Hatena::ブログ(Diary)

rabeat

2012-06-06

さくらVPS 1Gに乗り換えたから環境を整理する。


OSはUbuntuいれようと思ってたんですが、いろいろあってScientific Linuxです。

とりあえず、移行にあたって必要なものをメモ。



とかは最低限導入する。あとは適宜。

2012-05-24

近況。

お久しぶりです。


先日の文化祭では、本当はもっとGEEKな感じのプロダクトを公開する予定だったんですが、

別のパンフレットをはじめとするデザイン業務に追われてしまい、公開には至りませんでした…。


そして最近もコードを書く時間があまりとれてないです。どうにかしたい。

2012-03-20

Arduinoを頂いた。

f:id:oidong1:20120320162505:image


Arduino Duemilanoveを頂きました。

これを使って面白いものをつくれということなので、いろいろ弄ってみようと思います。

以下は使い始めるまでのメモ書き。



準備したもの

  • プリンターUSBケーブル。
  • Arduino
  • Mac

USBケーブル、普通に100均で売ってて良い。


導入

  1. http://www.arduino.cc/からIDEを落とす。
  2. ドライバが無かったらしくて古いverのdmgに入ってたドライバを入れる。
  3. 適当にアップロード

雑感

いろいろモジュールとか欲しいけどお金無くてつらい。

2012-03-18

arbor.jsを使ってみた

書こう書こう思ってたらもう1月くらい経ちました。


arbor.jsとは

情報可視化のJavaScriptライブラリ。CanvasとjQuerySVGとかそんな感じで動きます。

arbor.js


どんな感じか

公式を見たほうが早いです。

あとSocial-pathっていう自作の作りかけのサービスで使おうとしてました。

D

https://github.com/oidong1/social-path


使い方

arbor / docs / sample-project をベースいじるとそれっぽい感じにできます。

arbor/docs/sample-project at master ? samizdatco/arbor ? GitHub

sys.addEdge('a','b')
sys.addEdge('a','c')
sys.addEdge('a','d')
sys.addEdge('a','e')
sys.addNode('f', {alone:true, mass:.25})

のような感じでEdgeとNodeを書けて、各EdgeやNodeにはjsonでデータを渡せます。

そもそもEdgeとNodeの意味がよくわからなくて自分は手こずってた(参考)

EdgeやNodeの設定はeachEdgeとeachNodeの中にそれぞれCanvasで書きます。


結局のところ

no titleってどうなんでしょうか。

2012-02-25

matadorをインストールだけ。

matadorはRailsっぽいNodeのWebフレームワーク

npmでいれましょう

$ npm install -g matador

起動

$ node server.js

構造はこうなってる。

├── app
│   ├── config
│   │   └── routes.js
│   ├── controllers
│   │   ├── ApplicationController.js
│   │   └── HomeController.js
│   ├── models
│   │   ├── ApplicationModel.js
│   │   └── BaseModel.js
│   └── views
│       ├── index.html
│       ├── layout.html
│       └── partials
│           └── helloworld.html
├── public
│   └── css
│       └── main.css
└── server.js