ダブルマンのワールド

2006-01-22 勝ち犬はどうした?

oiroke2006-01-22

木曜日のGoro’s Barを見ていると、だいたひかるが婚約したという話をしていた。

そこに出てきたのが「勝ち組」という言葉。

もちろん本来の使い方からすれば、

「勝ち犬」が正しい。

でも、最近この言葉を見かけることはほとんどない。

負け犬」という流行語さえもが、「負け組」と言い換えられているくらいだ。

…なんで?

酒井順子『負け犬の遠吠え』が面白かったのは、

「勝っても負けても、犬は犬」

という諦観にあったのだが、こういう水平思考は最近の「格差社会」には馴染まないものらしい。

っていうか、なんでこんなにマスコミって二極化って言葉が好きなんだろ?

NHKでも民放でも、この言葉を口にするとき舌なめずりするのが目に見えるようだ。

ブッシュといい、小泉といい、「改革、改革」といいつつ、現実に求めている未来像は恐ろしく保守的で現実肯定的だ。

もう、うんざりっす。

oirokeoiroke 2006/01/22 16:55 日記をアップしても、案の定「勝ち犬」にはアンダーラインが入らないのね。トホホ…。