですよ。片や「セカンドレイプ」と言われていた立場から、一発逆転で被害者の立場に。
 
それの何が問題なのかオレには理解できないんですが。
 
Bさんはセクハラに対して
>マチスモ的環境で当然のことと主張される性的な言動が実際は異常であり、また不法行為でありうるという気づきを被害者にもたらす効果もあるかと。
 
こういうコメントをブクマでしてるんですし。だったら「消せ」と要求するBさんに、pbhさんが「消す」に至ったとしても不思議じゃないでしょ。くらい理解しないで言ってるのならどういう「気づき」なのか意味わからんのですが。それを
 
>自殺未遂で同情を買おうとする卑劣なやり口と同じ効果を生んでるでしょ

なんのこっちゃ。そこまで腹黒だと言いたいのかしらんけど。
 
だいたい一発逆転とか全ての話(セクハラ・セカンドレイプ・サードレイプ)を一括して、最終的に誰か一人が悪いみたいな話に向けてるようなところもよくわからない。話を蒸し返してるので、スルーしていただいてかまいません。

takisawatakisawa 2009/02/25 01:18 >あ、わかるのは当人だけだったか。ごめんなさい。とにかく飛ぶことになっています。アップした後に下にラインが出るので、コメ欄でも飛ぶことがわかったということです。

ラインが出るのは、リンクが付くだけではなく、idコールも飛ぶんですか? 設定していればメールが届くんですか?
ということで、調べてみました。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/ID%A5%B3%A1%BC%A5%EB
http://d.hatena.ne.jp/hatenamessage/20070920/1190277758

が、ブックマークコメントやダイアリ本文なら飛ぶと書いてありますが、コメント欄にはついて「飛ぶ」という話は見当たらず、見つけられませんでした。
まぁ、「とにかく飛ぶことになってい」るとのことなので、とにかく飛ぶんでしょう。飛びます飛びます。

>「第三者による紛争解決プロセス」とは、依頼者からはてなに申請された発言の削除要請を、
>はてな規約に照らし合わせ、違反していると思われれば、削除を元の発言者か責任者に求めることです。
>http://d.hatena.ne.jp/ekken/20090217/1234881355

おー。なんだ。「第三者による紛争解決プロセス」とは、はてなにメールを送るってだけの話なのか。
あー、そう。そうなんだ。すみません。私が過剰に期待しすぎたようです。
はてなって意外にマメなんですね。

>pbhさんがBrittyさんへのサードレイプ効果があることを狙って退会したかのような印象を与える意見は、控えるべきです。

これは私宛でしょうか? だとしたら、私が書いているのは、どう言われても甘受せよ、という話です。
迷惑をかけようとも、何も言わずに消えるのであれば、それぐらいは引き受けるのが、大人としての振る舞いだと、本人も考えていると思われます。


kyyonさん

>それの何が問題なのかオレには理解できないんですが。

やり方が穢いから、やり口が卑怯だ、と言っているわけです。
別の事情があるにしても、そういう評価は甘受すべきだ、と言っているのですよ。

>だったら「消せ」と要求するBさんに、pbhさんが「消す」に至ったとしても不思議じゃないでしょ。

じゃあ、理由を書けって話でしょ?
それが出来ないんだったら、批判されても受け入れるしかないでしょ。
そして、消せと言われたから消したんですか?

>なんのこっちゃ。そこまで腹黒だと言いたいのかしらんけど。

よく読んでいただきたいのですが、私は「卑劣なやり口と同じ効果を生んでる」と書いているんですよ。
意図的であるかどうかなど、私は最初から問題にしておりません。
「意図的にやっているから卑怯者だ」と書いてあるのならば、「腹黒だと言いたいのか」というのは理解できますが、私は最初から「本人の意図」については、言及しておりません。
そのことはきちんと読んでいただければ、充分に理解いただけるはずだと思います。

>だいたい一発逆転とか全ての話(セクハラ・セカンドレイプ・サードレイプ)を一括して、
>最終的に誰か一人が悪いみたいな話に向けてるようなところもよくわからない。

よくわからないのですが、「誰か一人」って、誰に向けてるんですか?
もし仮に、私がpbhさんを一人悪者にしていると勘違いしているのであれば、まずは私の書いていることを充分に読んで理解していただいてからのほうが話が早いと思いますが。

ちょっとサービスしますと、たとえば、
>同情することはサードレイプに加担するに等しい自覚は持っていてもらいたいものです。
これ、「同情するな」なんて一言も書いていないんですよ。
同情したかったらすればいい。
ただし、同情するならば、サードレイプに加担するに等しい自覚を持ってもらいたい、と言っているんです。
どうでしょう? 持ってらっしゃいますか?

kyyonkyyon 2009/02/25 22:59 あのここで返事しないと、読まないだろうからあまりここで書きたくないけど、仕方ないのでここで書かせてもらいます。メンドクサイので最後の部分だけ
 
>これ、「同情するな」なんて一言も書いていないんですよ。
同情したかったらすればいい。
ただし、同情するならば、サードレイプに加担するに等しい自覚を持ってもらいたい、と言っているんです。
どうでしょう? 持ってらっしゃいますか?

ってあれだけ卑猥でセクハラを連想させる文章に書き換えて、意図的にセカンドレイプ紛いの文章を日記に書いてたオレに、今さらサードレイプに加担するに等しい自覚って・・何をおっしゃってるんですかね?。気づいてたって自覚あったって書いてんだけど、同情するというかpbhさんの心情を汲み取りたいって気持ちでオレはオレの意志を頑なに表明してんだけど。サードレイプ、セクハラ、セカンドレイプ、すべてに加担してる、だから何?一体それはオレにどういうサービスしてくれてるの?(笑)まだまだサービスしてくれますか?。

ちょっとサービスしますと、たとえば
>はてなって意外にマメなんですね。

まめですよ。事後報告で削除させていただきましただけ、はてなから通知が来て気づいたら既に削除されるってな事だってあるよ。経験あるんでね。
 
んで、同情したらサードレイプに加担するに等しいって自覚を持つってのは具体的になんなんですか?ってば。「気づく」「理解」するってのはどういう事なんだってばってオレは聞いてんですよ。

自覚を持っていたら、そういう同情は抱けない、抱いたとしても、表明できない、マスクしろとでも言いたいんですかね。それとも同情するなですか?(笑)まずは私の書いていたことを充分に読んで理解していただいたほうが話が早いと思いますが、メンドクサイだろうし、ここで話を終わらせてもらいます。

「気づき」「理解」し「自覚」を持つってのがどういう意味なんだって事について具体的に答えていただけるなら、pbhさんの記事についてオレが言及した記事、日記でも読んで言及してください。メンドクサイのでここで終わらせていただきます。

失礼しました。

takisawatakisawa 2009/02/26 01:12 端的に言うと、kyyonさんは、文章を理解する能力に致命的に欠けているから、その一助として、読み方のヒントを差し上げているのです。
で、私の書いていることを全く理解できていないようなのですが、知能が足りないのか、きちんと読んでいないのか、どちらでしょうか?

>気づいてたって自覚あったって書いてんだけど、同情するというかpbhさんの心情を汲み取りたいって気持ちでオレはオレの意志を頑なに表明してんだけど。
>自覚を持っていたら、そういう同情は抱けない、抱いたとしても、表明できない、マスクしろとでも言いたいんですかね。それとも同情するなですか?(笑)

最低限の知能を有して、なおかつ、きちんと読んでいれば、このような文章は書かれるはずもないことだと思うのですが。

もしもkyyonさんが、文章の理解ができない莫迦であるならば、メンドクサがらず、愚直に読み込むことからはじめたほうが良いですよ。
莫迦が、相手の意図も読み取ることも出来ずに、文句をつけてくるほどどうしようもないことはありません。
大野さんは、私の意図することを理解したうえで、返事を書いておられます。大野さんに通じている以上、kyyonさんが理解できないのであれば、受け取り手の能力の問題と考えて差し支えないと思います。

kyyonkyyon 2009/02/28 00:09 ああ、そうですか。そう思うならそれでいいです問題ありません。(笑)バカにつける薬は無いから話す余地はありません。理解できない、じゃなく納得できない、「あなたが悪い」んですから、退会でもしてください。退会する場合はタイミングを見計って同情されないようにしてください。タイミングを無視して退会しても結構ですがその場合はさらなる批判を受けても文句言うなよ(さらに同情されるような言動を押さえ込めよ、ですかぁ?)、って事でしょう?(笑)ああ、すいません。最低限の知識を有せずあなたの文章が理解できない馬鹿なので、こういう風に受け止めてしまいました。だから何様なんだって(笑)

kyyonkyyon 2009/02/28 00:42 これくらい書けば、サードレイプ(笑)に加担するに等しいって自覚があるとみなしてもらえますでしょうか?。次、は「あなたが悪い」発言を「消してください」さもないと(サードレイプとして)「第三者による紛争解決プロセス」に移らせていただきますって返事をいただけると完璧です。どうもどうも。受け取り手の性的感受性に対する取り扱いの問題と考えて差し付えないと思います。

takisawatakisawa 2009/03/02 12:50 そんなに難しいですかね? かなり細かく説明しましょう。

まず最初に、私個人が、pbhさん個人をどう思っているのか、というのは関係ないんですよ。
なんとも思っていないというのが正解なんですが、その正解も関係ないんです。
また、pbhさんが、どういう人間であるかも、関係のない話なんです。
ここで私がしているのは「論理」の話であって、個人のキャラクターではないんです。
誤解を生むかもしれませんがわかりやすさを優先しますと、
「構造」や「システム」について語っていると思えば良いでしょう。
「構造」や「システム」の問題に、私が個人をどう思っているかなど、関係ないんです。
もちろんBrittyさんのキャラクターも関係ないんです。

わかりやすくするために事実関係だけを抜き出します。
そして、単純化するために、アルファベットに置き換えます。
以下、アルファベットは、必ずしも今回の該当者にのみ、当てはまる話ではなく、
誰がAになるかBになるかは、それこそ誰にでも当てはまる話です。
なので、実際に誰がどう思っているのかは、無関係であります。

1. Aさんの発言にBさんが「セカンドレイプだ」という。
2. Aさんに対してCさんとDさんが「そうだよ、セカンドレイプだよ」という。
3. この最中にAさんがネットから消える。
4. EさんとFさんが「BとCとDは、Aを追い出した」という。

ここまでは良いですね? 特に異論もないと思います。
Aさんが去って、CさんとDさんも慌てたぐらいですから、Bさんにも負担はかかったでしょう。
もちろん、かからない人もいるかもしれませんが、かかる人のことも容易に想像が出来ます。
この負担というのは、「Aさんがいなくなった原因は自分かも」というものと、
「EさんやFさんなどに代表される批判的な目」というふたつが考えられます。
このふたつは、片方が消えるために、言論のお互い様(平等)というネットのルールの中で、
ある種の不均衡を生む点で特殊であると思います。
言論のお互い様というネットのルールの中で解決できる問題は、それで解決するとして、
Aさんがいなくなることで生まれてしまう、これらの負担については、誰が背負うべきか。

まずAさんが、Bさんに対して、この負担をかけようという意図があった場合。
これは簡単です。Aさんのやり方は、自殺未遂脅迫と同様に汚いやり口です。
Aさんは卑怯であると批難されれば良い話です。その通りなのですから。

次に、Aさんが、Bさんに対して、この負担をかけようという意図がなかった場合。
たとえば、別の事情で、ネットを去らなければならない場合とかです。
それは、Aさんが、Bさんに、負担がかからないように配慮すればいい。
Bさんに負担がかからないように配慮するには、別の事情の証拠を出すとかがあります。

しかしこれはネットの特性上非常に難しい。証拠の提示が極めて困難です。
実生活の場では、自分の生活を垣間見せることで可能でしょう。
しかし、ネットの場合、自己申告ぐらいしか手段がないのが実情です。
これが「私は海山商事第二営業部の、本名穴子武蔵こと、id:kuchibiruobakeです。
このたび私は、勤務中の度重なるウェブログ更新が発覚し、その代償として、
ウェブログの閉鎖とネット撤退を余儀なくされました。
詳しいいきさつについては、海山商事第二営業部長である谷川波平にご確認ください」
という、確認の方法があるものであれば、証拠と言えるでしょうが、
実際問題、こんなことができるのは、ネットの中の少数でしょう。
ネットではどうしても、自己申告に頼らざるを得ません。

では、この自己申告について、Bさんは、確認のしようがありません。
負担を強いられているBさんに、確認のしようもないのに、信じろと言っても、
Bさんが、信じなければならないという義務は無いと言って良いでしょう。
それなら、どうしたらいいか。
信じてもらえるように誠意を見せるしかないんじゃないでしょうか。
もちろん、それで必ず信じてもらえるとは限りませんが。

第三者の証言についても、ネットの特性上、同じことです。
第三者の証言を、Bさんが信じなければならないという義務は無いと言って良いでしょう。
「友達」とか「事情通」と称する人が出てきて「私が証明です」などと言っても、
それはコマーシャル以上の意味はありません。確認のしようが無いんだから。
「俺を信じろ」などと、Aさんの一方的な言い分を宣伝するだけでは、
それはBさんへのサードレイプと言って差し支えの無いことでしょう。
「だからしてはいけない」という話ではないですよ。
認識した上でも、傷つけても言いたいという意義を感じるならば、言うでしょう。

次に、証拠も誠意も見せられない場合。
ネットを去るという原因となる事情により、証拠も誠意も示している余裕が無い時などです。
つまりAさん自体も、已むに已まれず、仕方が無く消えざるをえないケースです。
これは、上と同じく、Bさんは、それが事実か確認の術がありません。
そのうえ、事情も説明されていないわけですから、負担も大きいと言えるでしょう。
この負担は、誰が後始末をするべきか。

Aさんも、已むに已まれぬ事情があって、仕方無くのことです。
しかし、Bさんはそんなことは知らないし、Aさんの個人的なことであって、
Bさんが負担をかぶる謂れなどあるはずもありません。
Aさんも仕方が無いから、Bさんが負担を背負っても仕方が無いと言えるでしょうか?

私はこの場合、全くその事情と無関係なBさんよりも、
被害者であろうとも、個人的な事情でかかわりのあるAさんが、
連鎖的にBさんに負担をかける以上、Aさんが負担の後始末をするべきだと考えます。
というのは、いくら已むに已まれぬ事情で仕方が無くとはいえ、
Aさんがネットから消えるという行為を、主体的且つ能動的に選択するのはAさんだからです。
Bさんには選択が皆無です。
Aさんにも、他に選択肢がなかったというのは、Bさんには関係の無いことなのです。
ならば、配慮も説明も出来ずに消えざるを得ないAさんが、負担を被るしかないでしょう。
Bさんへの負担の後始末として、Aさんに可能なことは何でしょうか?
現実的な手段として、「どう思われて何を言われても甘受する」しかないんじゃないですか?
そうでなければ、謂れもなき負担をBさんが背負わされることになります。

もちろん「どう思われて何を言われても甘受する」中で、事実とは違うことも言われるでしょう。
しかし、ここで「事実とは違う」と言っても良いんですが、繰り返しになりますが、
事実を示すには「証拠」を出すしかないんですよ。ネットの特性上、それは難しい。
それに、自己保身のために、「事実とは違う」と説明に出てくるぐらいなら、
どうしてそれをBさんへの配慮の段階で、説明に出てこないのか、という話になります。

本人が出てこなくて、第三者が「事実とは違う」と言っても、証拠になるわけでもないし、
むしろ本人が「事情は言えない」と消えてるのに、他人がその事情を開示していては、
一体全体、何のために無言で消えていったのかがわかりません。
本人がやるべきだったことを、第三者にやらせるのは、余計に無責任でしょうし、
本人が望んでいないのに第三者が勝手にやったのなら、非常に大きなお世話な話です。
というか、それって問題があるんじゃないの?

Aさんは、Bさんに、負担がかかるということに思いが至らなかっただけであり、
負担をかけるために、配慮をしなかったわけではない、という擁護もあるかもしれませんが、
それをBさんが信じなければならない義理はありませんし、
見通しが甘かったとするならば、それはAさんの落ち度であって、Bさんの責任ではありません。
少し考えれば充分に想定できることであり、多かれ少なかれ負担はかかるんですから。

負担のひとつである「EさんやFさんなどに代表される批判的な目」については、
「Aさんが悪いのではなく、EとFを批判するべきだ」というAさん擁護もあります。
では、この「EとFを批判するべき」なのは、誰でしょう?
まさかEさんとFさん本人ではありますまい。
Bさんでしょうか? 負担をかけられるBさんが、自らの義務として「EとFを批判するべき」?
こんなことを強いていたら、それこそサードレイプと言われるでしょう。
私は、
>同情することはサードレイプに加担するに等しい自覚は持っていてもらいたいものです。
という指摘をしていますが、別に義務でしているわけではありません。
しかし、誰かが後始末をしなければならないとするならば、
やはり主体的に選択肢を選び取ったAさんより他にいないと思います。
Aさんが、EさんとFさんに「違う違うそうじゃそうじゃない」と言うべきでしょう。
しかし、Aさんは個人的な事情でその責を負えない。
だとしたら、Aさんが、自ら悪者になるしかないのではないでしょうか?
つまりは「どう思われて何を言われても甘受する」しかないんじゃないですか?
「あいつが消えたから、こういう負担が生まれるんだ」という部分も。

「EさんやFさんなどに代表される批判的な目」に晒すという意図が無かったとして、
まぁ、もちろんそれも自己申告で証明のしようもないし、配慮も出来なかったわけで、
事実、実際に「EさんやFさんなどに代表される批判的な目」がBさんに向けられています。
そうである以上、見通しが甘かった落ち度はAさんにあり、
本当かどうかわからないのだから、Bさんにとって、Aさんの動機はどうでもいい話です。

ネットから消えなくてはならないAさんも負担があり可哀想だ、というのは、
これは、Aさんの個人的な問題であって、Bさんは無関係な事柄です。
Aさんの私事は、Aさんが個人的に解決する問題でしょう。
Aさんの個人的な問題に、Bさんが負担を強いられるべき道理は全くないでしょう。

「Aさんがネットから去らなくてはならない理由を作った奴(X)が悪い」もなにも、
Bさん他には、Xなる存在が本当にいるのかどうかだって、確認のしようがない話であって、
Bさんに「Aさんを去らせたXが悪い」と馬鹿げたことを言わせるなんてことは、
フォースレイプ? 一体全体、何回レイプすれば気が済むんだって話で、
んなコントにBさんが付き合わなければならない義理なんてあるはずも無いです。

つまり、証拠が無い以上は、Aさんが去ることによって生まれるBさんへの不均衡な弊害は、
全てAさんが被るより、不均衡を少しでも是正する手段は無いのではないか、ということです。

もちろん、配慮によって不均衡が軽減され、当事者間で円満な理解があるならば、
それは尊重されるべきでしょうが、そうではないならば、
負担が生まれるケースで、一方が自己の都合でネットからいなくなるのであれば、
「どう思われて何を言われても甘受する」というのが、落とし所でしょう。


これは、誰がAさんで、誰がBさんでも、同じ結論になります。
今回の件とは逆の役割であっても、結論は同じです。
去る人のほうが、負担を抱え込むルールのほうが、公平である、という主張です。

つまり、「pbhさんを悪者にしている」わけではなく、紛争中に去る人のほうが、
何を言われても仕方が無いルールが公平なのではないか、ということです。
「紛争中に自己都合で一方的に去る」という事実を元に、システマティックに
ルールが適用される、という話です。

これは一律にルールとしてみる、という話であって、いわば「法治主義」的です。
「pbhさんを庇うんだ。信じるんだ」というのは、「人治主義」的です。

例えば、制限時速40km/hというルールの前には、特例を除いて、原則公平です。
「Qさんはおっとりしてるから速度違反をするはずが無い」と言っても、
Qさんが速度違反をしていたのならば、それは速度違反です。
Qさんが大工だったら死刑で、先生だったら無罪、なんてことはありません。
もちろん、Qさんの奥さんが産気付いて急いでいたなどの情状酌量もありますが、
それは、それが事実であるという証明が無い限り、速度違反として扱われます。

このルールに沿った取り扱いの前で、「お前はQさんに恨みでもあるのか?」とか、
「国家権力の犬は品性が下劣だ」と罵ったところで、ルールに沿ってのことなので、
全く無意味な話です。
紛争中に去る人のほうが何を言われても仕方が無いルール、があるだけです。
本人の意図とか動機とか、誰が好きとか嫌いとか、全くの無関係。
誰にでも適用され得る共通一律のルールがあるだけです。

もちろん、これよりも優れた取り決めと言うのはあるのでしょう。
もっと恣意性がなく、もっと矛盾がなく、もっと素晴らしい、幸せで公平なルールが。
これ以上に公平な取り決めがあるならば、そのルールに従うのがいいでしょう。
ただ、私がいくつもの紛争を見てきて、経験した中で、作られていった合意で、
ネットの特殊性を鑑みて、私にとって、これ以上に公平なルールはまだ知りません。
逆に、これ以上に公平なルールがあるならば、是非とも教えていただきたい。


つまり、今回の件で「pbhさんを悪く言うな」と言うのであれば、方法はふたつです。
ひとつは、これ以上に公平な納得できるルールを提示し、なおかつ、
それが偶然にも、「pbhさんを悪く言」わないものであること。
もうひとつは、公平であること自体の価値を否定すること、です。
対価はあまりにもデカいですが。

繰り返しますが、それでもなお「人治主義」的に、Bさんに負担をかけても、
Aさんを庇いたいという人もいるでしょう。
そういう人は、サードレイプを開き直ることなく、受け入れて、やる気でやればいい。
私は、そのこと自体を全否定するつもりはありません。
極端なことを言えば、
連続殺人鬼の妹が殺人鬼に「私にとっては最高のお兄ちゃん」と言っていても、
それは別に理解の出来ない話ではありません。
それをテレビや被害者の耳に入るところで言っていれば、「ちょっと待て」となりますが。

「僕の友達のことを悪く言うなぁ〜」という友達ごっこも否定する気はありません。
友達は大切ですからね。仲良しこよしで良い事です。
しかし、「友達を庇うためには公平なんかは糞喰らえだ」というのは、
やられたほうはたまったもんではないでしょう。
それぐらいはわかってやるべきだし、やらないに越したことはない。

私は「法治主義」的な平等なルールの観点から述べている以上、
本人の動機がどうだとか、私個人の好き嫌いを問うても、意味の無いことだということは、
ご理解いただけたのではないでしょうか?
本人の主張する動機を並べてもコマーシャルにしかなりませんし、
私の悪口を書き連ねたところで、お友達ごっこで気持ちよくなれるだけで、
自慰行為にしかならないのだから、私にはどうでもいいことというのは、こういう意味です。
かなり細かく噛み砕いて説明しましたが、おわかりになりましたか?

私の主張を否定するには、誰をも納得させる具体的な「証拠」を出すか、
矛盾のないもっと素晴らしいルールを提示するか、公平であることの価値を否定するか。
私としては、もっと素晴らしい新しい公平なルールの提示を期待しております。

私の主張としては、された側が害を被るのではなく、
何かをする側が、起こり得る全てを背負え、という極めて常識的な主張をしているのです。

私から、それなりの誠意を示してきちんとご説明したつもりです。
次はkyyonさんからのきちんとした返球をお待ちしております。

kyyonkyyon 2009/03/02 22:45 ここはオレとあなたがキャッチボールする場じゃないっしょ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証