Hatena::ブログ(Diary)

Ohnoblog 2 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-10-07

「不気味なもの」の現れる瞬間を・・・「絵を描く人々」更新のお知らせ

一年半に渡って連載してきました「絵を描く人々」、最終回です。


絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの - WEBスナイパー*1


単純に「美しいもの」を絵の中に求め、やがて「不思議なもの」に惹かれ、その中で「不気味なもの」に出会う。最後のはもちろんフロイト論文に書いたあれです。

この三つが、子ども時代から少女時代にかけて、私が絵に惹かれ、絵を描く動機になった要素だったということで、今回のタイトルにしています。


重要なのは、不気味なものを描いた絵が「不気味なもの」というわけではないということです。それが出現するのは、不意打ちのような一瞬のこと。

むしろ「不気味なもの」は、「絵を描くこと」の中に現れる瞬間があるのではないか。絵を描く人々なら、その瞬間を知っているのではないかと思います。


イラストは、数年前に描いたデッサンから切り取りました。元絵はこちらの記事の最後に小さく載せています。どうぞよろしく。

ご愛読どうもありがとうございました。

*118禁サイトです。サイドにエロ画像が出てきますので注意。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20171007/p1