Hatena::ブログ(Diary)

人生と経済の読書メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

200306070809101112
2004010203040506070809101112
20050102030409101112
20060102030405060708091011
200702040506070809
20080204
200906
過去の記事一覧
お金 自己啓発 ビジネス書 思想 会話術 科学 物語 教育 メディア論 その他 漫画

2009-06-08 てすと このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2008-04-24 今世紀で人類は終わる? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 自家製核爆弾とかウイルスとかは煽りすぎ。

加速器宇宙が消滅する説はどうなのかね。

マーズダイレクトは面白かった。

夢のある話はいい。

2008-02-17 24人のビリー・ミリガン―ある多重人格者の記録

24人のビリー・ミリガン―ある多重人格者の記録 24人のビリー・ミリガン―ある多重人格者の記録を含むブックマーク 24人のビリー・ミリガン―ある多重人格者の記録のブックマークコメント

24人のビリー・ミリガン―ある多重人格者の記録〈上〉

出版日  : 1992/09

 多重人格障害と認定されたビリーが、いかにしてそのような精神障害を持ったかの話。

 彼の説明によると、頭の中にスポットライトが当たっているような明るい場所があり、そに出ている人物が体の支配権を持つ。本来のビリーは、スポットの脇で眠っている。

 他人事ではなく読み進めてしまうのは、程度の差こそあれ誰もが頭の中にスポットを持っているから。

2007-09-10 キミがこの本を買ったワケ

キミがこの本を買ったワケ キミがこの本を買ったワケを含むブックマーク キミがこの本を買ったワケのブックマークコメント

第1章 さて、心あたりありませんか?

だれもがやってしまう行動パターン不思議

第2章 ずばり、広告って参考にしてますか?

CMがCMを売るようになってしまった。

第3章 ところで、なぜ、これを選んだんでしたっけ?

mixiってもう終わり

クチコミでモノを買うわけがない。

第4章 けっきょく、売るのも買うのもむずかしい。

人間は個に向かっている。カスタマイズが好き、しゃべらない美容院を探す。

ヤング理論をもとにした、脳内スロットの法則。

2007-09-08 デジタル・ワークスタイル

デジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事デジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事術を含むブックマーク デジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事術のブックマークコメント

Introducton

イントロダクション:仕事に対する価値観を逆転させよう

会社が個人に指示をして仕事をさせるのではなく、個人が会社を利用してやりたいことをやる時代。

仕事のやり方に常識なんてない。

Small is the New Big.

Chapter 1

基本編:作業時間を半減させるためのルール

  1. 早く取り掛かる
  2. 類似作業はまとめる
  3. ツールに使われない

Chapter 2

メール術編:メールにかける時間を最小限にする

受信箱を空にする

フォルダは3つで十分、要返信、保留、アーカイブ

フィルターは緊急性の低いものに

メールはまとめて処理する

署名に必要な情報はすべて書く。ついでに定型文も書く

送信済みのフォルダーを活用する。検索も。

Chapter 3

時間管理術編:デジタルツールで3倍の仕事をこなす

やるべきことを、1つのツールやカレンダーに書き込む

リマインダーと携帯メールを活用

締切日は前倒しの日程を入力する

大きなTodoは要素に分ける。

ルーチンワークもTodoにいれるRTMとか便利

作業時間を書く、見積もりも作る

集住を妨げる最大の要因は自分だ

Chapter 4

情報収集力編:10倍の情報を操る三種の神器

  1. RSSリーダー
  2. タグブラウザ
  3. ソーシャルブックマーク

Chapter 5

情報分析力編:収集した情報のウラをとる

Chapter 6

情報発信力編:仕事がデキる人になるブログ活用術

とにかくブログを書け

2007-09-07 モモ

モモ モモを含むブックマーク モモのブックマークコメント

灰色の男たちが理髪店のフージーさんを説得する場面

2,207,520,00秒

「これがつまり、フージーさん、あなたがお持ちの財産です」

睡眠仕事、食事、母、セキセイインコ、買い物ほか、友人、合唱ほか、秘密、窓 この合計が1,324,512,000秒、つまりあなたがこれまでに浪費してしまった時間なんです。どう思います、フージーさん」

「たとえばですよ」「もしも20年前に1日わずか1時間の倹約を始めていたならば、あなたは時間銀行にいまでは2628万秒の額を預けるご身分になっていたはずです。1日2時間ならもちろんその倍の5256万秒になっていたでしょうな。どうです。フージーさん、これほどの額と比べればたかが2時間ぐらいがなんです?」

「それでもし、これから先の20年も、おなじように1日2時間の倹約をなさっとすると、なんと1億0512万秒といいうすばらしい額になる計算です。そうなると、あなたは62歳にたっした暁には、この大資本が自由に使えるわけです。」

結末は言わないが、時間の節約と使い方について考え直すきっかけになった。

2007-09-06 人生の贈り物

人生の贈り物―あなたの探し物は何ですか 人生の贈り物―あなたの探し物は何ですかを含むブックマーク 人生の贈り物―あなたの探し物は何ですかのブックマークコメント

過去でも未来でもなく現在

2007-09-05 ウェブを進化させる人たち

ウェブ進化させる人たち ウェブを進化させる人たちを含むブックマーク ウェブを進化させる人たちのブックマークコメント

1 コンシューマビジネスの旗手たち

2 IT戦略家が潮流を読む

3 企業はネットとどう向き合うべきか

4 既存ビジネスを打ち破るWebイノベータ

2007-09-04 「みんなの意見」は案外正しい

「みんなの意見」は案外正しい 「みんなの意見」は案外正しいを含むブックマーク 「みんなの意見」は案外正しいのブックマークコメント



はじめに

雄牛の体重当て、共に全員の平均値多数決ではない)が最も近い人より正解に近かった。

スコーピオン号探索は場所宛の賭けの結果よりベイズの定理を使って位置を予測した。

第1部

第1章 集団の知恵 The wisdom of crowds

方法として、株式市場投票ポイントスプレッド、競馬のパリミューチェル方式、コンピューターアルゴリズム、先物取引

多様性、独立性、分散性という要件を満たすように

第2章 違いから生まれる違い

 ハチの効率性。2キロ以内にある花畑を発見する確立は50%以上。ハチは議論などしない。8の字ダンスをおどるだけ

 人々は集団の理論にしたがう一方で、1人でも集団に反対の意見があれば簡単に同調する。意見を言いやすくする工夫が必要。

第3章 ひと真似は近道

情報カスケードの只中にいる集団は8割の確立で正しい答えを出す。これは1人の判断より正確である。集団の多様性としては悪い方向に働く。同時に答えを出すようにすれば、1人1人の不完全な私的情報に基づくグループの判断は情報カスケードより正確。

第4章 ばらばらのカケラを一つに集める

CIAは911テロを見過ごした。リナックスは数多くの開発者が好き勝手をやっていながら、優れたシステムになった。

DARPAが資金提供した未来市場予測システムPAM。「軽率」「不愉快」「無用無益」として非難された。

第5章 シャル・ウィ・ダンス?

金曜日に混んでいるバーに行って不愉快な思いをしないようにシミュレーションしてみた。100週のなかで程よい来客数の週を選ぶ方法は見つからなかった。しかしながら、来客数を平均すると最もほどよい混み方の60%になった。

 バーノン・スミス - Wikipedia実験によると市場は多少不完全であっても理想に近い結果を導いてくれる。しかしそれは常時ではない。

第6章 社会は確かに存在している

最後通牒ゲーム によれば、相手が自分よりずっと沢山の現金を持ち逃げするぐらいなら、自分も相手も一銭ももらえないほうがいい。

 資本主義赤の他人でもそうそう裏切ったりはしないという前提で成り立つ、非人間性こそが美点。マルクスが「金銭的な結びつき」と呼んだもの。

 公共財ゲーム、最後通牒ゲーム、独裁者ゲームを様々なタイプの人に行うと、市場指向型の社会の人が協力し合う傾向が見られた。

 目先の利益より長期的利益のほうを優先させることで社会は成立する。個人の利益を最大化させようとすると、ただ乗りが最もよい選択なのに、強調を選ぶのは合理的に説明できない何かがある。

第2部

第7章 渋滞

渋滞はドライバーの多様性によっておこる。自動運転にすれば渋滞はなくなるが、勝手に車が動くことを許容できない。

ディルク・ヘルビングの「飽和流」

第8章 科学

SARSがウイルスと特定した件について。全世界規模であり、驚異的速度であった。今日の科学界の仕組みのすばらしさは、誰もリーダがいない点にある。

マタイ効果」聖書の「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」にちなんでつけられた。

化学では、共著で論文を発表したとき、貢献にかかわらず有名な人の功績になる。物理学者の「ルイス・アルバレス」は「物理学に民主主義はない。誰も名前も知らないような二流のやつの意見には、フェルミの意見と同じ重みは認められない。」

第9章 委員会、陪審、チーム

コロンビア号空中分解事故 - WikipediaNASAに蔓延する深刻な制度的、組織風土的問題。MMTは小さな集団をこう運営してはいけないという見本みたいなもの。

小さな集団はたくさんあり、小さな集団はフィードバックを受けない。小さな集団はお互いの影響を受けるスウィング状態を常に作り出すのは難しい。天邪鬼がいないところでは、話し合いが行われた結果、集団の判断が前よりもひどい内容になることがある。「集団極性化サイバーカスケード - Wikipedia

集団のメンバーが顔見知りだと、地位が発言パターンを規定する。極端な意見のほうが声高で自信に満ちており、集団をリードしやすい。

ポイント

集団の意思決定は本質的に非効率的ではない。

小さな集団を意思決定プロセスに組み入れるのなら、そのメンバーの意見を集約する仕組みがなければそんなことをしても全く無意味だ。

第10章 企業

アウトソーシングすることで得られるものと失われるもの。ギャング映画に学ぶ理想的な組織など存在しないという点。

社内競争がもたらすメリットは否定しないが、深刻になると1つの企業体として存在している意義を破壊する。分散化は全員が同じチームとして働いていると思える状況でなければ、機能しない。

CEO救世主伝説。たまたまであった。過去の功績は未来を保障しない。ピーター・ドラッカー賢明なCEOは必ず自分の周りにマネジメントチームを作る」

第11章 市場

空売りに対する敵意はまちがい。少数の空売りが市場を正気に戻す。

株式市場は起業が将来稼ぎ出す額が正確に反映されているのか。その判定はいつ下せばいいかわからないのが問題。

バブルは、全員が集団の知恵にただ乗りをするようになると、既存の集団に新しく何かを付け加える人が誰もいなくなることで、集団全体の賢さが減じられる点にある。

レオン・マンの研究自殺志願者をあおる群集

マーク・グラノベター 暴徒が集合的な性質を帯びるのは突然狂気にとりつかれたからではなく、非常に複雑なプロセスの結果である。

第12章 民主主義

人が投票行動を行う合理的理由はを自己利益理論でせつめいできない。にもかかわらずなぜ、投票するのか。ドナルド・R・キンダーとローデリック・キーウェットが行った一連の調査では、人々が自分の生活状況について語った内容と投票行動の間にはなんら関係はなかったが、世の中一般の景気について語った内容と投票行動の間には相当な相関関係があった。

集団が直面する問題、認知、調整、強調

民主主義の経験は「敵が自分の欲しかったものを手に入れる様子を目の当たりにする」敗北の経験であり、敗北を受け入れる経験でもある。

それは、いつかは自分も手に入れられると信じているから。

2007-09-03 環境問題はなぜウソがまかり通るのか

環境問題はなぜウソがまかり通るのか 環境問題はなぜウソがまかり通るのかを含むブックマーク 環境問題はなぜウソがまかり通るのかのブックマークコメント

第1章 資源7倍、ごみ7倍になるリサイクル

ペットボトルはリサイクルさていない。分別収集後に一般ごみと一緒に燃やされている。

第2章 ダイオキシンはいかにして猛毒に仕立て上げられたか

ダイオキシンの毒性は、モルモットでの実験結果を人間体重比で考えただけのもの。

 ベトナムでの枯葉剤散布で全土から被害者が出るはず。

 ユシチェンコ氏、最初からダイオキシンと決め付けている

 セベソでの化学工場事故で奇形児を恐れて人工中絶した人々。

環境ホルモン報道はなぜ下火になったか。

第3章 地球温暖化で頻発する故意の誤報

 地球温暖化騒ぎの元になったそもそもの仮想記事とは 1984年元旦朝日新聞

 南極大陸の気温はむしろ低下していた

 北極の氷は浮いているので、たとえ溶け出しても海面は上昇しない。

 京都議定書は無意味である。

第4章 チリ紙交換屋は街からなぜいなくなったのか

 熱帯雨林を守りたいのに、北方から来る紙の原料となる木材を節約する。

 ボランティアと官が作業することで、古紙の値段は安く一定になった。

 毒性のなかったDDTの追放により、アフリカではマラリアが猛威を振るっている。

第5章 環境問題を弄ぶ人たち

 「環境トラウマ」に陥った日本人、1970年をピークに大気はきれいになったのに

 本当の環境問題の一つは石油の枯渇 石油がなくなれば地球を再温暖化する手段がなくなる。

武田邦彦 (中部大学)

反論

地球温暖化問題懐疑論へのコメント

ISBNまたはASIN番号